新車を安く買うには?費用を抑えるコツや注意点を紹介!

車の購入を検討する際、新車に憧れる人は多いでしょう。

しかし、新車は中古車に比べると価格が高く、購入を躊躇してしまいがちです。
新車をできる限り安く買うためには、どのような方法があるか頭を悩ませる方も多いでしょう。

この記事では、新車を安く買うための方法や値引きを期待できる相場、注意点などについて詳しく解説しますのでぜひ最後まで読んでご参考になさってください。

新車を安く買うコツがわかれば、選ぶ楽しさも倍増するでしょう。

関連記事:車を初めて買う時の注意点とは?選び方や購入までの流れを解説

新車を安く買う6つの方法

新車を安く買うためにはどのような方法があるでしょうか。ここでは6つの方法を紹介します。

1.決算月やモデルチェンジのタイミングを狙う

新車を購入する際は、セールになりやすい決算月(3月)や半期決算の9月を狙うとよいでしょう。
または、モデルチェンジのタイミングを狙うのもおすすめです。

モデルチェンジの直前やボーナス月である6・7月などは、ディーラーが最も車を売りたいタイミングといえます。

販売店側も目標販売台数のノルマを可能な限り達成したいと考えることが多いため、値引き交渉もしやすくなります。

関連記事:車の買い替え時期はいつがよい?必要書類や買い替えの注意点なども解説

2.欲しい車両や性能・装備などで譲れない部分を事前に決める

新車を購入するにあたって、欲しい車の性能や装備などで譲れない部分を条件としてリストアップしてみましょう。

欲しい車の車種や社名、型番などをメーカーのホームページなどで絞り込んだ上で性能や装備を比較し、譲れない部分を明確にします。

ただし、過度に希望が多いと割高になる可能性があるため、本当に必要な性能や装備だけを選ぶようにしましょう。

また、車の色にこだわりがない人は、あまり注目されていないカラーを選ぶことで費用を抑えられる可能性もあります。

関連記事:自分にあった車の選び方とは?年収別の選び方、人気車種などを解説

3.ディーラーの担当者に値引き交渉をする

前述の通り、販売者にはボーナス月やモデルチェンジのタイミングなど、車を売り込みたい時期があります。
そのタイミングに合わせて値引き交渉をすることも、新車を安く買うための方法の1つです。

値引き交渉を行うときは、売れ筋の車種ではないものを選ぶと成功しやすくなるほか、事前に販売者へ何度か足を運び信頼関係を作っておくことも大切です。

関連記事:新車購入の時期はいつがおすすめ?安く買えるタイミングを紹介!

4.所有している車を下取り・買取してもらう

新車の価格が直接安くなる方法ではないですが、販売店によっては所有する車を下取りや買取に出し、購入価格の足しにする方法があります。

下取りや買取を行う場合は、事前に所有する車の相場を買取専門店やネットなどで調べておくとよいでしょう。

車の適正な相場が把握できるため、下取り相談時の金額交渉がしやすくなります。

関連記事:車を購入するときの支払い方法を一挙解説!最もお得な支払い方法は何?

5.金利が安いローンを利用する

新車をローンで購入する場合は、金利が安いカーローンを選ぶようにしましょう。

銀行ろうきん信用金庫などの銀行系カードローンは、比較的金利が低く設定されているため、他のローンよりも支払総額が低くなる傾向にあります。

金利0円の自社ローンをアピールする車販売店もあります。
お得に見えがちですが、実際は金利分の価格が車体価格に上乗せされていることが多い点に注意が必要です。

また、ローンで新車を購入する場合は、ローン会社も慎重に検討しましょう。

車を数年先に乗り換える予定がある場合、毎月の支払い額を安く抑えられる残価設定ローンを検討するのもおすすめです。

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

6.自動車紹介販売制度を活用できないか検討する

新車を安く買うために、「自動車紹介販売制度」を活用する方法があります。

「自動車紹介販売制度」とは、自動車メーカーや部品メーカーなどに所属する従業員から、新車を購入したい人として企業に紹介してもらう制度のことです。

メーカー同士の関係強化のために行っている制度で、通常の車両価格よりも安く購入することが可能になっています。

制度を利用したい場合は、自動車部品業界の知り合いに聞いてみましょう。
また、メーカーのホームページを確認し、自動車紹介販売制度を行っている場合は申請してみましょう。

新車の値引き相場ってどのくらい?

新車購入時の値引き可能な範囲は、通常の価格の5~15%が相場といわれており、車体価格が高額になるほど値引き幅は大きくなる傾向にあります。

例えば、車両価格が100万円の新車の場合、値引き後の価格相場は85~95万円となります。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数や選び方

新車を安く買うときの3つの注意点

新車を安く買いたいと考えているときは、価格を重視しすぎて重要な部分を見落としがちです。

ここでは、新車を安く購入する際に気を付けたい3つの注意点について解説します。

1.必ず相見積もりを行って検討する

購入したい車を決めたら、必ず相見積もりを取りましょう。
相見積もりとは、複数のディーラーや販売店に同じ車種で見積もりを出してもらい、価格や特典などを比較する方法のことです。

相見積もりを取ることで、希望車種を安く購入できます。

また、購入したい販売店は決まっているものの、他店より価格が高い場合は、他店の見積もりを見せることで値引き交渉が有利になるケースもあります。

注意点としては、必ず同じ車種で相見積もりを出すことです。
違う車種で見積もりを依頼しても比較対象にならないため、依頼する際は注意しましょう。

2.値引きができない車もあることを知っておく

国産車以外の車種や高級車、低価格の車などには、一部値引きできない車があります。

特に、海外の高級ブランド車はブランドのイメージを損なわないよう値引き交渉には応じてくれません。

しかし、値引きができない代わりに、値引きに相当するようなサービスを受けられる場合があります。

3.値引き交渉は穏便に!

新車を安く購入したいがために、値引き交渉時に感情的になってしまう人もいます。

購入後も修理やカスタムを行ったり、リコールや車検の対応が必要になったりする可能性があるため、販売者と連絡を取り合うことがあるでしょう。

その際に十分な対応をしてもらうためにも、販売店との関係を悪化させるのは得策ではありません。

「これ以上の値引きは難しい」と担当者にいわれた場合は、しつこく交渉せずある程度のところで妥協しましょう。

威圧的な態度で接すると担当者もよい気はせず、本来値引き可能な金額まで下げてもらえない可能性もあります。
値引きはあくまでも販売店の厚意による対応となるため、交渉時は冷静かつ穏便に話すようにしましょう。

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉術など一挙紹介!

新車に安く乗るならカーリースも検討しよう

新車購入はハードルが高いと感じている人には、毎月一定額の料金を支払うことで新車に乗れる「カーリース」の利用がおすすめです。

カーリースとは、各社メーカーの新車を契約者に貸し出すサービスのことで、頭金や初期費用は必要ありません。

値引き交渉や購入前の相見積もりなどの手間も省けるため、忙しい人にもぴったりなサービスです。

出光のカーリース オートフラット」なら、車検費用・メンテナンス費用などが月額料金に含まれており、契約満了まで料金は変わりません。さらに、「オープンエンド型」であることも特徴です。

一般的なオープンエンド型は契約時に残価を明示しますが、契約終了時の査定で車の価値が残価を下回った場合は、差額分を支払う必要があります。

しかし「出光のカーリース オートフラット」では契約時の残価設定を相場より低く設定するため、差額分の支払いが発生しにくいのです。

そのため、キャッシュバック率は96%、平均20万円の還元実績があります。
2021年度(2021年4月1日~2022年1月31日データ)

新車の購入を検討している人は、この機会にカーリースの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ?向いている人・向いていない人を解説

まとめ

新車を安く買うためには、購入するタイミングの見極めや、相見積もりによる比較などが鍵となります。

また、値引き交渉によって安く購入する場合、値引きへの対応はあくまでも販売店の厚意であることを認識しておきましょう。
感情的な交渉やしつこい交渉は、販売員との関係性が悪化することにつながり、購入後のメンテナンスや車検などに支障をきたす可能性があります。

新車購入のハードルが高いと感じる人は、カーリースの利用がおすすめです。

出光のカーリース オートフラット」では、相場より低く設定した残価と最終的な車両状態の差分を還元しており、キャッシュバック率96%の実績があります。

ぜひご利用ください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。