シエンタのエンジンオイルはいつ交換する?おすすめのエンジンオイルを紹介!

シエンタは、トヨタが製造・販売するコンパクトミニバンです。

外装は四角と丸を基調としたデザインが特徴で、コンパクトなサイズ感や燃費性能の高さなどから多くの人から人気を集めています。

シエンタをはじめとした車の購入を検討する場合は、定期的なメンテナンスが必要なことも把握しておきましょう。

メンテナンスする箇所の一つとして、エンジンオイル交換が挙げられます。

本記事ではシエンタの特徴やエンジンオイルの交換目安、交換方法などを解説します。

シエンタの特徴について

シエンタはトヨタが販売する人気のコンパクトミニバンで、ゆとりのある車内空間が魅力です。
最小回転半径は5.0mを実現しており、狭い住宅街や車庫入れ、縦列駐車時の操作がスムーズに行えます

車体がコンパクトなため、ミニバンでも車のサイズ感をつかみやすく運転しやすい車となっています。

ここではシエンタの特徴について解説します。

快適な走行を実現

シエンタはミニバンに該当する車種ですが、コンパクトなサイズの車です。
走行する際は前後左右の車との距離感がつかみやすく、操作性が高い車といえます。

また、ハイブリッド車では燃費性能も優れており、長距離を運転しても比較的ガソリンの減りは少ない傾向にあります。
低燃費であることや充実した走行性能によって、長距離のドライブでも快適に運転を楽しむことができるでしょう。

高い走行性能を誇るシエンタは、安心かつ快適な走行を実現します。

事故を防げる安全装備

車を利用する上で、安全面の確保は大切です。
大きな交通事故を防ぐためには、ドライバーの運転技術だけに頼らず、車の安全装備も確認しておきましょう。

シエンタにおける安全装備の一部の例を、以下に記載します。

  • カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示する
  • 歩行者の飛び出しや横断などの先読みを行い、衝突リスクを軽減する
  • 発信遅れを警告する
  • 視界が悪い場合でも安全に運転できるよう、車線の逸脱を警告する
  • 静止物を検知できるため、アクセルの踏み間違いによる衝突事故を緩和する

運転を支援するトヨタ チームメイト

シエンタには、「トヨタ チームメイト」と呼ばれる、高度運転支援技術が搭載されています。
そのなかの1つである「アドバンストパーク」は、スイッチを押すだけで駐車操作をサポートしてくれる機能です。

バック駐車や縦列駐車が苦手な人には、特に嬉しい機能ですね。

なお、アドバンスパークは、多くの車に搭載されているバックモニターとは異なります。
ハンドル操作やアクセル、ブレーキの操作を車が支援してくれるため、安心して駐車できるでしょう。

また、カメラや接近ソナーで周囲を監視しているため、車内から見えない障害物があった場合でも警報を鳴らします。
加えて、ブレーキ制御で接触回避を行うシステムが採用されています。

充実した内装と外装

シエンタの車内空間は広々としているため、乗車する人の身長にもよりますが、窮屈さを感じず快適なドライブを楽しめるでしょう。
使用目的に合わせてシートアレンジも可能なため、長距離ドライブだけでなく大きな荷物の積み込みや日々の買い物などにも適しています。

また、シエンタのシルエットは、丸みを帯びた四角です。
柔らかいデザインで、街中によくなじむデザインですね。

さらに、ボディカラーの選択肢も幅広く、好きな色を選択できます。

シエンタに適したエンジンオイル一覧

モデルによって、適切なエンジンオイルは異なります。

ここでは初代から現代のモデルまで、それぞれに適したエンジンオイルを紹介します。

初代シエンタ

初代シエンタの搭載されているエンジンと適したエンジンオイルは以下の通りです。

型式搭載されているエンジン適切なエンジンオイル
NCP81G1NZ-FE型0W-20
NCP85G1NZ-FE型0W-20

2代目シエンタ

2代目シエンタの搭載されているエンジンと適したエンジンオイルは以下の通りです。

型式搭載されているエンジン適切なエンジンオイル
NHP170G1NZ-FXE型(HYBRID)0W-16
NSP170G.NSP172G2NR-FKE型0W-16
NCP175G1NZ-FE型SN 0W-20

3代目シエンタ

3代目シエンタの搭載されているエンジンと適したエンジンオイルは以下の通りです。

型式搭載されているエンジン適切なエンジンオイル
MXPL10G.MXPL15GM15A-FXE型(HYBRID)0W-8
MXPC10GM15A-FKS型0W-16

エンジンオイルの交換目安

エンジンオイルを交換しないまま車を利用し続けると、エンジンの故障へとつながるため、定期的なメンテナンスが必要です。
また、燃費性能の低下にもつながります。

車に長く乗りたい人は、こまめにエンジンオイルを交換すると良いですね。

エンジンオイルの交換目安は、

  • 走行距離で判断するなら、約5,000km
  • 期間で判断するなら、約6ヶ月

と、言われています。

しかし、あくまで目安です。
交換時期はメーカーによって異なるため、自分の車はどれくらいの期間で交換するべきなのかの確認しておきましょう。

また、運転の仕方によっても、交換の適切なタイミングは異なるため注意しましょう。

エンジンオイルを早めの段階で交換する場合は特に問題はありません。
長期間交換しないより、エンジンの内部が清浄されるためよいといわれています。

エンジンオイルの交換方法

自分の車に最適なエンジンオイルを選択できたとしても、実際に交換できなければ意味がありません。

実際にエンジンオイルの交換は、どのように行うのでしょうか。

ここでは、エンジンオイルの交換方法について解説します。

業者に依頼する場合

エンジンオイルの交換は、業者に依頼できます。
業者に頼めば、自分で作業する必要がなくなり、廃油の処理や故障リスクを回避できるメリットがあります。

特に、交換の仕方を間違えると車は故障してしまうリスク、があります。

自信がない方は、業者へ依頼することをおすすめします。

自分で交換する場合

以下の手順で、エンジンオイルの交換を行います。

1.必要な道具を準備する
2.古いエンジンオイルを出す
3.新しいエンジンオイルを入れる
4.廃油を処理する

自分で車のメンテナンスを行うと、自動車の状態を把握しやすくなるメリットがあります。

一方、自分でエンジンオイルの交換を行う場合、さまざまな道具を使用してエンジンオイルの交換を行うため、道具の購入に費用がかかります。

また、慣れていないと時間がかかったり、故障のリスクもあります

自分で交換する場合は、デメリットも把握した上で検討しましょう。

まとめ

点検、車検

シエンタは、ファミリーカーとして多くの人から人気を集めている、コンパクトミニバンです。
快適で安全な走行を実現するためには、車のメンテナンスを定期的に行うことが大切です。

エンジンオイル交換の際は、シエンタのモデルに適したものを選ぶ必要があります。

エンジンオイルの交換を自分で行うのが不安な人は、無理をせずに業者に依頼するようにしましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。