車載用スピーカーの役割と選び方のポイントとは?おすすめオーディオ機種も紹介

ドライブ時に車内で臨場感あふれる音楽を楽しみたいのであれば、好みのカースピーカーを導入することをおすすめします。

しかし、カースピーカーは多くのメーカーから発売されており、どれを選べばいいか迷う人や取り付けを不安に思う人も多いと思います。

この記事では、カースピーカーの種類について解説するとともに、おすすめの機種を紹介します。

本記事を参考に、ブチアガるカーライフを送りましょう。

車載用カースピーカーの役割と種類について

まず、カースピーカーの役割と種類をそれぞれ解説します。

カースピーカーとは

カースピーカーは、車の中で音楽を聴くための装備です。

ほとんどの車にはスピーカーが備え付けられていますが、専門メーカーのカースピーカーと比較した場合、音質は落ちる傾向にあります。

近年はBOSE製のスピーカーを搭載していたり、レクサスにはマークレビンソンのオーディオが搭載されていたりと、音楽の重要性が見つめ直されています。

しかし、いくらサウンドシステムの技術向上を図ったとしても、走行性能や安全性、軽量化が音楽を聴くことより優先されるため、専門のスピーカーの方が音質はいい傾向にあります。

そのため、ドライブ中に良い音質で音楽を楽しみたい人は、専用のカースピーカーを導入することをおすすめします。

カースピーカーを好みのものに交換するだけで、聴こえてくる音の質が大きく向上します。

カースピーカーの種類

カースピーカーは大きく分けて2種類あります。

コアキシャル(一体型)

高音部と中低音部を司るユニットが一体になったスピーカーで、まとまりのあるサウンドを楽しめます。

現在、カースピーカーの多くはこのコアキシャルタイプです。
純正のカースピーカーと入れ替えるのみと導入のハードルが低く、初心者でも取り付けが容易にできるのがメリットです。

セパレート(分離型)

高音部と中低音部が分離したスピーカーで、純正と同じ位置に中低音部、車内のダッシュボードやピラーに高音部を設置します。

取り付けには手間がかかりますが、多方向から音が発せられるため、厚みと臨場感のある音楽が楽しめます。

カースピーカーの選び方

各メーカーから多種多様なカースピーカーが販売されています。

利用目的や楽しみ方に合わせて最適なカースピーカーを選びましょう。

カースピーカーの種類で選ぶ

カースピーカーの種類としては、「コアキシャル」と「セパレート」に加え「スピーカーの増設」という選択肢もあります。

セパレートよりもさらに良い音質で楽しみたいのであれば、スピーカーの増設を検討してみましょう。

例えば「サブウーファー」という低音ユニットを足すことで、車内にいながらオーケストラの体に響くような低音を体感できます。

周波数帯域の広さで選ぶ

スピーカーの周波数帯域が広いほど、低音から高音まで広い音域のサウンドを再生できます。

具体的には、200Hz以下の低音域はバスドラムやベースなど、中音域はギターやボーカルなど、4kHz以上の中高域はシンバルなどの音を再生します。

聴きたい音楽のジャンルに合ったカースピーカーを選択すれば、より音楽を楽しめるでしょう。

高音質音源「ハイレゾ対応」で選ぶ

ハイレゾとは、一般的なCDの約6.5倍の情報を持つ高精細な音源を指します。
ハイレゾ対応のスピーカーを選べば、よりきめ細やかでリアルな奥行きや広がりを感じられる音場となります。

コアキシャルカースピーカーのおすすめ3選

ここからはおすすめのカースピーカーを紹介していきます。

まず、純正よりワンランク上の音質を楽しみたいという人に向けて、取り付けが容易なコアキシャルタイプの製品を紹介します。

Clarion SRG1023R 4 Coaxial 2Way Speaker

ほとんどの国産車に対応しているクラリオンが販売する2WAYコアキシャルスピーカーです。

価格を抑えつつ、大口径のミッドレンジユニットを搭載しており、くっきりと迫力あるサウンドを演出します。
エネルギッシュな女性ボーカルと相性の良いカースピーカーです。

より上級者の方、調整ができる人や、2WAYスピーカーでは物足りない方には3WAYスピーカー「Clarion SRT1733 Multiaxial 3Way Speaker」をおすすめします。

Pioneer carrozzeria (カロッツェリア) 2way スピーカー TS-F1640

ハイレゾに対応したコアキシャルスピーカーです。

伸びやかでクリアな音質で、後部座席でもしっかり音楽が楽しめます。

高音質の振動板「IMCC(Injection Molding Carbonized Cone)」を採用し、スピード感ある低音域の再生が得意です。
ワンタッチ接続アダプターを搭載し、取り付けが容易なのも魅力です。

KENWOOD 16cm カスタムフィット コアキシャル スピーカー KFC-RS164

ほとんどの国産車に取り付けられるスピーカーです。

新設計のツィーターパネルを採用することにより音の広がりが良く、後部座席にいても音楽が楽しめます。

また、軽くて丈夫さを兼ね備えているPP振動板によって、ひずみのない高音質を楽しめます。

セパレートカースピーカーのおすすめ3選

次に、より音質にこだわりたいという人に向けて、セパレートカースピーカーの商品を紹介します。

Pioneer carrozzeria (カロッツェリア) 2way スピーカー TS-F1740S

ハイレゾ音源に対応し、低域から超高域まで豊かな音を響かせるスピーカーです。

この製品も「IMCC」を採用し、レゲエやヒップホップなどの低音を力強く再現します。

ALPINE 2ウェイスピーカー STE-G100S

アルパインが製造するセパレート2ウェイスピーカーは、解像度の高い高音域を再生できるカースピーカーです。

耳なじみの良い高音が得意で、女性ボーカル曲やボカロなどの電子音に最適です。

取り付けも複雑でなく、初心者でも容易に設置できます。

KENWOOD カスタムフィットスピーカー KFC-XS174S

ケンウッドXSシリーズのセパレートカースピーカーは、ヒットソングを数多く手がけたマスタリングエンジニアがチューニングを重ね、形状や素材にもこだわって作り上げた高品質カースピーカーです。

ハイレゾにも対応し、大音量でも音割れせずに音楽を楽しめます。

その他のカースピーカーのおすすめ3選

ここでは、他にも重視したいポイントに合わせて、おすすめのカースピーカーを紹介します。

重低音を楽しめるPioneer carrozzeria 2WAYスピーカー TS-C1730S

より躍動感のある重低音に楽しみたい人におすすめなのが、TS-C1730Sです。

「アラミドファイバーコーン」という2層構造のユニットを採用し、ひずみのない迫力のある低音を実現します。

ハイレゾ対応のKENWOOD カスタムフィット・スピーカー KFC-XS1703

ハイレゾに対応したセパレート型の高級カースピーカーです。

ハイレゾを楽しむならケンウッドといわれているほど最高音質を誇り、音を忠実に再現しているため、豊かで繊細な高音と重厚感のある低音で臨場感のある音楽を響かせます。

臨場感のある音像ならALPINE 2WAYスピーカー X-160S

ハイレゾに対応したアルパイン社のX-160Sは、まるで目の前で演奏が行われているようなリアルな音像を再現します。

音の微妙なニュアンスや空気感も繊細に表現し、ライブ会場にいるような感覚を得られます。
高性能の振動板を採用しているため、どんな音でもクリアに再現できます。

まとめ

音楽好きであれば、ドライブに欠かせないのがカースピーカーです。

こだわりたいポイントに合わせて選べる種類は豊富です。

取り付けが簡単なコアキシャルタイプのスピーカー、まるでコンサート会場にいるようなリアルな音像を実現するセパレートスピーカーなど、利用シーンや音楽に合わせて最適なカースピーカーを選べます。

また、メーカーによっても特徴があるため、選ぶ際は検討してみてください。

自分の車にこだわりのカースピーカーを搭載して、快適なドライブを楽しみましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。