JAPAN MOBILITY SHOW 2023|ホンダの出展概要

Hondaは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」(一般公開日:10月28日~11月5日)で、二輪車・四輪車・パワープロダクツ・航空機などHondaが提供するさまざまなモビリティとその関連技術、コンセプトモデルを出展すると発表しました。

関連記事:ホンダの人気車種をランキング形式で紹介!

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

The Power of Dreams How we move you.

ホンダは、グローバルブランドスローガンとして「The Power of Dreams How we move you.」を掲げています。

これは、ホンダで働く一人ひとりの夢がホンダの原動力であり、その夢の力で生み出したさまざまなモビリティが、人を動かし、人の心を動かし、たくさんの人の夢の実現を後押しして、未来に向けて人々の夢が広がっていく、という想いが込められています。

このグローバルブランドスローガンに込めた想いに基づき、来た方にも未来に向けた夢を想像いただくことで、夢の広がりを体感いただけるブースを出展すると発表されました。

Honda DREAM LOOP

ホンダHonda DREAM LOOP

今回のホンダブースのテーマは「Honda DREAM LOOP」

ホンダの夢をかたちにしたモビリティを起点に、未来に向けて夢が多様性に満ちて広がっていくことを表現するとのことです。

ホンダブースでは、「Hondaがこれまでに実現した夢や取り組み」、「Hondaの夢が実現する未来の生活」の紹介を通じ、ホンダが実現したい夢と未来の姿をご理解いただけるブースを展開します。

また、特設サイトにて「自身の夢見るモビリティ」を言葉で入力いただくと、AIが「夢の設計図」として画像を生成する、体感型企画が行われます。

ブース内に配置したLEDモニターやWebサイト上に生成された画像を表示し、企画に参加いただいたお客様に「Hondaと共創する未来の暮らし」を想像しワクワクしていただくことを目指します。

時間や空間といったさまざまな制約からの解放

Hondaの夢を形にしたモビリティは、「時間や空間といったさまざまな制約からの解放」や「人の能力と可能性の拡張」といった価値の提供を目指しています。

SUSTAINA-C Concept(サステナ・シー コンセプト)

限りある資源の制約から解放してくれる四輪・二輪電動モビリティのコンセプトモデルです。回収した使用済みアクリル樹脂を再利用して作られています。

ホンダSUSTAINA-C Concept

Pocket Concept(ポケット コンセプト)

資源の循環利用(リソースサーキュレーション)によって、資源の制約から解放され、地球環境の保護と自由な移動の喜びを両立することを目指し、SUSTAINA-C ConceptとPocket Conceptは開発されました。

関連記事:Honda(ホンダ)が宇宙へ?JAXAと研究開発契約を締結!

ホンダPocket Concept(ポケット コンセプト)

SC e: Concept(エスシー イー コンセプト)

ホンダSC e: Concept(エスシー イー コンセプト)

バッテリーを簡単に交換することで充電待機の時間の制約からも解放してくれる、二輪電動モビリティのコンセプトモデルです。

再生可能エネルギーの活用を拡大する手段の一つである、交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック イー)」2個を動力源に採用。

ホンダHonda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック イー)

電動モデルならではのスムーズかつ力強い走りで、より快適な日常の移動を目指します。

HondaJet(ホンダジェット)

ホンダHondaJet EliteⅡ

空と地上のモビリティシステムを組み合わせ、三次元での立体的な移動を可能にし、空間と距離の制約からの解放を実現する空のモビリティです。

小型ビジネスジェット機の「HondaJet EliteⅡ」の実物大のインテリアモックアップモデルを展示し、室内を体感できます。

Honda eVTOL(イーブイトール)

ホンダHonda eVTOL

Honda eVTOL(electrical Vertical Take Off and Landing:電動垂直離着陸機)は、5分の1サイズのエクステリアのモックアップモデル、動力源として開発中のガスタービン・ハイブリッドシステムなどを展示します。

関連記事:Honda eVTOL レッド・ドット・デザイン賞 デザインコンセプト部門受賞

ホンダガスタービン・ハイブリッドシステム

人の能力と可能性の拡張

Honda CI-MEV(シーアイ・エムイーブイ)

ホンダHonda CI-MEV(シーアイ・エムイーブイ)

ホンダ独自の協調人工知能(Cooperative Intelligence:CI)や自動走行技術により、ラストワンマイルを誰でも手軽に自由に移動できる二人乗りの四輪電動モビリティの実証車です。

ホンダHonda CI-MEV(シーアイ・エムイーブイ)

公共交通機関が無い場所での移動や長距離の歩行が困難な場合など、移動範囲が狭くなりがちな人の生活圏の拡張を実現することを目指しています。

Honda Avatar Robot(ホンダアバターロボット)

ホンダHonda アバターロボット

時間や空間の制約に縛られず、人の能力と可能性を拡張する分身となるロボットです。

ASIMOなどのロボティクス研究で培った多指ハンドと、独自のAIサポート遠隔操縦機能を採用することで、離れた場所にいながら、その場にいるように作業や体験ができます。

UNI-ONE(ユニワン)

ホンダUNI-ONE(ユニワン)

ロボティクス研究から生まれたバランス制御技術と、前後・左右・斜めの全方位に自由に移動できるHonda独自の車輪機構「Honda Omni Traction Drive System(オムニ トラクション ドライブ システム)」を採用した、着座型で両手が自由に使えるパーソナルモビリティです。

重心移動だけで歩行するように移動が可能で、UNI-ONEを使えば、移動に困難を感じる人も活躍の場が広がります。

まとめ

ホンダの夢をかたちにした「時間や空間といったさまざまな制約から人を解放するモビリティ」「人の能力と可能性を拡張するモビリティ」

ぜひ、JAPAN MOBILITY SHOW 2023でご覧になってはいかがでしょうか。

画像出典元:本田技研工業株式会社

ポチモバナーPC
ポチモバナーSP

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。