ブラウンの車を選ぶメリット・デメリット|ブラウンが似合う車種も紹介

車の購入を検討中の方で「車の色が人と被りたくない」と思う人もいらっしゃるでしょう。

そんな方に、ブラウンの車をおすすめします。

なぜならブラウン色の車は、街中を見渡しても他の色の車に比べて走っている台数が少ない、
つまり他人を被りにくいからです。

見た目も落ち着いた印象のブラウンの車。

この記事では、ブラウン色の車を買うメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

ブラウンが似合う車も紹介します。ぜひ車選びの参考にされてください。

関連記事:車はこの色がおすすめ!車の人気色をランキング形式で紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

ブラウンの車を選ぶメリット

落ち着いた色で、他人と被りにくいブラウンの車。

ブラウンの車に乗るメリットは、以下です。

  • 人と被りにくい
  • 落ち着いた雰囲気
  • 汚れが目立たない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

関連記事:リセールバリューが高い車の特徴とは?調べ方や価格が変動する理由も解説

人と被りにくい

車の色が人と被りたくない人は、ブラウンがおすすめです。

街中を走る車を見ても、なかなかブラウンの車は見かけないですよね。
黒や白、シルバーの車をよく見かける人が多いのではないでしょうか。

人と被らず、珍しい色の車に乗りたい人は、ぜひブラウンの車を選択肢に入れてみましょう。

落ち着いた雰囲気

ブラウンの色を見ると、落ち着いたり、安心感を抱いたり、モダンなどの印象がありますよね。

ブラウンの車も同じで、運転手はもちろん家族や友人、恋人などの同乗者も、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。

汚れが目立たない

ブラウンの車ならば、土や誇りなどの汚れも、他の色に比べて目立ちません。

ブラウンの車を選ぶデメリット

ブラウンの車を選ぶデメリットは、以下です。

  • 洗車の傷が目立つ
  • 車種によってはお取り扱いが少ない
  • 車種によっては査定が低くなる

それぞれ詳しく見ていきます。

洗車の傷が目立つ

ブラウン含む暗めな色の車のデメリットとして、ボディの傷が目立ちやすいというものがあります。

ブラウンの車も、洗車の時についた細かな傷が目立ちやすいでしょう。

できるだけ傷をつけたくない場合は、洗車機で洗うのではなく、手洗いがおすすめです。

関連記事:洗車後に拭き上げしないとどうなる?拭き上げをしないデメリットと洗車を楽にするポイントを紹介

車種によってはお取り扱いが少ない

車の中で定番とは言えないブラウンの車は、他の色の車に比べ市場に出るラインナップ数が少ないです。

したがって、自分好みの車を見つけるのに、一苦労するかもしれません。

車種によっては査定が低くなる

車の査定では、人気色の査定は高くなり、人気のない色の査定は低くなる傾向にあります。

理由としては、人気のない色の車の場合、長い期間在庫として管理する可能性があります。
したがって、その分の維持費を考慮し買取価格を下げるのです。

故障するまでなど、長い期間乗るならそこまで考慮しなくて良いですが、
もし数年で買い替えるご予定の方は、売却時の査定額の違いは考慮しておきましょう。

ブラウンが似合う車種一覧

国産車、外車問わずブラウンが似合う車は、どのような車なのでしょうか。

黒が似合う車の車種についてスペックや特徴とともに詳しく紹介します。

スズキ|ワゴンRスマイル

メーカースズキ
車名ワゴンRスマイル
ボディタイプ軽自動車
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)3.395×1.475×1.695
車両重量(kg)840~920
総排気量(cc)658
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)27
駆動方式2WD/4WD
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
カラー(全8種)フェニックスレッドパール
インディゴブルーメタリック2
アーバンブラウンパールメタリック
コーラルオレンジメタリック
オフブルーメタリック
シフォンアイボリーメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
※参考元:ワゴンRスマイル|諸元表
※紹介グレード「HYBRID X HYBRID S G」

スズキが製造・販売しているワゴンRスマイルは、事故を未然に防ぐ「スズキ セーフティサポート」が搭載。
「危ない!」というヒヤリとする瞬間すらも最小限に抑えます。

また万一の衝突被害を軽減する衝撃吸収ボディー、
見やすくて使いやすいインターフェース、
さらに見渡しやすい視界を確保する視界性能など、
運転時間を快適に、そして安全性を担保する機能や性能がたくさん備わっています。

ブラウンの車をお探しの方は、ぜひスズキのワゴンRスマイルをご検討ください。

トヨタ|アルファード

2023年のフルモデルチェンジで新しく追加されたプレシャスレオブロンドがブラウン系のカラーです。

前モデルのレッドとは大きく違い、高級感のある威風堂々とした佇まいが魅力です。

メーカートヨタ
車名アルファード
ボディタイプミニバン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,995×1,850×1,935
車両重量(kg)2,160
総排気量(cc)2,487
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)60
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段変速機
カラー(全3種)プラチナホワイトパールマイカ
ブラック
プレシャスレオブロンド
※参考元:アルファード|諸元表
※紹介グレード「ハイブリッド Z 2WD」

トヨタ|クラウン(クロスオーバー)

クラウン(クロスオーバー)は、2023年にJNCAP総合評価において、最高ランク「自動車安全性能ファイブスター賞」を獲得しました。

安全性能だけではなく、どんな場所にも馴染む佇まい、乗り降りのしやすさなどデザイン性にも優れています。

次に室内。
ボディがリフトアップし目線が高く、見晴らしが良いです。

景色もゆったり眺めることができますし、パソコンがあれば仕事も進められそうです。

メーカートヨタ
車名クラウン(クロスオーバー)
ボディタイプセダン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,930×1,840×1,540
車両重量(kg)1,760
総排気量(cc)2.487
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)55
駆動方式E-Four(電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機
カラー(全12種)ブラック〈227〉×プレシャスホワイトパール
ブラック〈227〉×プレシャスメタル
ブラック〈227〉×プレシャスシルバー
ブラック〈227〉×エモーショナルレッドⅡ
ブラック〈227〉×プレシャスブロンズ
ブラック〈227〉×プレシャスレイ
プレシャスホワイトパール
プレシャスメタル
プレシャスシルバー
ブラック
エモーショナルレッドⅡ
プレシャスブロンズ
※参考元:クラウン|諸元表
※紹介グレード「CROSSOVER G」

まとめ

「車の色が人と被りたくない」という人は、ブラウンの車を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

街を走る車を見渡したとき、ブラウンの車を見る機会はそこまで多くありません。
したがって、人と被ってしまう可能性も低いでしょう。

またブラウンの色は、落ち着きや安心感、モダンなどの印象を与えます。
運転手のあなたや同乗者の心も、落ち着くことができるかもしれません。

しかし洗車の傷が目立ったり、お取り扱い台数が少ないというデメリットもあります。

ただ「人と被りにくい」というのは確かです。
車の色が人と被りたくない人は、ぜひブラウンの車をご検討ください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。