新車の納期の目安はどれくらい?遅れる原因について解説

新車を購入する際には、どのくらいで納車されるのか納期が気になる人は多いでしょう。また、昨今ではさまざまな要因により新車の納期が遅れているのが現状です。そのため、新車を購入する際は、どのくらいで納車されるのかをある程度把握しておきたいでしょう。

そこでこの記事では、新車の納期の目安や遅れる原因、納期を早める方法を紹介します。新車を早く手に入れたい人は参考にしてください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

新車の納期の目安はどれくらい?

新車は注文を受けてから生産されることが多いため、中古車に比べて納車されるまでに時間がかかる傾向があります。ここでは、新車の納期の目安をご紹介します。

1~3ヶ月が目安

新車の納期目安は1~3ヶ月です。ディーラーに在庫がない場合、メーカーへ発注する必要があります。人気のある車の場合はメーカーへの注文が多くなるため、製造するのに時間がかかり納車が遅くなることもあるでしょう。

新車を購入したい場合は、ほしい時期に対して早めに購入手続きを行うことが大切です。どうしてもほしい時期に間に合わない場合は、中古車の購入も検討しましょう。

グレードによっても納期が異なる

新車の納期はグレードによっても異なります。同じ車であっても人気のあるグレードはその分注文数も多いため、納車に時間がかかるのです。

また、メーカーオプションはメインの生産ラインとは別で作業されるため、メーカーオプションが多いほど納期は遅くなる傾向にあります。メーカーオプションはあとで付け足すことができないため、購入時にしっかりとつけておきたくなりますが、車を手に入れたい時期を考慮してグレードやメーカーオプションを検討することも大切です。

新車の納期を確認する方法

新車の納期は、メーカーの公式ホームページで公開されている場合があります。たとえば、トヨタのホームページでは車の種類ごとの工場出荷時期の目処が一覧で公開されています。ほしい車が決まっている場合は、メーカーのホームページを確認してみましょう。

メーカーのホームページに情報がない場合や、どの車を購入するのか悩んでいる人は、ディーラーに電話したり、店舗に行ったりして直接聞く方法があります。直接聞けば、正確な最新情報が把握できたり、早く納車される車を教えてもらえたりするメリットがあるでしょう。

ただし、ホームページで公開されている納期やディーラーに確認した納期よりも遅れる場合もあります。生産工場の状況や販売店への輸送タイミング、販売店での納車準備にかかる時間などさまざまな状況に影響されます。そのため、契約した時点で納車を正確に判断することは難しいという点を押さえておきましょう。

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉術など一挙紹介!

新車の納期が遅れる原因とは

近年は新車の納期が遅れており、納車まで半年以上かかったり、注文の受付を停止していたりする車もあります。ここでは、新車の納期が遅れている原因を3つご紹介します。

半導体の不足

2020年からの新型コロナウイルス感染拡大により、リモートワークをする人が増えたことでノートパソコンやテレビなどの電子機器の需要が高まりました。これらの電子機器には半導体が用いられており、車にも半導体が用いられています。そのため、半導体が不足し、新車の納期にも影響することとなったのです。

また、半導体の生産工場がロックダウンなどによって生産を停止したことで、さらに半導体が不足する事態となりました。半導体だけでなく、電気信号を伝えるワイヤーハーネスといった部品も不足しており、これらを確保するために時間がかかり、納期が遅れているという状況です。

流通の乱れ

新型コロナウイルスの感染が広がったことで、港でコンテナを運ぶ作業員が減り、コンテナが一部の港に滞留したことで流通に乱れが生じました。さらに、ロシアのウクライナ侵攻により、多くの資源や部品を世界中で取り合う事態となりました。

自動車を製造するためには、半導体だけでなくさまざまな部品が必要です。流通が乱れ、部品や材料の供給が滞っていることも新車の納期が遅れている原因の一つといえます。

海外需要の高まり

日本の車は、海外でも高い人気を誇っています。たとえば、トヨタのランドクルーザーは、生産総数の約50%を中東諸国に供給しており、日本国内への供給が間に合わなくなってしまいました。現在では、生産能力を上回る注文を抱えていることから新規の注文の受付を停止しています。

このように想定していた以上の需要が国内だけでなく海外でも高まることで、生産が追いつかなくなる状態が発生し、新車の納期が遅れているのです。

関連記事:【2024年版】アメリカの25年ルールとは?日本の旧車がアメリカで人気の理由も解説

新車の納期を早めるには

新車の納期が遅くなっているものの、少しでも早く車を手に入れたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、新車の納期を早める方法を3つご紹介します。

ディーラーに在庫がある車を選ぶ

基本的に新車は注文が入ってから数ヶ月かけて生産されます。ただし、ディーラーが在庫車を持っているケースがあり、在庫車を選べばスムーズに納車することが可能です。

在庫車は、注文がキャンセルされた場合や、見込み生産した車に余剰が出た場合などに発生し、ディーラーで保管されます。また、ディーラーが販売機会を逃さないために人気のある車の見込み発注をかけて在庫を持っているケースもあります。

在庫車のなかから選ぶ場合、車の種類やオプションの選択肢は少なくなるものの、納車するまでの期間を大幅に短縮できるでしょう。

必要書類を早めに用意しておく

車の購入手続きをするときには、さまざまな書類が必要です。たとえば、契約書に押印する実印が本人のものであることを証明する「印鑑証明書」や、新しく購入する車の保管場所を確保していることを証明する「車庫証明書」などが必要となります。

これらの書類は、市役所や警察署で発行してもらわなければならないため、平日に書類を発行してもらう時間を確保できない人は、早めに準備しておきましょう。

書類に不備があったり、必要な書類がそろっていなかったりすると、購入手続きが遅れて納期も遅くなってしまうので注意が必要です。

関連記事:車の買い替え時期はいつがよい?必要書類や注意点なども解説

自動車ローンの仮審査を受けておく

カーローン 自動車ローン

車を購入するときの支払方法は複数あり、ローンを利用する場合は審査を受けなければなりません。ローン審査に通過したらローン契約を結んで車を購入できるものの、審査に落ちると借入金額を見直したり、カーローンの種類を見直したりして再審査を受ける必要があります。

ローンの審査に通る見込みがあるかは、仮審査で簡易的に確認することが可能です。仮審査では必要な情報を自己申告することで、即日から数日以内に審査結果がわかります。

ただし、仮審査では過去の滞納情報などが記録された個人信用情報まではチェックしないケースが多く、個人信用情報にマイナスな点がある場合は本審査で落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

関連記事:車のローン審査に落ちる理由3つを紹介!何を基準に審査される?

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ? 金利の違いも徹底解説!

まとめ

新車の納期は新型コロナウイルスの感染拡大による半導体不足や、流通の乱れなどによって、納期が遅くなっています。1~3ヶ月で納車される車もあれば、半年以上かかるものや注文の受付を停止しているものもあります。

早く車を入手したいのであれば、ディーラーに在庫が
ある車のなかから選んだり、メーカーオプションを減らしたりするなどの工夫をすることが必要です。

また購入手続きに必要な書類を早めにそろえたり、カーローンの仮審査を受けて審査に通る見込みがあるかを確認したりしておくことも、新車の納期を早めることにつながる可能性があります。

新車の納期はメーカーの公式ホームページやディーラーなどで確認できるため、ほしい時期に納車されるように納期に注意して車を選びましょう。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。