車の売却・廃車時に必須なリサイクル券とは?リサイクル券がない場合は代用書類の作成が必要!

車のリサイクル券は、車の売却や廃車時に必要になります。

2005年1月に施行された「自動車リサイクル法」により、車を処分するときにかかる費用を所有者が負担することを義務付けられているためです。

しかし、車を購入してから手放すまでにリサイクル券を使う機会はほとんどないため、実際に使うときにどこに置いたのかを忘れてしまい、紛失するケースがよくあります。

この記事では、リサイクル券の概要や必要になるタイミング、紛失した場合の対処法を詳しく紹介します。

ぜひ参考にしてください。

関連記事:車売却時の必要書類は?再発行方法や流れを紹介!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

車のリサイクル券とは

リサイクル券とは、車を解体するときにかかる処分料をきちんと支払ったことを証明する書類のことです。

リサイクル料金は、2005年1月1日に施行された「自動車リサイクル法」という法律によって支払いが義務付けられています。

所有者がリサイクル料金を支払うことで、業者がかつて処理に困っていたシュレッダーダストやフロン類、エアバッグなどを適正な工程でリサイクルができるようになりました。

なお、支払いをするのは新車・中古車関係なく、車のオーナーとなる人です。

車を適切に処分するために必要となるため、失くさないよう大切に保管しなければなりません。

関連記事:ディーラーに廃車手続きを依頼した際の費用とは?安く抑える方法を紹介!

リサイクル料金の目安と支払うタイミング

リサイクル料金の目安は、普通自動車が10,000〜18,000円程度、軽自動車や小型自動車は7,000〜16,000円程度です。

トラックといった大型車のリサイクル料金は、40,000〜65,000円程です。

車のリサイクル料金は、車の車種やグレードによって異なります

料金は国内メーカーと輸入業者によって定められているため、メーカーや業者が公開しているHPで料金を確認することが可能です。

基本的にリサイクル料金はディーラーで車を購入したタイミングで支払いますが、中古車の場合はすでに販売価格に含まれているため、車本体の支払いをする際に一緒に負担するケースが大半です。

リサイクル料金の払い戻しについて

リサイクル料金は業者が車を解体し処分する際にかかる費用であるため、車の最後のオーナーが負担する必要があります

そのため、車両を業者や個人に売却した場合、リサイクル料金として支払った金額は返金されます

なお、車両の売却金額にリサイクル料金も合算されて支払われるケースが一般的です。

また、日本から海外に輸出される際も、リサイクル料金の返金手続きが可能です。

ただし、返金がされるのは、次に使う人がいる場合のみです。車の状態が悪く、廃車にするしかない場合は返金されません。

リサイクル券が必要になるタイミングとは

リサイクル券を実際に使うタイミングはかなり限られています。

保管したまま何年も放置する人が大半でしょう。

では、実際にリサイクル券を使うタイミングはいつなのかについて紹介します。

関連記事:車の廃車の手続きの流れを紹介!費用相場や内訳を含めて解説

車を売却するタイミング

実際にリサイクル券を使うタイミングの一つが、車を売却するときです。

具体的には、業者に車を売る場合、車両と一緒にリサイクル券を業者に渡し、購入時に支払ったリサイクル料金の払い戻しを受けます。

他の人が業者からその車を購入するときは、車両代金と一緒にリサイクル料金を業者に支払い、車両とリサイクル券を取得するという仕組みです。

車を購入した際に業者から渡されるリサイクル券は、車を売却するタイミングで必要になるため、きちんと保管しているかどうかを事前に確認しておくことをおすすめします

また、車買取時の査定額にリサイクル料金が含まれている場合と分けられている場合の2種類があります。

車買取業者によって異なるため、査定額を提示された際はきちんと査定額にリサイクル料金も含まれているかどうかを確認することが大切です。

なお、リサイクル券は車体そのものと紐づいており、名義がないため、車の名義変更のような手続きは必要ありません。

車を廃車にするタイミング

リサイクル券は、車の廃車にするときにも使います

次の所有者がいる場合は、その人がリサイクル料金を支払う義務が発生します。

愛車が経年劣化や走行距離が長すぎて売却ができず、廃車にすることになった場合は、リサイクル券が必要になるのです。

リサイクル券はない場合の対処法

使う機会が限られているため、リサイクル料金をどこに保管したのかを忘れた人も少なくありません。

再発行はできないため、紛失してしまった場合、車の売却や廃棄はできないと不安に感じるでしょう。

ここでは、リサイクル券を紛失した場合の対処法について解説します。

関連記事:車検証を紛失したらどんな問題がある?再発行に必要な書類も紹介

心当たりがある保管場所をくまなく探す

多くの人は、車検証と一緒に車のダッシュボード横のグローブボックスや書類棚の中などに保管されています

しかし、見当が付く場所に書類が見当たらない、どこにリサイクル券を保管したのか思い出せないときは、心当たりがある場所をくまなく探すしかありません。

リサイクル券は重要書類であるため、保証書などと一緒に保管されている可能性があります。

また、リサイクル券も車の使用年数と同じ分だけどこかに保管されているため、もしかしたらシートポケットに形が崩れた状態で入っている場合や車検証入れの奥深くにある場合があります。

代用書類「リサイクル券の預託状況がわかるもの」を発行する

どれだけ探してもリサイクル券が見つからないこともあるでしょう。

リサイクル券がなければ車の売却や廃車ができないと思われるかもしれませんが、なくても手続きは可能です。

ただし、紛失しても再発行ができないため、「リサイクル券の預託状況がわかるもの」という代用書類を発行しなければなりません

「リサイクル券の預託状況」は「自動車リサイクルシステム」というサイトの情報照会で確認できます。

手続きのステップを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  1. 「自動車リサイクル促進センター」のWebページにアクセスする
  2. 「自動車ユーザーの方」のタブを選択→「リサイクル料金を検索」を選択する
  3. 「①車両区分および車台番号」「②登録番号/車両番号もしくはリサイクル番号」「③ご利用目的」をそれぞれ車検証の情報をもとに入力して検索する
  4. 結果画面の「料金表示ボタン」をクリックする

「自動車リサイクル料金の預託状況」のPDFファイルがダウンロードできるようになるため、印刷すれば完了です。

利用時間は午前7~24時までで、スマートフォンやパソコンから手続きができます。

ただし、「自動車リサイクル法」は2005年1月から施行された法律であるため、それ以前から車検を行っていない車には発行されていないため注意が必要です。

まとめ

リサイクル券は、新車の購入時にディーラーから受け取り、車の売却時や廃車時に使用する重要な書類です

車の最後の持ち主が負担する義務であるため、次の所有者がいる売却時には返金されます。

また、リサイクル料は車種やグレードによって異なります。

気になる方は、メーカーや業者が公開しているHPで料金を確認することが可能です。

リサイクル券はきちんと保管することが大切ですが、使う機会がないため失くしてしまう人が少なくありません。

車のグローブボックスなど心当たりがある場所を探しても見つからない場合は、「自動車リサイクルシステム」というサイトから代用書類を印刷しましょう

車の売却や廃車にする際に困ることがないよう、普段からどこに保管しているのかを定期的に確認しておくことをおすすめします。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。