カーリースと中古車購入、どちらがおすすめ?各メリットや特徴を比較

中古車を購入するか、それともカーリースにするか。
この2つで悩んでしまう方は少なくありません。

経済状況や車の利用目的などによって、自分にあった選択肢は異なります。
本記事では中古車購入とカーリース、それぞれの特徴やメリットについて解説していきます。

双方についてよく理解したうえで、自分にあったものを選びましょう。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは

カーリースと中古車購入について

まずは、カーリースと中古車購入との異なる点を理解しておきましょう。

カーリースと中古車購入、なにが違う?

カーリースとは、リース会社の購入した車に月額料金で乗れるサービスです。
中・長期的なレンタルサービスとイメージしておくとよいでしょう。

カーリースの特徴はいくつかあります。
その中の1つが「車の維持に必要な費用が、月額料金に含まれていること」。
たとえば月に3万円支払う契約であれば、その中に車両代金や車検費用、保険料などが含まれているのです。

一方、中古車購入はその名のとおり。
購入の場合、カーリースとは異なり車検代などの維持費はまた別途支払うことになります。

カーリース、中古車購入それぞれのメリット

カーリースと中古車購入にはそれぞれメリットがあります。

カーリース中古車購入
月々定額で車を利用できるカスタマイズが可能
料金に維持費が含まれている所有者が自分になる

それでは、各項目を詳しくみていきましょう。

カーリースのメリット

月々定額で車を利用できる

カーリースの支払いは、1ヶ月にいくら支払うべきなのかが決まっています
毎月決まった額さえ支払えば、希望する車を利用できます。
毎月必要な費用が明確なので、家計のやりくりに関してもめどを立てやすくなります。

車の利用や維持に必要な各種諸費用が毎月の支払い金額に含まれているので、急な出費の発生もほとんどありません

料金に維持費が含まれている

車を購入した場合、車検代などを別途、個別に支払う必要があります。
しかし、カーリースの場合支払う必要はありません。なぜなら、ひと月分の料金に車検代等がすでに含まれているからです。
購入した場合に発生する初期費用も含んだうえで料金が設定されているため、最初に大きなまとまった金額を支払わなくてよいのです。

また、車のコンディションが悪くなった場合でも、メンテナンス費用もカバーしているプランを選んでおけば修理費の心配はありません。

中古車購入のメリット

所有者が自分になる

一括購入した中古車は、自身の名義で利用できます
ローンを組んだ場合、所有者はローン会社となりますが、それも支払いをすべて終えてしまえば自身の名義になります。
一方カーリースは、リース会社に所有権があるため、いつまで経っても自身の名義に変わることはありません。
もし所有者名義にこだわる場合は、中古車購入のほうがおすすめです。

自由にカスタマイズできる

購入した中古車は、自分の所有物となるため自由なカスタマイズが可能です。

一方、カーリースは所有権がリース会社であるため、自由なカスタマイズができません。
カーナビやオーディオの搭載、シートカバーの装着など、原状回復()できる範囲内に限定されます。

原状回復とは、借りたものを借りたときの状態までもどすこと。つまり、カーナビやオーディオを搭載した場合、それがついていないフラットな状態にもどす必要があります。

自分所有の中古車であればあらゆるカスタマイズが可能なので、車を自分好みの設定したい方は中古車購入がおすすめです。

まとめ

カーリースと中古車購入にはそれぞれのよさがあり、それぞれデメリットも存在します。
自身のライフスタイルや車を持つうえで優先したいことなどと、今回の記事と照らしあわせて自分にあったものを選びましょう。

もし、カーリースを検討中なのであれば出光興産のオートフラットはいかがでしょうか?
充実したサポートや豊富な車種など、お客様が安心してサービスを受けられるよう、環境を整えています。



この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。