カーリースはデメリットだらけ? 向いている人・向いていない人を解説

正直なところ、「カーリースはデメリットだらけでは?」と感じている方もいるかもしれません。

しかし、申し込みが簡単であったり、最初に大きな資金が不要だったりとカーリースには数多くのメリットも存在します。

本記事ではカーリースのメリット・デメリットを詳しく解説しますのでぜひご参考にしてください。

内容をしっかり理解し、ご自身に向いている車の乗り方なのかの判断ができるようになりましょう。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは
関連記事:法人でもカーリースを利用できる?メリット・デメリットと審査のコツを紹介

カーリースとは?

カーリースとは、月々定額料金を支払うことで、自分が乗りたい新車をマイカーのように利用できるサービスです。

新車であるケースが多いですが、利用するサービスによっては中古車を選ぶことも可能です。

申し込み方法などによっても異なりますが、契約すると自宅に車を届けてもらうことができるため、カーリースを利用したいと思ったタイミングに合わせて、申し込みから契約、そして納車までがスピーディーに行えます。

カーリースの料金は、「車両価格+諸費用」から「リース契約終了時の車の価値(残価)」を前もって差し引いた金額を、利用月数で割って算出します。
そのため、毎月定額料金が設定されており、料金体系がシンプルであることが特徴です。

車両購入価格を支払うローンでの購入や、一括購入するのと比較すると、価格を抑えて車に乗ることができます。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリット・デメリットも徹底解説
関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!
関連記事:カーリースの審査に落ちる?落ちた理由や審査内容について紹介

カーリースのデメリット

通常の車体購入とは異なる仕組みのカーリースですが、人によっては向いていない場合もあります。

カーリースに興味のお持ちの方は、「こんなはずじゃなかった」と後悔することのないように、デメリットもしっかりと把握しておくことをおすすめします。

関連記事:車のリースとレンタルの違いとは?メリット・デメリットもあわせて紹介!
関連記事:カーシェアの平日乗り放題プランとは?月額料金や注意点も調査

中途解約に料金が発生する

カーリースの利用を検討する際に、一番抑えておきたいポイントが「基本的に中途解約ができない」ということです。

カーリースは、契約時に定額のリース料を契約の期間中支払うことを約束することで、自分が選んだ車をマイカーのように乗れるサービスです。

そのため、リース期間中は、基本的に中途解約することができません。
何らかの事情で中途解約をすることになった場合は、違約金が発生する可能性があるので注意しましょう。

関連記事:車のサブスクリプションとカーリースの違いとは?特徴やサービス内容などを解説
関連記事:カーシェアリングとは?仕組みや特徴をレンタカーやカーリースと比較

走行距離に制限がある

契約プランやカーリース会社によって多少の違いはありますが、カーリースでは、契約時に月間の上限走行距離が設定されます。

一般的には毎月1,000km~2,000kmの走行距離制限となっているケースが多く、走行距離に気を配りながら乗らなければなりません。

ただし、この走行距離制限は「毎月厳密に走行距離を報告し、オーバーしていたらすぐに追加料金が発生する」というものではありません。

基本的には「リース契約満了日の総走行距離をもとに、走行距離制限を超過していないか」を判断します。
総走行距離を契約年数で割ることにより、平均の月間走行距離を算出して、走行距離制限と比較をして判定します。

つまり、もし、ある月で走行距離を超過してしまったとしても慌てることはありません。
翌月の利用を抑えるなどして、リース契約期間終了時の合計走行距離でオーバーしないように調整すればOKです。

走行距離は、車の残価に影響を与えます。
リース契約が終わってユーザーから返却された車は、中古車として販売されることがほとんどです。

中古車としての買い取り価格決定の際に、走行距離は大きな影響を与えるため、リース契約終了時の残価を大きく損なうことがないように、走行距離制限の超過有無が重視されているのです。

関連記事:車の走行距離と寿命の関係は?購入時のポイントやリースの走行距離制限

車を傷つけると追加料金が発生する

繰り返しますが、リース会社はリース契約後の車の価値(残価)を重要視しています。
そのため、事故を起こすなどして車を傷つけると、違約金などの追加料金を請求される恐れがあります。

ちなみに、事故などによる外側の損傷だけでなく、内側の損傷も違約金の対象になります。
例えば、車内でタバコを吸って天井の色が変わってしまったり、車内で飲食してシートにコーヒーやジュースをこぼして染みになってしまった場合なども、違約金の対象となり得るので注意が必要です。

関連記事:リース車で事故を起こしたらどうする?すべき行動や修理費について
関連記事:レンタカーの傷 許容範囲は?修理費は保険でカバーできる?

カスタマイズできない

カーリースには、改造禁止という利用規約があります。
そのため、自分で自由にオーディオを取り付けたり、カスタマイズして装着したりすることはできません。

不動産物件の賃貸契約と同じように、最初に借りた状態に戻して返還する「原状回復」が基本となります。
原状回復がなされていないと判断された場合は、違約金を請求される可能性があることも理解しておきたいポイントです。

カーリースのメリット

次に、カーリースのメリットについて3つご紹介します。
メリットを知れば、ご自身がカーリースに向いているかどうか明確になるでしょう。

毎月定額で費用が明確

車を購入すると、車検や自動車税、メンテナンス・修理など、色々な費用が発生します。
計画的に購入しないと、急な故障で多額の費用が必要となり、資金繰りに困るということも少なくありません。

カーリースなら、それらの費用がすべて月額料金に含まれているプランが数多くありますので、毎月決まった料金を支払うだけで済みます。

つまり、急な出費の心配が無く、資金面についてあれこれと心配せずに車に乗れるのです。

また、税金の支払いや保険の手続きなどは、その手続きの煩雑さやわかりにくさから、日常生活において大きな負担になりがちです。
しかし、カーリースなら、そういった手続きの手間から解放されるというメリットもあります。

関連記事:自動車重量税はいくらかかる?納付時期や納付方法もあわせて解説
関連記事:カーリースで自動車保険の加入は必須?加入すべき理由とポイントを解説

まとまった資金を用意しなくて良い

車を購入する場合、通常、数十万〜数百万円の頭金を用意する必要があります。
しかし、カーリースは定額制であるため、頭金不要です。

まとまった資金を準備せずに車を使うことができます。
「初期費用を抑えたい方」や「気になる車に今すぐ乗ってみたい方」にとっては、とても便利な仕組みです。

まとまった資金が貯まるまで待つことなく、気軽に車に乗り始められるのは良いところですね。

車が欲しいと思っても、購入や維持に高額な費用がかかると考え、躊躇してしまう人も多いと思います。
そういった場合は、ぜひカーリースを選択肢のひとつとして考えてみましょう。

初期段階の重い費用負担が軽減され、無理なく車を利用できます。

関連記事:カーリースと中古車購入、どちらがおすすめ?各メーカーや特徴を比較
関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

幅広い車種から選べる

レンタカーやカーシェアの場合、すでにある車の中から選ばなくてはいけないので乗れる車が限定的です。
そのため、「選択肢に希望の車種がない」ということが起こりがちです。

また、「乗りたい車はあるが、使いたいときに空きが無かったから違う車にせざるを得なかった」ということもあるかもしれません。

カーリースなら、国産メーカーの現行モデルのあらゆる車種が用意されています。

グレードや色、オプションの有無も選べるので、購入する時と同じように自分好みのこだわりの1台を選べるでしょう。

車は移動手段としてだけでなく、乗る人のモチベーションを上げてくれたり、趣味のひとつとしても重要な役割を果たしてくれます。
気に入った車種を選べるのは、大きなメリットのひとつです。

関連記事:人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介
関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説
関連記事:広い軽自動車の人気車種7選!購入時の選び方や魅力も併せて解説

ネットで簡単に申し込める

車を購入する際には、車選びやオプション選び、見積もり、そして契約から納車にいたるまで、何度もお店に出向いて担当者と打ち合わせする必要があります。
忙しい方にとっては、「十分な時間が確保できない」といった悩みもあるでしょう。

その点、カーリースはネット上で申し込める点もメリットです。

お店に何度も行ったり、打ち合わせ日を決めて担当者と交渉したりする必要がありません。
すきま時間を使ってウェブサイトで自分好みの車をかんたん選べて、さらに、自宅まで納車してもらえる場合が多いため、時間を有効活用できます。

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ?金利の違いも徹底解説!

まとめ

カーリースはデメリットもありますが、一方で多くのメリットも存在します。

カーリースが気になった方は出光興産のマイカーリース「オートフラット」がおすすめです。

オートフラットでは残価が低めに設定されており、カーリースのデメリットである追加精算のリスクが低く、むしろ契約満了時の査定額が残価を超えて、キャッシュバックが発生するのが前提となっていることが最大の特徴です。

多少の距離超過や傷があってもキャッシュバックとなるケースが多く、まるで自分の所有車のように利用することができます。

「カーリースを利用したいけど、デメリットが気になる…」という方は、ぜひ一度、オートフラットの利用を検討してみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。