新型シエンタのオプションを徹底解説!自分に合ったオプションを選ぼう!

トヨタが製造・販売するシエンタはコンパクトミニバンとして人気の車です。

特徴としては、コンパクトでかわいらしい外観のフォルムと広い車内空間を併せ持っており、ファミリー層から人気を集めています。

また、シエンタは2022年8月にモデルチェンジを行いました。

この記事では、新型シエンタのオプションを解説します。
数あるオプションの中から自分に合ったものを探す際の参考にしてください。

関連記事:新型シエンタに搭載されている安全装備について詳しくご紹介します!

関連記事:シエンタのおすすめグレードは?グレードごとの特徴も解説

シエンタはどのような車?

シエンタは今回のモデルチェンジで大きく変化しました。
ここでは、新型シエンタの特徴を解説します。

可愛く便利なコンパクトミニバン

新型シエンタは旧型と比較して、車のコーナー部分を全て丸みのあるデザインとしました。

そのため、全体的に優しくかわいいイメージに変化し、ファミリー層への人気につながるポイントの一つとなりました。

また、お子さまがいる人にも安心材料となるハンズフリー機能が搭載されたスライドドアが付いているため、床下のセンサー部分に足を検知させることでスライドドアが自動で開閉します。

両手がふさがっていてもスライドドアの開閉ができるため、とても便利な機能です。

5人乗りと7人乗りの選択肢

新型シエンタは5人乗りと7人乗りの選択肢があります。

5人乗りを選択すれば2列目のシートがゆったりとし、荷室を広々と使うことができます。

大きなゴルフバッグやキャンプ用品など荷物を多く載せるのであれば5人乗りの仕様をおすすめします。

また、7人乗りの仕様は家族の人数が多い人や知人・友人など大人数で出かける機会が多い人におすすめできます。

3列目のシートは倒して収納できるため、人が乗らない場合には荷物を載せるスペースとして活用することができます。

関連記事:新型シエンタの荷室は広い?内装について徹底解説します!

新型シエンタのオプション

新型シエンタにはオプションが多く用意されています。

ここでは、どのようなメーカーオプションがあるのかを紹介していきます。

キャンプや車中泊好きにおすすめのオプション

近年キャンプや車中泊のブームが到来し、楽しむ人が増えています。

ここでは、キャンプや車中泊を新型シエンタで楽しむためのオプションを解説していきます。

ハンギングベルトブラック

 ¥1,298(税込)
ハンギングベルトブラックは、後部座席の上部にある左右のアシストグリップにつなげることで、小物を引っ掛けることができるようになります。

車中泊をするならば、灯りを確保するためのランタンや音楽を聴くためのスピーカーをぶら下げることもできるため、上部のスペースを有効活用できる代物です。

ラゲージアッパーボード

 ¥13,200(税込)
ラゲージアッパーボードは荷室を上下に分割できる専用ボードです。

荷物が多い場合、上下で分割して置いた方が荷物が整理でき、安定します。

上部の耐荷重は5kgまでと重い荷物は積めませんが、キャンプ用品などを載せる際には、このボードがあると便利です。

エアスリープマット

 ¥22,000(税込)
新型シエンタで車中泊をする際、エアスリープマットがあるだけで快適に寝ることができます。

シエンタは2列目と3列目のシートをすべて倒すことで寝る場所のスペースを確保できますが、シートはあくまで座るために設計されているため、寝るには固くて不向きです。

そこで、エアスリープマットを使うことでクッション性のある寝床を確保できるため、寝心地のよい車中泊を実現できます。

室内カーテン

 ¥38,500(税込)
車中泊をする際には室内カーテンが必需品となります。

窓に目隠しできるものがなければ外部の灯りなどが気になりますし、防犯上も望ましくありません。

そのため、室内カーテンによって快適なプライベート空間を守りながら、車中泊を安全に楽しみましょう。

快適で安全に運転するためのオプション

運転する際にはできるだけ快適な環境で安全に運転したいものです。

ここでは、運転環境や安全面を向上させるためのオプションを紹介します。

コンフォートパッケージ

 ※金額はグレードによって異なる
新型シエンタのコンフォートパッケージは運転手に快適な空間を与えてくれるオプションです。

窓は全面UV、IRカット仕様となり、シートヒーターやステアリングヒーターが付いているのが特徴です。

このオプションがあれば冬場でも快適に運転できます。

前後のドライブレコーダー

 ¥31,900(税込)
最近は設置が定着してきたドライブレコーダーですが、新型シエンタにおいても前後にドライブレコーダーをオプションで設置することが可能です。

ドライブレコーダーを設置することで事故など万が一の事態が発生した際の状況証拠が残るため、安心感を得ることができます。

家族のために付けておきたいオプション

新型シエンタは車内が広く便利な機能が多く搭載されているためファミリー層から人気があるため、家族のためにオプションを付けるという選択肢もあります。

ここでは、家族のためにおすすめするオプションを紹介します。

FUN×FUNシートカバー(フロマージュ)

 ¥28,600(税込)~
前席の後ろ側に機能的なポケットを充実させたシートカバーが「FUN×FUNシートカバー」です。

小物類はもちろん飲み物やティッシュボックスなどを収納できる便利なシートカバーです。

天井サーキュレーター

 ¥27,500(税込)~
天井サーキュレーターは空気を循環させる装備です。

例えば、夏場の暑い中で走行中にエアコンを使用した場合、エアコン周辺だけではなく、車内の至る場所が快適な温度になります。

特に、7人乗りで3列目シートを使用する場合には、3列目シートまでしっかりと空気を循環させるために重宝します。

まとめ

この記事では、新型シエンタの購入時に選択可能なメーカーオプションについて紹介しました。

近年ブームとなっているキャンプや車中泊を楽しむためのオプションもあれば、自分が快適な運転をするためのオプションなどもあります

また、ここで紹介した以外にも便利なオプションが選択できるため、使用する場面を想像しながらご検討ください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。