ソリオの内装の魅力とは?グレードごとに徹底解説!

「ソリオ」は、スズキが販売するコンパクトトールワゴンです。
コンパクトサイズでありながら広い車内を有している車で、子育て世代に人気を博しています。

コンパクトサイズのワゴンを購入しようと考えている人の中で、ソリオを候補にしている人も多いのではないでしょうか。特に、ソリオの内装について詳しく知りたいという声もあるでしょう。

今回は、ソリオの内装に焦点をあてて魅力やグレードごとの違いを詳しく解説していきます。

ソリオの内装は運転のしやすさと快適な空間を実現

スズキが販売する「ソリオ」は2020年にフルモデルチェンジを行い、4代目が最新モデルとなっています。

コンパクトでありながら、荷物を載せても5人で乗れる広々とした空間が魅力です。
今回は特にシートやインパネ、収納スペースなどに注目してソリオの魅力を紹介していきます。
ソリオの購入を検討されている人は、ぜひ参考にしてください。

ソリオのシートは誰でも快適に乗れるような設計

ソリオのシートの特徴は以下の通りです。

  • リビングに置かれているソファをイメージしている
  • 運転席と助手席の間が開いているため動きやすい
  • 後部座席も自由にシートアレンジが可能
  • 運転席にはシートリフターが設けられている

リビングのソファをイメージしたソリオのシートは、車内とは思えないような快適な乗り心地が特徴です。

また、後部座席はレバー操作でさまざまなシートアレンジを楽しめます。リクライニングは56度まで倒すことができ、座面は165mmスライド可能です。

さらに運転席にはシートリフターが付いており、誰が座っても運転しやすい高さに調節できます。

ソリオのインパネは操作性を高めて運転をサポート

ソリオのインパネの特徴は以下の通りです。

  • 中央に位置するマルチインフォメーションディスプレイ
  • USBやアクセサリーソケットを搭載(HYBRID MZ、HYBRID MX)
  • 大画面のディスプレイ

インパネの中央には、運転をサポートするためのあらゆる情報を映し出すディスプレイが装備されています。

具体的には、以下のような情報を提供してくれます。

  • タコメーター
  • 平均燃費
  • 航続可能距離

また、道や車の状況に応じて、標識やナビゲーションがリアルタイムで表示される機能もあります。
ディスプレイは9インチにもおよぶ大画面で、運転席や助手席から簡単に操作することができます。

また、オーディオや車体情報への切り替えも可能なため、快適にドライブを楽しめるでしょう。

ソリオの室内は、見た目に負けない快適な広さ

ソリオの室内はコンパクトな見た目に負けない広々とした空間が特徴です。

5人で乗ってもゆとりがあるため、旅行や遠出など荷物が多い場合に有用です。後部座席の足元にもゆとりを持たせることが可能で、長時間の乗車でもストレスを感じにくいでしょう。

また、ソリオの室内色には白やネイビーが採用されています。シンプルなデザインで幅広い年齢層の人から人気を博しています。

ソリオの収納スペースはあらゆる箇所に多数完備

ソリオにはあらゆる箇所に、以下のような収納スペースが設けられています。

  • 天井に設けてあるフロントオーバーヘッドコンソール
  • 運転席側のインパネアッパーボックス
  • 運転席下部のトレー
  • インパネ下部のボックス
  • 助手席に設けられているフック
  • 運転席と助手席のドリンクホルダー
  • 助手席側のインパネトレー
  • グローブボックス
  • 前方ドアの内側に設けられているポケット
  • 運転席シートのサイドに設けられているポケット
  • 助手席の座面の下に設けられているボックス
  • 後方ドアに設けられているドリンクホルダー
  • 助手席の後ろに設けられているポケット
  • 荷室に設けられているフック
  • 荷室の下部に設けられているボックス

このように、ソリオの室内には至る箇所に収納スペースが設けられています。そのため、どのシートに座っても収納不足で困ることは少ないでしょう。

関連記事:ソリオは車中泊にもおすすめの車!ソリオの概要や車中泊する際の注意点などを解説

関連記事:ソリオの魅力を徹底解説 !燃費やグレードなどスペックをご紹介

ソリオのグレードごとの内装の違い

ソリオには「G」「HYBRID MX」「HYBRID MZ」というグレードが展開されています。すべて内装が同じわけではないため注意が必要です。ここでは、ソリオの内装についてグレードごとに解説します。

「G」

「G」はソリオのエントリーグレードに該当するグレードです。

主なスペックは以下の通りです。

駆動方式:2WD駆動方式:4WD
全長3,790mm
全幅1,645mm
全高1,745mm
ホイールベース
(前後ホイールの
中心から中心までの長さ)
2,480mm
車両重量960kg1,000kg
乗車定員5名
ガソリン|WLTCモード19.0km/L17.8km/L
ガソリン|市街地モード14.8km/L14.0km/L
ガソリン|郊外モード20.2km/L18.7km/L
ガソリン|高速道路モード20.7km/L19.5km/L
参考元:スズキ|ソリオ 主要諸元表

「G」に搭載されている機能は必要最低限に抑えられており、唯一のガソリン車となっています。

エアコンの機能や解錠施錠のシステムは充実しており、普段使いであれば不便を感じることがありません。
また、デザインもネイビーと白を基調としているため、老若男女問わず好まれています。

「HYBRID MX」

「HYBRID MX」はマイルドハイブリッドが搭載されたグレードです。

主なスペックは以下の通りです。

駆動方式:2WD駆動方式:4WD
全長3,790mm
全幅1,645mm
全高1,745mm
ホイールベース
(前後ホイールの
中心から中心までの長さ)
2,480mm
車両重量1,000kg1,040kg
乗車定員5名
ガソリン|WLTCモード19.6km/L18.4km/L
ガソリン|市街地モード16.2km/L15.3km/L
ガソリン|郊外モード20.2km/L18.9km/L
ガソリン|高速道路モード21.1km/L19.8km/L
参考元:スズキ|ソリオ 主要諸元表

「HYBRID MX」には後部座席にアームレストが追加されたり、スピーカーが6つになったりとアップグレードが図られています。

また、「G」にはなかった機能として、パワースライドドアやアイドリングストップが採用されています。

「HYBRID MZ」

「HYBRID MZ」はソリオの中でも最上級のグレードです。

主なスペックは以下の通りです。

駆動方式:2WD駆動方式:4WD
全長3,790mm
全幅1,645mm
全高1,745mm
ホイールベース
(前後ホイールの
中心から中心までの長さ)
2,480mm
車両重量1,000kg1,040kg
乗車定員5名
ガソリン|WLTCモード19.6km/L18.4km/L
ガソリン|市街地モード16.2km/L15.3km/L
ガソリン|郊外モード20.2km/L18.9km/L
ガソリン|高速道路モード21.1km/L19.8km/L
参考元:スズキ|ソリオ 主要諸元表

「HYBRID MZ」の特徴として、「HYBRID MX」では左側のみに搭載されていたパワースライドドアが、両側にあるところが挙げられます。また、ヘッドランプにLEDが標準で使用されています。

さらに、内装にサーキュレーターが追加されました。
運転席や助手席の空気を後部座席に運ぶため、前後で温度の変化が出ることがありません。

ヘッドアップディスプレイも「HYBRID MZ」に追加された機能です。
運転席の前方部に設けられており、ドライブに必要な情報を表示してくれます。普通のディスプレイとは異なり、半透明で最新の照明技術を使用しているため、逆光下でも情報が見やすいのが特徴です。

関連記事:ソリオの燃費を他車と比較!マイルドハイブリッドとは?

まとめ

今回はソリオの内装について解説しました。

ソリオは、年齢層問わず人気のシンプルなデザインと実用的な内装が特徴です。グレードが上がるごとに便利な機能が追加されますが、エントリーグレードである「G」でも特に不便を感じることはないでしょう。運転のしやすさや快適さをより求める人は、最上級ブレードの「HYBRID MZ」を選ぶことをおすすめします。

ソリオの購入を検討されている人は、今回紹介した内装の魅力やグレードごとの違いを参考に、ぜひ自身に合うグレードを探してみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。