ピンク色の車のメリット・デメリットとは?おすすめのピンク色の車をご紹介

昨今では、車のボディカラーのバリエーションが増え、カラーを選ぶ際に迷う人は多いですが、周りの人と被りたくないと考える人はピンク色の車がおすすめです。

ピンク色の車は、優しい印象やおしゃれな雰囲気があります。

この記事では、ピンク色の車を選ぶ場合、どのようなメリットやデメリットが考えられるのかという点について解説します。

また、ピンク色が似合う車も紹介するため、車の購入を検討する際に参考にしてください。

関連記事:車はこの色がおすすめ!車の人気色をランキング形式で紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

ピンク色の車を選ぶメリット

昨今では、ピンク系のボディカラーの車が発売されていますが、ピンク色の車を選ぶ場合に考えられるメリットとして、どのようなことが挙げられるでしょうか。

ここでは、ピンク色の車を選ぶメリットについて解説します。

目立つため事故が起きにくい

車の事故率はボディカラーによっても違いがあり、事故率が一番低いボディカラーは白色です。
白色に次いで、原色やピンク色の車も事故率が比較的低いといわれています。

その理由としては、ピンク色のような派手な色の車は、事故が起きやすい夜間でも目につきやすいためです。

ピンク色の車は見た目のかわいらしさだけではなく、車体そのものが目立つため、事故に遭いにくいという効果がある点においても選ぶメリットがあります。

駐車場で見つけやすい

車のボディカラーは、無難な白色や黒色などの定番色を選ぶ人が多く、ショッピングモールといった広い駐車場では、定番色の車は見つけにくいと感じる人は多いでしょう。

特に軽自動車やコンパクトカーなどは、全体的にボックス型のものが多く似ているため、ほかの人の車と見分けがつかないことがあります。

その点ピンク色の車は、定番色と比較して乗っている人が少ないため、広い駐車場でもすぐに見つけられます。

個性を出すことができる

ピンク色の車は、乗っている人が少ないため、街中でも目立ちます。

昨今では、各自動車メーカーからビビッドなピンクやパステルピンクなど、さまざまな色味の違うピンク色の車が発売されており、ほかの人とは違う個性を出せるのも魅力の一つです。

ピンク色の車を選ぶデメリット

ピンク色の車は個性的で目立つため、人目をひく点が魅力的ですが、その反面デメリットもあります。

ここでは、ピンク色の車を選ぶ際に考えられるデメリットについて解説します。

汚れ・褪色・変色が目立ちやすい

ボディカラーによっては、汚れや傷が目立ちやすい車、反対に目立ちにくい車があります。

ピンク色や赤系の車は、長く乗り続けた場合、経年劣化しやすく汚れや褪色・変色が目立つ点がデメリットです。

しかし、近年では塗装の質が高くなっているため、以前よりは劣化を抑えられます。
塗装の美しさを保つためには、定期的なコーティングを行うことと、こまめな洗車が効果的です。

また自宅の駐車場が屋外の場合より、屋内や屋根付きの駐車場のほうが、雨風や紫外線による褪色や変色を防げるでしょう。

関連記事:コーティング車の正しい洗車方法とは?手順とポイントを解説

買取価格が安い

車を下取りや売却する際に、白色や黒色などの定番色は、中古車市場において需要が高く、査定額も高いことが多いです。

しかし、ピンク色の車は査定額が低くなる傾向があります。
なぜならピンク色や原色系のような個性的な色の車は、定番色と比較した場合、中古車市場において需要が低いからです。

また、ピンク色は女性には人気がありますが、男性には敬遠されがちな点も、査定額が低くなる理由の一つと考えられるでしょう。

飽きる可能性がある

車を購入した場合、数年は乗り続けることになるため、色選びは重要なポイントとなります。
ピンク色など自分の好きな色の車を選ぶことはよいですが、しばらく経って色の好みが変わることもあるでしょう。

個性的な色は後々飽きて、後悔してしまう可能性があるため、購入の際は慎重決めることが大切です。
迷ったときは定番色を選んだほうが後悔しないかもしれません。

また、カタログで見た色と実際の色が想像と違ったということも起こりうるため、ボディカラーはできるだけ実物を見て決めたほうが失敗を防げます。

ピンク色が似合う車5選!

ここでは、ピンク色が似合う車を5台ご紹介します。

日産│サクラ

日産が2022年より製造・販売している「サクラ」は、日産では初めての軽自動車の電気自動車です。
優れた電力消費率とデザイン性の高さで、特に女性に支持されています。

サクラは、種類豊富なボディカラーも魅力の一つです。

なかでも「ブロッサムピンク×ブラック」の2トーンカラーは、車名の通り、桜の花びらのようなピンク色にブラックがアクセントとなって引き締まった印象を与え、特に人気があります。

トヨタ│クラウン

トヨタを代表する高級セダンであるクラウンに、スポーティーさを加えた「クラウン・アスリート」から、2013年に1ヶ月限定で「ReBORN PINK」という特別仕様車が販売されました。

「ReBORN PINK」は「モモタロウ」と呼ばれるビビッドなピンク色のボディカラーが特徴で、これまでのクラウンの高級なイメージを覆し、大きな話題を呼びました。

約650台が販売され、現在ではなかなか見ることができないとても貴重な車となっています。

ダイハツ│ムーヴ・キャンバス

ダイハツ工業が製造・販売しているムーヴ・キャンバスは、かわいらしい外観と高い走行性能、豊富なカラーバリエーションで、女性から圧倒的な支持を受けています。

ムーヴ・キャンバスには「ストライプ」と呼ばれる2トーンカラーのボディカラーが8色あり、そのなかでも「アプリコットピンクメタリック」は、少しオレンジ色がかった上品なピンクとシャイニングホワイトパールの組み合わせが個性的で人目をひきます。

ダイハツ ムーヴキャンバスのバナー

トヨタ│ヤリス

トヨタ自動車が製造・販売しているヤリスは「ヴィッツ」の後継モデルとして幅広い層に人気があるコンパクトカーです。

14色もある豊富なボディカラーのなかで、「アイスピンクメタリック」と呼ばれるピンク色のものがあります。

アイスピンクメタリックは、白色に近い控えめなピンク色であり、一見ピンク色に見えないかもしれません。

そのため、女性だけではなく男性でも選びやすいカラーです。

トヨタヤリスバナー

スズキ│ワゴンRスマイル

スズキが製造・販売しているワゴンRスマイルは、デザインのかわいらしさと機能性の高さで、若い女性や小さなお子さまを持つ女性に特に人気があります。

ワゴンRスマイルのボディカラーのなかでも「コーラルオレンジメタリック×アーバンブラウン」という2トーンカラーは、ピンク色に近いオレンジ色が印象的であり、街中でもひときわ目をひく車です。

まとめ

この記事では、ピンク色の車を選んだ場合に考えられるメリットとデメリットについての解説と、ピンク色が似合う車を紹介しました。

車のボディカラーを選ぶ基準は人それぞれであり、自分の好きなボディカラーを選ぶことで車への愛着は増すでしょう。

しかし、ピンク色や奇抜な色はインパクトが強いため、長く乗り続けることも考慮して慎重に選ぶことが大切です。

ピンク色の車の購入を考えている人は、この記事で紹介した車も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。