V2Xとは?今後のクルマ業界に欠かすことのできない最先端技術について解説

自動運転システムは、2006年ごろに実用化され、近年驚異的なスピードで進化しています。

自動運転において、都市部の走行には高精度な地図や車両間の通信インフラなど高度な技術を必要とします。
その高度な技術のひとつにV2Xという技術があります。

この記事ではクルマ業界の進化に欠かすことのできない技術V2Xについて解説します。

関連記事:自動運転が可能な車種を一覧で紹介!レベル別の違いも解説

ポチモバナー青
ポチモバナー青

V2Xとは?

最先端技術V2Xとは

V2Xは、「Vehicle to everything(X)」の略で、クルマが周囲のあらゆるものと通信したり連携することができる技術のことです。

情報を連携することにより、道路の安全性、交通の効率、および総合的な運転支援システムの向上を目指しています。これからの自動車産業と交通システム全体において、大きく寄与すると期待されています。

V2Xには、下記の4種類があります。

・ V2V(Vehicle to Vehicle):クルマとクルマ
・ V2I(Vehicle to Infrastructure):クルマと信号機などのインフラ設備
・ V2P(Vehicle to Pedestrian):クルマと歩行者
・ V2N(Vehicle to Network):クルマとネットワーク

関連記事:近年注目のV2Gとは?V2Hと何が違うの?普及に向けたステップを解説

V2Xの通信種類

自動運転に重要な技術V2X

V2Xには4種類の通信種類があり、それぞれ異なる役割を担っています。
ここでは、その4種類の通信種類について解説します。

V2V(クルマとクルマ)

V2Vは、「Vehicle to Vehicle」の略で、クルマとクルマが通信を行う技術です。

この技術により、クルマ同士の車間距離を測定し、検知した障害物や、危険な路面状況などの情報を車に共有することが可能になります。

運転者が把握しにくい死角や見通しの悪い状況でも、周囲の車両との相互通信によって情報を知ることができます。

事故や衝突の予防が図られるだけではなく、交通状況の相互通知などにより、快適なクルマの運転に繋がります

V2I(クルマとインフラ)

V2Iは、「Vehicle to Infrastructure」の略で、クルマと道路周辺のインフラ機器との通信を行う技術です。

この技術により、信号機や道路標識などのインフラから情報が連携され、より安全かつ効率的な運転ができるようになります。

また、V2I技術は道路や交通状況、インフラの状態をリアルタイムで把握し、最適なルートを導き出すことができ、渋滞緩和や交通の効率化に繋がります

V2P(クルマと歩行者)

V2Pは、「Vehicle to Pedestrian」の略で、クルマと歩行者との通信を行う技術です。

この技術は、歩行者が携帯するV2P対応の端末と連携することで、歩行者の位置情報をクルマに連携します。

この技術で、クルマが交差点で曲がる際、歩行者の存在を知ることができれば、事故のリスクを減らすことに繋がります

V2N(クルマとネットワーク)

V2Nは「Vehicle to Network」の略で、クルマとネットワークに関する技術です。

クルマそのものをインターネット端末とし、自動運転のソフトや地図情報の更新、アプリ配信など各サービスが利用できます。

タイムリーな交通情報が受信できるので、交通面や運転面において大きなメリットになります。

V2Xに期待されること

クルマの未来に期待

V2X技術はあらゆるシーンでの活用が期待されています。
ここでは、私たちの生活の中でV2Xのチカラが期待されるメリットを紹介します。

交通の安全性向上

V2X 通信は、他のクルマや歩行者、交通状況を通信・連携することで、事故や渋滞などを未然に回避することができるようにあります。

ドライバーはより適切な情報に基づいて運転することができるほか、死角にいるクルマや見通しの悪い場所、行き先周辺の交通渋滞など、見えにくい状況を事前に感知することができます。

交通の効率化

交通インフラや他のクルマ情報を通信/連携することで、交通の流れを最適化させ、渋滞の軽減やスムーズな移動に繋がります。

さらに移動時間が短くなることで、ガソリンの使用量が減少することで排出ガス削減も期待されます。

自動運転のサポート

V2Xは自動運転テクノロジーの重要な技術です。
自動運転車が交通状況や他のクルマ、歩行者と安全に進行できるようサポートしてくれることが期待できます。

スマートシティの促進

V2X は車と各インフラを統合することで、スマートシティの開発において重要な役割を果たすことが期待されます。

道路交通や公共交通機関、都市計画のより適切な管理を可能にします。

関連記事:V2Lとは?V2Hとの違いも紹介!災害時にも役立つ給電方法

まとめ

今後のクルマ業界に欠かすことのできない最先端技術のV2Xについて解説しました。

これからこの技術が進化していくとクルマの運転が快適になったり、安全性が向上するなどいろいろな期待が寄せられています。

これからクルマを購入、もしくは乗り換えを考えている方は自動運転の機能についても重視して検討されてはいかがでしょうか。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。