購入以外で車を長期間利用するならレンタカー?カーリース?それぞれの特徴について解説

車を自分で購入せずに利用する方法としてカーリースとレンタカーがあります。利用期間や目的によってどちらを利用するべきか迷ってしまう場合があるでしょう。

この記事ではカーリースとレンタカーを比較しながら、利用期間が1ヶ月、1年間以上など長期にわたって車を利用する場合はどちらを選ぶべきか解説していきます。

関連記事:車のサブスク、知ってる?カーリーストは違う?お得なのは?デメリットはある?疑問をすべて徹底解説

関連記事:マンスリーレンタカーの料金は?長期契約ならカーリースとどっちが得?

購入以外で車を利用する方法は主に2種類

カーリースとレンタカーには、どのような違いがあるのでしょうか。

どちらも車を借りて運転できるという点は共通していますが、利用可能な日数や契約形態などに異なるポイントがあります。

カーリース

カーリースとは、利用者が乗りたいと思う車をカーリース会社が代わりに購入してくれるサービスです。契約者はリース契約を結ぶことにより毎月定額をカーリース会社に支払い、車を借りるという体裁で使用します。

またカーリースは数ヶ月から数年単位の契約が前提となるため、車検証の使用者欄は利用者の名義となります。

レンタカー

一方のレンタカーは、レンタカー会社が所有している車両を不特定多数の利用者に貸し出すサービスです。一般にはカーリースほど長期間の貸し出しを想定していません。

旅行先で2、3日だけ車を使うなど短期間で車をレンタルするときに便利なサービスで、一般的に時間単位や日数単位で契約します

レンタカーは一時的な使用に限られるため、車検証に利用者の名義は記載されません。

このように「車を借りる」という点では似たサービスであるカーリースとレンタカーですが、契約が長期間か短期間かに着目すると、違いがわかりやすくなります。

カーリースの特徴

カーリースイメージ

カーリースは希望の車を購入することなく長期間利用できるのが最大の特徴です。
以下ではカーリースの主なメリットとデメリットについて解説します。

カーリースのメリット

カーリースは長期利用における費用面で、さまざまなメリットがあります。

カーリースは、マイカーローンで必要な頭金など多額の初期費用を用意する必要がなく、毎月定額で車を利用できます。

また、車両購入費用からリース契約終了時に見込まれる車両価値である「残価」を差し引いた額を月割で支払っていくため、支払い総額を抑えられます

また多くのカーリース会社が月の支払額にメンテナンス代金を含めており、車検や法定12ヶ月点検、オイル交換などの維持費を別途用意する必要がなくなります

月々の車にかかるお金が一定になるため、家計の管理が容易になるというメリットもあります。

カーリースのデメリット

カーリースは、リース契約満了時に一定の車両価値を担保するため、走行距離に制限が設定されている場合があります。契約満了時に走行距離をオーバーしていた場合は、超過費用を請求されるケースもあります。

またリース契約満了時には原状回復した状態で返却する必要があるため、車のカスタムやドレスアップは基本的にできません。

自分の車のように利用できても、本質的にはカーリース会社が所有している車です。最終的には返却する必要があるため、一定の制限が生じます。

また、カーリースはレンタカーのように店舗に行ってその場で借りられるというものではないため注意が必要です。カーリースの所有権はカーリースの会社のままですが、使用者の名義を変更する必要があるためです。

書類の準備と申請手続きの期間が必要なため、実際に使用できるまで数日〜1ヶ月程度かかります

レンタカーの特徴

旅行や出張など、一時的に車を使用するときに利用しやすいのがレンタカーです。
カーリースとは違ってレンタカーにはどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

レンタカーのメリット

レンタカーは数時間から数週間などの短期間であれば、費用を抑えて車を利用できます。必要なときだけ気軽に使用できるのがメリットです。

利用する車はレンタカー会社の保有しているものから選ぶことになりますが、通常は手が届きにくい高級車でも、数時間の利用であれば安価なレンタル料で利用できる場合があります。

レンタカーは契約が容易で、ネットや電話で予約して自分の運転免許証を持参して店頭に足を運べば、そのまま車を利用できる手軽さが魅力です。

なお、基本的な補償はレンタル料金に含まれるため、保険に加入する必要はありません。

レンタカーのデメリット

レンタカー会社が所有している車両を不特定多数が利用するレンタカーは、希望する車を選べないケースがあります。

基本的に予約時には「軽自動車」「コンパクトカー」などのクラスで車を選ぶことになり、特定の車種までは自由に指定できません。

またレンタカーのナンバーは「わ」または「れ」となり、貸渡用車であることが外部からわかります。直接的なデメリットとはいえないかもしれませんが、「運転に慣れていないと思われる」ことを気にする人にはマイナスポイントとなるでしょう。

長期で利用するならどちらがおすすめ?

疑問イメージ

ある程度長期にわたって車を利用する場合、カーリースとレンタカーではどちらのほうが価格を抑えることができるでしょうか。

車の修理のために数週間だけ代車が必要な場合や、出張先で1ヶ月だけ車を借りたい場合など、レンタカーかカーリースかどちらを選ぶべきか悩みますが、使い分ける目安は1ヶ月といえます。

 関連記事:マンスリーレンタカーの料金は?長期契約ならカーリースとどっちが得?

1ヶ月程度までならレンタカーがおすすめ

基本的に短期間での利用が想定されているレンタカーですが、ウィークリープランやマンスリープランなど長期利用が想定されたプランが用意されている場合もあります。

具体例として、ニコニコレンタカーにおけるコンパクトカーの料金表を紹介します。

利用時間一般(非会員)
6時間まで2,640円
12時間まで3,080円
24時間まで4,510円
ウィークリーコース20,000円
マンスリーコース81,400円
参考元:ニコニコレンタカー|車種・料金長期レンタル


表より、一般の非会員がコンパクトカーを通常料金(1日4,510円)で30日間レンタルすると135,300円の費用が発生しますが、マンスリープランであれば81,400円で済みます。

1ヶ月以上ならカーリースがおすすめ

1ヶ月以上にわたって車を借りる場合は、レンタカーの長期利用よりカーリースの短期利用をするほうが料金を抑えられます。

短期利用ができるカーリースの具体例としてニコリースを参考にすると、コンパクトカーが月額34,100円から利用できるとあります。

排気量1800cc以下の自動車:34,100円/月(税込)〜

ただし、上記リース料金と合わせて以下の費用が必要です。

  • 車両敷金(一括前納で契約の場合のみ50,000円。返却時に問題がなければ全額返金)
  • 車庫証明書取得代行費用(代行を依頼する場合16,500円)
  • 任意保険料

車を1ヶ月以上利用する場合はカーリースの方がお得になることがほとんどですが、カーリースの場合はかかる費用がリース料金だけではない点に注意が必要です。

上記ニコニコレンタカーとニコリースであれば、3週間程度であれば同程度の金額であるといえるでしょう。

カーリースとレンタカーを比較する際には、必要な期間にかかる総額を検討しましょう

関連記事:カーリースで自動車保険の加入は必須?加入すべき理由とポイントを解説

まとめ

家族でドライブのイメージ

車を購入せずに長期間利用する場合、カーリースとレンタカーのどちらをおすすめできるかについて解説しました。

1ヶ月の利用であればカーリースのほうが安価となりますが、カーリースは書類の準備や使用できるまでの期間がかかることも確認しておきましょう。

車の修理をしている間の代車として、あるいは長期出張している間だけ車を使いたいというシチュエーションは大いにありえます。

そのような場合は、1ヶ月をひとつの目安として、カーリースかレンタカーかを選択するとよいでしょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。