オーラの燃費が気になる!他の車との燃費の差も比較解説

オーラは日産 ノートから派生した上位モデルとして2021年8月に発売され、高級感のあるコンパクトカーとして注目を集めています。

日産の誇るシリーズ式(モーターのみで走る)ハイブリッドシステム「e-POWER」の第2世代を全グレードに搭載し、走行性を向上させています。

この記事ではオーラの燃費性能や他メーカーの車との燃費比較に加えて、走行性能や機能についても紹介していきます。

関連記事:人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介

日産 オーラとはどんな車?

日産 オーラはノートから派生した上位モデルであり、ワンランク上の上質なコンパクトカーという位置付けで2021年8月に販売されました
コンパクトカーとはいえ全幅は1,700mmを超えるため、ノートシリーズでは初の3ナンバー登録の普通自動車となりました。

グレードは2WD(FF)車で「G」と「G leather edition」、スポーツタイプ「NISMO」の3種類、4WD車で「G FOUR」と「G FOUR leather edition」の2種類、計5種類がラインアップされています。

外装には、夜間走行中に自車の幅を示すLEDポジションランプやアクセント、シグネチャーLEDポジションランプを標準で装備。これは従来のランプよりもスタイリッシュさが増しており、魅力のひとつです。

内装も木目調のダッシュボードや大型化したメーター周りの液晶パネルなどで、高級感を演出しています。
目に見えない部分にも手が加えられており、フロントフェンダー内に遮音材を挿入している上にルーフライニング(天井部分にある内張りの仕上げ材)にも遮音材を追加。そうすることで、車内の静粛性を高めています。

関連記事:ノートの燃費は第2世代「e-POWER」で効率的に!運転・走行性能を徹底解説!

オーラでの運転は安定性抜群

日産 オーラは、モーターを駆動して走るシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」の第2世代を採用しています。

「e-POWER」は、アクセルを踏んでから車が動くまでのラグがなく、滑らかな加速ができることを強みのひとつとしています。車を動かすのはエンジンではなくモーターのため、駆動音がせずとても静かな走行で車内での会話や睡眠を妨げません。
オーラが搭載している第2世代は、発電(エンジンをかける)タイミングに着目した機能が搭載されています。
初代では、路面状態がよいところで発電用エンジンが作動した際の音が少なからずネックでした。しかし、第2世代では車が路面状況を分析し、道が荒れてロードノイズが大きいときに積極的に発電を行うという仕組みに。その際ロードノイズにエンジン音を紛れ込ませるという世界初の技術も搭載されており、静粛性がさらに極められています。

また、ノートとよりもトレッド(左右のタイヤ接地面の中心間の距離)が20mm広がっています
トレッド幅が広い場合、遠心力への耐久性が高まります。その分コーナリングの際に安定した走りが可能となるのです。

関連記事:コンパクトカーとハッチバックの違いとは?車選びのポイントも紹介

関連記事:中古コンパクトカーのおすすめは?メリットや選ぶ際のポイントを解説

衝突事故や踏み間違えを防止する安全装備

オーラは安全装備も充実しており、全方位運転支援システム「360°セーフティアシスト」を標準搭載しています。
ミリ波レーダーとフロントカメラにより、歩行者や障害物を検知して警報や減速を行ってくれる「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、アクセルとブレーキを踏み間違えた際に前後方向の障害物を検知して、衝突を回避する「踏み間違い衝突防止アシスト」なども搭載されており、運転が苦手な方でも比較的安心して運転できるでしょう。

オーラのカタログ燃費はどのくらい?

カタログに記載されているオーラの燃費や、実燃費と呼ばれる実際の走行時に近い状態での燃費はどのくらいでしょうか。

ここではオーラの燃費性能について、グレードと2WD・4WDの駆動方式に分けて紹介していきます。

カタログ燃費

オーラには2WD・4WDの仕様があり、駆動方式ごとに分けたWLTCモードカタログ燃費は以下の通りです。

グレード
総排気量1.2L
G
/G leather edition
G FOUR
/G FOUR leather edition
NISMO
駆動方式2WD(FF)4WD2WD(FF)
WLTCモード(km/L)27.222.723.3
市街地(km/L)26.921.822.5
郊外(km/L)29.624.925.3
高速道路(km/L)25.921.822.4
※参考元:日産 オーラ|諸元表、日産 オーラ NISMO|諸元表

オーラの実燃費はどのくらいか?

カタログ燃費に記載されている「WLTCモード燃費」は実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、運転の仕方や走行環境によって実際の燃費と差が出ます。

実際にその車種を利用している人によって投稿された情報がまとめられている「e燃費」というWebサイトによると、最新モデルのオーラ、各グレードにおける実燃費は以下の通りです(2022年9月27日時点)。
購入検討時にひとつの参考値として確認しておくのもよいでしょう。

駆動方式グレードカタログ燃費
WLTCモード
(km/L)
実燃費
(km/L)
2WD(FF)G
/G leather edition
27.218.26
4WDG FOUR
/G FOUR leather edition
22.715.96
※参考元:e燃費|オーラ

人気コンパクトカーとのカタログ燃費を比較!

ここではオーラと、人気コンパクトカーとの燃費を比較していきます。

ライバル車の概要と燃費の比較

今回比較した各車の概要やグレードは以下の通りです。
なお、オーラについてはグレードGの2WD(FF)/総排気量1.2Lのタイプを基準として比較を実施しました。

  • ホンダ フィット:グレード e:HEV LUXE/2WD(FF)/総排気量1.5L
    フィットの最新モデルは2021年に発売されており、コンパクトカーでありながら広い車内空間が魅力です。乗り心地の評価も高く、長く人気を集めています。
    余談ですが、最新モデルが2022年の10月7日に発売されました。
  • トヨタ アクア:グレード G/2WD(FF)/総排気量1.5L
    アクアの最新モデルの発売も2021年。オーラ同様ハイブリッド車のみのラインアップとなっています。
    初代の燃費は販売当初のカタログ燃費(JC08モード)で35.4km/Lと世界トップクラスでした。今でもトヨタ アクアは根強い人気を誇っているコンパクトカーのひとつといえるでしょう。

関連記事:【新型】マイナーチェンジしたフィットの走行性能や燃費、内装を調査!新モデル「FIT e:HEV RS」も解説します!

カタログ燃費日産 オーラ
G
ホンダ フィット
e:HEV LUXE
トヨタ アクア
G
WLTCモード(km/L)27.227.433.6
市街地(km/L)26.926.933.8
郊外(km/L)29.629.836.0
高速道路(km/L)25.926.032.0
※参考元:本田技研工業 フィット|諸元表、トヨタ アクア|諸元表

上記の数値について、総排気量やハイブリッドシステムの仕組みが異なる点や、実際に走行させた際の燃費はカタログ燃費とは異なる点を把握した上で、参考としてください。

関連記事:アクアをカーリースで利用するメリットとは?基本スペックや魅力についても紹介

オーラはどのような人におすすめ?

オーラは長距離運転をする機会の多い人や走行の快適さを求める人に適した車です

エンジンを発電のみに使用し、モーターを動力とするハイブリッドシステム「e-POWER」はその仕組みにより滑らかかつ静かな加速が期待できます。また、ロスなく必要な動きをしてくれるため、ストレスを感じることなく快適な運転が楽しめるでしょう

また、車内環境に上質さを求める人にもおすすめできます。
エクステリアのデザインは控えめながら、車内ではドアトリムやセンターコンソール、ダッシュボードの木目調が高級感を演出します。

まとめ

今回は日産のプレミアムコンパクトカーであるオーラについて、カタログ燃費だけでなく実燃費やライバル車との比較を含めて紹介してきました。

オーラはモーターを動力とするハイブリッドシステム「e-POWER」によって快適なドライブが実現でき、コンパクトカーでありながら高級感のあるインテリアを搭載した魅力的な車です。
ぜひこの機会にご検討ください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。