人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介

コンパクトカーはその利便性のよさから、幅広い世代から人気を集めている車です。

今回はそんなコンパクトカーのおすすめランキングや選び方のポイントを紹介します。
コンパクトカーの基本的な特徴や魅力、軽自動車との違いなども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:コンパクトカーとは?特徴やメリット、デメリットを解説!
関連記事:コンパクトカーとハッチバックの違いとは?車選びのポイントも紹介

コンパクトカーの定義&軽自動車との違いとは?

コンパクトカーと軽自動車の違いはご存知ですか?
「軽自動車も小さいイメージだし、コンパクトカーなんて名前からして小さそう。なにが違うんだろう」と思っている方も、もしかしたらいるかもしれませんね。

ここではコンパクトカーの定義や、軽自動車との相違点を解説します。

コンパクトカーの定義とは?

実は明確に定義が定められている軽自動車とは異なり、コンパクトカーにはっきりとした定義はありません。

しかし、一般的には「軽自動車よりも大きく、普通自動車の中では小さい」ものがコンパクトカーと呼ばれているようです。

ちなみに、軽自動車と普通自動車の定義は下記のとおりです。

区分普通自動車軽自動車
総排気量2,000cc以上660cc以内
全長4.7m以上3.4m以下
全幅1.7m以上1.48m以下
全高2.0m以上2.0m以下
備考基準のいずれかを上回るもの基準をすべて下回るもの

コンパクトカーの人気の理由・魅力を紹介

コンパクトカーの魅力は、もちろんこれだけではありません。
コンパクトカーの人気の理由や魅力を次の点から紹介します。

乗り心地がよい
・ハイブリッドカーもある
・運転しやすい

乗り心地がよい

軽自動車はサイズが小さいため、車内空間が狭く感じられる車種も多くあります。
一方でコンパクトカーは軽自動車よりも大きいため、その分車内も広く感じられるでしょう。
そのため比較的余裕をもって座ることができ、疲れにくいのがメリットといえます。

また、軽自動車と比べてコンパクトカーはホイールベースが長い設計となっており、安定した走りを見せてくれます。
ホイールベースとは、前輪〜後輪の車軸間の長さのことです。ホイールベースが長いと、その分路面の起伏に対して余裕が持てるので、安定した走行が望めます。

一方、ホイールベースが短いと前輪が起伏を超えてすぐに後輪が同じ起伏にさしかかることになります。そのため、ホイールベースが短いと短時間に連続して衝撃をうけることになり、ガタゴト大きく揺れてしまうのです。

燃費のよいハイブリッドカーもある

コンパクトカーの中には、燃費を重視したハイブリッドカーもあります。

ハイブリッドカーはエンジンへの負荷の度合いなどによってモーターとエンジンを切り替えることで、燃費性能をよくしています。街乗り走行でもハイブリッドカーの恩恵を受けることは可能です。

軽自動車にもハイブリッドモデルはありますが、低価格が売りの軽自動車には高価なハイブリッド性能は搭載しにくく、種類はあまり多くありません。
より多くのモデルからハイブリッドカーを選べるのはコンパクトカーの魅力といえるでしょう。

コンパクトがゆえに運転をしやすい

運転がしやすいということも、コンパクトカーに人気がある理由の一つです。街中などの細い路地を運転する際や、狭いコインパーキングでも小回りが利くため、ストレスのない運転が可能です。

購入前に知っておこう!コンパクトカーを選ぶ際のポイント

新車であれ中古車であれ、車を買うというのはかなり大きな買い物となります。
そんな大事な買い物で失敗しないように、車を購入する前に下記のポイントを確認しましょう。
コンパクトカーを選ぶ際のポイントは以下の4つです。

  • ハイブリッドカーか、ガソリン車かを選ぶ
  • 車内空間は実際に見て確かめる
  • 安全装置の有無や機能を確認する
  • 乗り心地・ハンドル操作の感覚を確認する

ハイブリッドカーかガソリン車かを選ぶ

コンパクトカーを選ぶ第一のポイントとしてハイブリッドカーか、ガソリン車かというものが挙げられます。

ガソリン車は購入時の費用を抑えやすい一方、ハイブリッドカーは維持費の方が抑えやすくなっています。燃料費が少ないだけでなく、エコカー減税をはじめとした税金の優遇制度も利用できます。

購入費を抑えたいのであればガソリン車、維持費を重視するならハイブリッドカーを選ぶのがおすすめです。

関連記事:車の維持費が馬鹿らしいと感じる方に!維持費を抑えるコツを紹介

車内空間は実際に見て確かめる

車を購入する前は現車で車内空間を確認しましょう。カタログで車高や車幅の確認は可能ですが、実際に体感することで使用する際のイメージが湧きます。

普段の買い物の荷物はどれくらい載せるのか、子どもやお年寄りが身近にいる場合は乗り降りがしやすいのか、アウトドアが多い場合は道具の積みこみが楽にできるかなど、試乗を通じてイメージを固めましょう。

安全装置の有無や機能を確認する

安全装置の有無や機能の確認も購入前に行いましょう。以下はメジャーな車種に装備されている装置や機能の一例です。

衝突回避支援ブレーキ機能

周辺の車や歩行者との距離を検知し、回避のサポートをする機能です。走行速度に制限がある場合があります。

踏み間違い加速抑制機能

アクセルとブレーキの踏み間違いによる急加速、衝突を回避するための機能です。

パノラミックビューモニター

車を真上から見た映像をモニターに映し、駐車を支援する機能です。

乗り心地・ハンドル操作の感覚を確認する

運転のしやすさや乗り心地は、試乗することで確認できます。エンジンを停止しているときと運転中とではシートに座る感覚が異なります。可能であれば友人や家族に現車を運転してもらい、運転席以外の感覚も確認したいところです。

また、ハンドル操作の感覚も確認しましょう。コンパクトカーは小回りが利くとはいえ、操作のしやすさは実際に運転してみないことには分かりません。

人気のあるおすすめコンパクトカーをランキングで紹介

ここでは人気のあるコンパクトカーをランキング形式で紹介します。

「これからコンパクトカーに乗りたい人」、「ワゴン車やファミリーカーからコンパクトカーに乗り換えたい人」などにおすすめの車を選抜し、順位を付けています。

車ごとにおすすめの人の特徴も紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事:ハッチバックとはどんな車?特徴やおすすめの車種、メリット・デメリットを紹介!

1位【トヨタ】ヤリス

ヤリスは車の基本性能とされる「走る」「曲がる」「止まる」を追求した車であり、操作性に優れています。トヨタの予防安全機能である「Toyota Safety Sense」が標準装備されているため、運転に自信がない人も安心して運転できます。運転しやすいコンパクトカーを探している人におすすめの1台です。

※紹介グレードは「G」

メーカートヨタ
車名ヤリス
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,940×1,695×1,500mm
車両重量1,000kg
総排気量1,490cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク40L
駆動方式FF
トランスミッションDirec Shift-CVT
カラー・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・ブラック
・センシュアルレッドマイカ
・アイスピンクメタリック
・コーラルクリスタルシャイン
・アバンギャルドブロンズメタリック
・サーモテクトライムグリーン
・ダークブルーマイカメタリック
・シアンメタリック
・ブラック×シアンメタリック
・ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック
・ブラック×コーラルクリスタルシャイン
・ブラック×アイスピンクメタリック

2位【日産】ノート

日産 ノートには「プロパイロット」という運転支援機能が搭載されており、車間距離を一定に保つことやカーブの減速支援などを期待できます。高速道路など長距離も快適にドライブできるでしょう。遠出が多い人におすすめのコンパクトカーです。

※紹介グレードは「S」

メーカー日産
車名ノート
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,045×1,695×1,505mm
車両重量1,220kg
総排気量1,198cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式FF
トランスミッション
カラー・ビビッドブルー×スーパーブラック2トーン
・オペラモーブ×スーパーブラック2トーン
・ガーネットレッド
・プレミアムホライズンオレンジ
・バーガンディー
・オリーブグリーン
・オーロラフレアブルーパール
・オペラモーブ
・スーパーブラック
・ダークメタルグレー
・ブリリアントシルバー
・ピュアホワイトパール

3位【トヨタ】アクア

アクアはハイブリッドカーです。走り出しは電気モーターならではのスムーズな加速を味わえます。荷室は開口部と奥行きを広く確保しているため、買い物の際も荷物を載せやすいです。まとめ買いをよくする人、ハイブリッドカーに関心がある人におすすめのコンパクトカーです。

※紹介グレードは「Z」

メーカートヨタ
車名アクア
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,050×1,695×1,485mm
車両重量1,130kg
総排気量1,490cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式FF
トランスミッション
カラー・プラチナホワイトパールマイカ
・シルバーメタリック
・ブラックマイカ
・エモーショナルレッドⅡ
・クリアベージュメタリック
・ブラスゴールドメタリック
・アーバンカーキ
・ダークブルーマイカメタリック

4位【ホンダ】フィット

引用元:本田技研工業株式会社

フィットはコンパクトな車体と荷物の積み込みやすさを両立した車です。開口部の一番下から地面までの高さが低く設計されているため、大きい荷物を積み込みやすくなっています。ファミリーカーからのサイズダウンを検討している人にもおすすめの1台です。

※紹介グレードは「BASIC」

メーカーホンダ
車名フィット
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,995×1,695×1,540mm
車両重量1,070kg
総排気量1,317cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク40L
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機
カラー・プレミアムサンライトホワイト・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・プラチナホワイト・パール
・ルナシルバー・メタリック
・メテオロイドグレー・メタリック
・エアーライトブルー・メタリック
・ミッドナイトブルービーム・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・ローズゴールド・メタリック

5位【スズキ】スイフト

スイフトは走行性能のよさが魅力です。車両の軽量化に成功したボディは足回りの性能を最大限に発揮できる作りとなっています。悪路の走破性もよいため、さまざまな場面で快適にドライブを楽しめるでしょう。走行性能にこだわりたい人向けのコンパクトカーです。

※紹介グレードは「XG」

メーカースズキ
車名スイフト
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,845×1,695×1,500mm
車両重量890kg
総排気量1,242cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク37L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・スターシルバーメタリック
・スーパーブラックパール
・ピュアホワイトパール
・スピーディーブルーメタリック
・バーニングレッドパールメタリック
・ラッシュイエローメタリック シルバー2トーンルーフ
・フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ

6位【マツダ】MAZDA2

MAZDA2は、2019年9月に車名がデミオから変更され、同じタイミングで最新鋭の制御装置「GVCプラス」が標準装備されました。GVCプラスにより、コーナリング時の車の安定性が高まります。コンパクトカーの走りに安定性を求める人におすすめの車です。

※紹介グレードは「15S Proactive」

メーカーマツダ
車名MAZDA2
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,065×1,695×1,500mm
車両重量1,060kg
総排気量1,496cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク44L
駆動方式2WD
トランスミッション
カラー・スノーフレイクホワイトパールマイカ
・ジェットブラックマイカ
・ディープクリスタルブルーマイカ
・エターナルブルーマイカ
・ソニックシルバーメタリック
・ディープクリムゾンマイカ
・マシーングレープレミアムメタリック
・ソウルレッドクリスタルメタリック
・セラミックメタリック
・ポリメタルグレーメタリック
・プラチナクォーツメタリック

                           

7位【トヨタ】ルーミー

ルーミーは車内空間を快適に使える車を探している人向けです。トランクの荷室と後部座席がつながっているため、後部座席を倒すことで広い荷室として利用できます。週末に買いだめをする場合も困ることはないでしょう。

※紹介グレードは「G」

メーカートヨタ
車名ルーミー
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,705×1,670×1,735mm
車両重量1,090kg
総排気量996cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・レーザーブルークリスタルシャイン
・ターコイズブルーマイカメタリック
・クールバイオレットクリスタルシャイン
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ファイアークォーツレッドメタリック
・ブライトシルバーメタリック
・ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・パールホワイトⅢ
・ブラックマイカメタリック

8位【スズキ】ソリオ

ソリオは外出先でアクティブに活動したい人におすすめのコンパクトカーです。荷室の床下にはサブトランクがあるため、多くの荷物を運ぶことができます。また、シートアレンジによって自転車を積むことも可能です。

※紹介グレードは「G」

メーカースズキ
車名ソリオ
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,790×1,645×1,745mm
車両重量960kg
総排気量1,242cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク32L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・スーパーブラックパール
・ピュアホワイトパール
・スターシルバーメタリック
・クラッシーブラウンメタリック
・ネオンブルーメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・フレイムオレンジパールメタリック
・メロウディープレッドパール

9位【トヨタ】カローラスポーツ

カローラスポーツはスポーツタイプのコンパクトカーを探している人におすすめです。重心が低くスポーティな見た目が特徴です。衝突防止ブレーキをはじめとした運転支援機能も搭載しています。

※紹介グレードは「G」

メーカートヨタ
車名カローラスポーツ
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,375×1,790×1,460mm
車両重量1,310kg
総排気量1,196cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク50L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・プラチナホワイトパールマイカ
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
・エモーショナルレッドⅢ
・アティチュードブラックマイカ×プラチナホワイトパールマイカ
・アティチュードブラックマイカ×エモーショナルレッドⅢ

10位【ホンダ】シビック(ハッチバック)

引用元:本田技研工業株式会社

シビックはスポーティな走りを楽しめるスタイリッシュな見た目の車です。シートが大きめに設計されているため、長距離走行でも疲れにくいでしょう。3種類のドライブモードスイッチがあり、スポーツモードでは加速を楽しめます。乗り心地のよいコンパクトカーを探している人におすすめの車です。

※紹介グレードは「LX」

メーカーホンダ
車名シビック
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,550×1,800×1,415mm
車両重量1,360kg
総排気量1,496cc
使用燃料ハイオク
燃料タンク47L
駆動方式FF
トランスミッションCVT
カラー・プラチナホワイト・パール
・クリスタルブラック・パール
・ソニックグレー・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・プレミアムクリスタルブルー・メタリック

2022年9月2日、待望の新型シビック TYPE Rが発売

スポーツモデルの本質的価値の「速さ」、官能に響く「ドライビングプレジャー」が両立する究極のピュアスポーツ性能を搭載しています。

11位【ダイハツ】トール

トールは、車内空間が広いため子育て世帯に人気のある車両です。ドア付近に乗降用の大型グリップがついており、小さなお子さまでも簡単に乗り降りができます。また後部座席は左右が独立しているため、シートアレンジの幅も広いです。荷物が多い人にもおすすめのコンパクトカーです。

※紹介グレードは「G」

メーカーダイハツ
車名トール
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,700×1,670×1,735mm
車両重量1,080kg
総排気量996cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・ターコイズブルーマイカメタリック
・コンパーノレッド
・レーザーブルークリスタルシャイン
・ファイアークォーツレッドメタリック
・パールホワイトⅢ
・ブリリアントカッパークリスタルマイカ
・ブライトシルバーメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック

12位【三菱】デリカD:2

デリカD:2は、週末の買い物やアウトドアで車に多くの荷物を積みたい人におすすめのコンパクトカーです。荷室の開口部が広く設計されているため、大きな荷物も積み込みやすいです。駐車をサポートする「全方位モニター」も標準で搭載されています。

※紹介グレードは「HYBRID MZ」

メーカー三菱
車名デリカD2
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,790×1,645×1,745mm
車両重量1,000kg
総排気量1,242cc
使用燃料32L
燃料タンクレギュラー
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・メロウディープレッドパール
・ピュアホワイトパール
・スターシルバーメタリック
・クラッシーブラウンメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・スーパーブラックパール

13位【スバル】ジャスティ

ジャスティは広い車内空間を生かし、買いだめをする際などに使い勝手がよい車です。両側にスライドドアを採用しているため、駐車場が狭くても荷物の積み込みが簡単です。「ミニバンでは大きすぎるから、一回りコンパクトな車を探している」という人におすすめの車です。

メーカースバル
車名ジャスティ
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,705×1,670×1,735mm
車両重量1,090kg
総排気量996cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
カラー・パール・ホワイトⅢ
・ブライトシルバー・メタリック
・ブラック・マイカメタリック
・プラムブラウンクリスタル・マイカ
・ファイアークォーツレッド・メタリック
・レーザーブルークリスタルシャイン
・ブリリアントカッパークリスタル・マイカ
・ターコイズブルーマイカメタリック
・ブラック/レーザーブルークリスタルシャイン
・ブラック/ブリリアントカッパークリスタル・マイカ
・ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック
・ブラック/パール・ホワイトⅢ
・ブラック/ターコイズブルーマイカメタリック

14位【ホンダ】フリード

引用元:本田技研工業株式会社

フリードはコンパクトカーの中では大きめの車です。そのためお子さまの部活の送迎や家族での外出が多い人におすすめです。予防安全機能は、歩行者事故低減ステアリング、誤発進抑制機能などが備えられています。

※紹介グレードは「G」

メーカーホンダ
車名フリード
ボディタイプミニバン
ドア数5ドア
全長×全幅×全高4,265×1,695×1,710mm
車両重量1,360kg
総排気量1,496cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク36L
駆動方式FF
トランスミッションCVT
カラー・プレミアムクリスタルブルー・メタリック
・シルバーミントグリーン・メタリック
・プラチナホワイト・パール
・スーパープラチナグレー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック
・フィヨルドミスト・パール
・トワイライトミストブラック・パール

15位【日産】マーチ

マーチは予防安全装置が充実したコンパクトカーで、インテリジェントエマージェンシーブレーキ(歩行者を検知し衝突を防ぐ)、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報、ハイビームアシストなどを装備しています。安全性能が高く、運転が得意ではない人にもおすすめできる1台です。

メーカー日産
車名マーチ
ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
全長×全幅×全高3,825×1,665×1,515mm
車両重量950kg
総排気量1,198cc
使用燃料レギュラー
燃料タンク41L
駆動方式FF
トランスミッションCVT
カラー・ナデシコピンク
・ダークブルー
・スプリンググリーン
・プレミアムホライズンオレンジ
・チタニウムカーキ
・ブリリアントホワイトパール
・ラディアント レッド
・ピュアブラック
・カプリブルー
・ブリリアントシルバー
・ナイトベールパープル

まとめ

この記事ではコンパクトカーの定義や選び方、人気のあるモデルを紹介しました。コンパクトカーには明確な定義がありませんが、各車の個性はお分かりいただけたかと思います。
コンパクトカーを購入する際は「どのような使い方をするのか」「燃費など優先したいポイントは何か」を明らかにして選びましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。