【2023年秋】新型クラウン スポーツのスペックを解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

新型クラウンの概要

トヨタは2022年7月15日に16代目となる新型クラウンを発表しました。

今回発表されたデザインには従来の伝統的な「セダン」の他、「スポーツ」「エステート」そして、もう販売されている「クロスオーバー」を含めて4つのボディタイプがあります。

今回は、新しく生まれ変わった新型クラウンのなかでも、フェラーリやランボルギーニなど海外有名メーカーの人気モデルを彷彿させると話題のスポーツタイプについて概要や特徴を解説します。

関連記事:「このクルマ、なかなかすごいぞ」新型レクサスRX試乗記〜3グレードは走りにも“個性”があった〜

クラウンの歴史

セダンの代名詞として長年人気を獲得しているクラウンは、トヨタのセダンのなかでも長く続くモデルです。

クラウンは戦後初の純国産車として登場し、主にタクシーで利用することをメインに本格的に乗用車と認められた車です。
この歴史こそが、現行モデルまで受け継がれるクラウンの品格や高級感を象徴する理由にもなっているといえます。

関連記事:歴代クラウンの内装をいつクラの8代目から画像で紹介!ゼロクラや今のクロスオーバーも!

新型クラウン スポーツの特徴

トヨタの公式サイトでは、新型クラウンのスポーツタイプを「エモーショナルで創造的な雰囲気を持ち、乗り降りや運転のしやすいパッケージと共に、俊敏でスポーティな走りが楽しめる、新しいカタチのスポーツSUV」と紹介されています。

HEVとPHEV

クラウン スポーツにはHEV、PHEVの2つの動力源があります。

2024年販売のクラウン エステートと同じですが、クラウン セダンはHEV、FCEVで販売予定です。

関連記事:トヨタのEV戦略や水素社会への取り組みに対して海外の反応は?

新型クラウン スポーツのサイズ

全長(mm)4,710
全幅(mm)1,880
全高(mm)1,560
ホイールベース(mm)2,770
タイヤサイズ(in)21
定員(名)5

新型クラウン スポーツのカラー

モノトーンとしては以下の

  • ホワイト
  • ブラック
  • シルバー
  • レッド
  • ブロンズ
  • イエロー

の6色に加え、ブラック以外の5色はブラックとのバイトーンがあり、合計で11色あることになります。

クラウン クロスオーバーのカラーから考えると、

  • プレシャスホワイトパール
  • ブラック
  • プレシャスシルバー
  • エモーショナルレッド
  • プレシャスブロンズ
  • プレシャスレイ

という名前である可能性があります。

関連記事:クラウン クロスオーバーは「新しい時代」へ。内装・外装・デザインを解説

新型クラウン スポーツがおすすめの人はどんな人?

新型クラウンのスポーツタイプは、どんなライフスタイルや趣味を持った人におすすめなのかを解説します。

あらゆるシーンに対応するスポーツSUVに乗りたい人

新型クラウンのスポーツタイプは俊敏でスポーティな走りを楽しめます。

一部の車好きの間では、スポーツタイプを前面から見たときのフォルムが年内に発売予定のフェラーリ「プロサングエ(Purosangue)」に似ていると話題で、見た目重視、スポーツカーに似たデザインが好みの層からは人気が出ることが予想されています。

最新技術やテクノロジー、新しいもの好きな人にもおすすめ

まだ詳細は発表されていませんが、従来のセダンの高級感を引き継いだデザインや機能の高さはもちろんのこと、エンジンや駆動方式などに最新技術やテクノロジーなどを取り入れた新しいもの好きの人にもおすすめです。

まとめ

従来のセダンの常識を覆した新型クラウン スポーツは、から順次発売が開始されます。
今後、機能の追加や特別仕様車などが出てくる可能性もあり、ますます目が離せないでしょう。

家族の送迎や買い物といった日常生活だけではなく、スポーティで快適な走行を楽しみたい人やレジャーやアウトドアも楽しみたい人は、スポーツタイプのクラウンの詳細をぜひチェックしてみてください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。