車のエンジンがかからない!しばらくするとかかる時の原因と対策

車のエンジンがかからないというトラブルに遭遇したことはありませんか?

エンジンがかからない状態が続くと不安になりますが、しばらく待つと突然かかるという経験をしたことのある方もいるでしょう。

本記事では、そんな謎のエンジントラブルに焦点を当て、その原因と対処法について解説します。

関連記事:車のエンジンがかからない!対処法と修理費用の相場を紹介

車のエンジンがかからないがしばらくするとかかる?

いつも通り運転していたのに、一度停めたら車のエンジンがかからないという状況では、何が起こっているのでしょうか。

車のエンジンがかからない状況を説明します。

車のエンジンがかからないとはどういう状況か

車のエンジンがかからない状態は、キーを回してもエンジンが動かない状況です

エンジンが動かないと、正常に始動せず車が走り出しません。

バッテリーの不足やセルモーターの故障、燃料供給の問題など、他にもあらゆる可能性が存在します。

一方エンジンがかからない場合でも、ライトが点灯する、セルモーターが回っているという状況もありえます。

エンジンがガクガクなったり、異臭がしたりすることもあり、突然の事態にパニックにならないように対策する必要があります。

車のエンジンはかからないが、セルは回っている

「車のエンジンはかからないが、セルは回っている」という状況では、セルモーターは正常に動作しており、ガリガリという音がします。

「セル」とは「セルモーター(またはスターターモーター)」のことであり、正常に動作している状況のことを指して「セルが回る」と表現します。

キーを回すと、セルモーターが回り始め、エンジンを動かそうとし始めます。

エンジンがかからない場合でも、セルモーターが通常に作動する場合は、ガリガリと言う音がします。

その場合はセルモーター以外の原因でエンジンがかかっていないと考えられます。

このセルモーターが回り続ける状態でしばらく待ってからキーを回すと、エンジンがかかる場合があります。

車のエンジンはかからないが、ライトはつく

エンジンがかからないのにライトがついているという場合は、少なくとも電装系統は基本的に動作している状況です

ライトやその他の電装品が点灯すると言うことは、バッテリーは十分充電されている状態です。

電装系統は正常に動作しているため、エンジンがかからない原因はそれ以外にあることがわかります。

一部の電装品は、電力が小さくてもつくことがあり、その場合はエンジンをかけるには電力が不十分である可能性があります。

関連記事:エンジンがかからない!原因は?確認すべきことや対処法を紹介!

車のエンジンがかからない原因

上記では「エンジンがかからないが、しばらくするとかかる」という状況について紹介してきました。

次ではエンジンがかからない原因を解説します。

バッテリー関連のトラブル

エンジンがかからない原因として最もよく挙げられるのが、バッテリー関連のトラブルです

バッテリーが十分に充電されていない、ターミナルが緩んでいる、あるいはバッテリーが寿命を迎えている場合があります。

「バッテリー上がり」は、ルームランプやハザードランプなどランプ類をつけっぱなしにしてしまったことにより引き起こすケースが多いです。

またバッテリーは消耗品のため使用期間が長いと蓄電力が弱くなり、バッテリー上がりを起こしやすくなります。

バッテリー交換は、3〜5年をめどに行いましょう。

バッテリー以外の部品のトラブル

バッテリー以外の部品のトラブルには以下のものが考えられます。

セルモーターの故障

セルモーターが正しく作動しないと、エンジンが回りません

ウンともスンとも言わない時、カチカチなるだけでキュルキュル回る音がしない時もセルモーターの不調が原因です。

セルモーターは10年〜15年、もしくは10万〜15万キロ走行での交換がめどです。

燃料系統の異常

燃焼ポンプが不良を起こすと、燃料がエンジンに供給されないため、エンジンがかかりません

燃焼ポンプなどの燃料系の異常の場合はセルモーターが回ることがあったり、つい先ほどまで動いていたのにエンジンを止めたらそのあと急に動かなくなったりということがあります。

「叩けばなおる」という説もありますが、徐々に不具合が大きくなってしまうので、初期の段階で車を整備に出すことおすすめします。

オルタネーターの故障

オルタネーターとは、エンジンが作動している際に発電し、バッテリーを充電する「発電機」の役割を持っており、車の電気系統において重要な部品です。

オルタネーターが故障した場合、発電が行われなくなるためバッテリーへの充電が行われず、バッテリーが不足してしまう可能性があります。

その結果、エンジンがかからなくなってしまいます。

エンジンの故障

当然のことですが、エンジン自体が故障してしまうとエンジンがかからなくなります。

エンジンは燃料供給や点火、排気など多くの要素が連携して正常に作動するため、その構造も複雑です。

エンジンの故障はさまざまな要因によるものが考えられ、例えば点火プラグの劣化、オーバーヒート、燃料ポンプの故障、オイル切れ、エンジン制御ユニットの不具合などが挙げられます。

これらのいずれかが原因でエンジンが正常に動作しなくなると、エンジンがかからなくなってしまいます。

それ以外の原因

それ以外にエンジンがかからない原因は様々です。

イグニッションコイルなどの点火系統の不具合、セキュリティシステムの不具合、エンジンコンピューターの故障などが挙げられます。

また寒い日にも「エンジンがかからないが、しばらくするとかかる」という現象が起こります。

寒い日は、バッテリー性能が低下したり、エンジンが冷え切ってしまったりして、車が動かないことがあります

周囲の温度の上昇により、これらが解決されるとエンジンがかかるということが起きます。

エンジンがかからない時にまず確認すること

車のエンジンがかからない時に焦らないよう、対処法を理解しておくと良いです。

どのような状況かを把握し、その上でエンジンがかかるか確かめるようにしましょう。

エンジンがかからない時はまず下記の5つを確認しましょう。

  • シフトレバーをPに入れる
  • (スマートキーの場合)キーの電池切れ
  • ハンドルロックがかかっている
  • ブレーキをしっかり踏めていない
  • ガソリンが入っていない

しばらくして再度エンジンがかかるか試して、なおもエンジンがかからない場合は、どんな状況かを確認しておくと良いでしょう。

バッテリー上がりの場合

エンジンがかからない時の多くはバッテリー上がりです。

バッテリー上がりの症状としては「ヘッドライトが暗い・つかない」「セルが回らず『カチカチ』という音がする」というものがあります

バッテリー上がりを起こした場合は、別の車から電力を分けてもらうか、ジャンプスターターを使用する方法があります。

ジャンプスターターはあらかじめ用意しておく必要があるため、使用が限定されます。

別の車から電力を分けてもらう場合は、「ハイブリッド車からは電気が分けられない」「バッテリーの電圧が揃っている必要がある」ことに注意しましょう。

関連記事:バッテリー上がりが起きた車、どのような対処法がある?症状や原因を解説!

まとめ

車を運転していると、いきなりエンジンがかからない!という不調に出会うことがあります。

バッテリー上がりや、各パーツの不良・寿命など原因は様々です。

まずは手順通りにエンジンをかけているかを確認しましょう

バッテリーが上がってしまったという時に備えて、ジャンプスターターを事前に用意しておいたり、別の車から電力を分けてもらう方法を学んでおくと良いです。

また原因が特定できたとしても、セルモーターや燃焼系のトラブルは、プロの整備が必要です。

ロードサービスや保険会社の連絡先を自車に乗せておくと良いでしょう。

自動車の定期的なメンテナンスも大切です。

万が一に備えて、楽しいカーライフをお過ごしください。

出光のカーリース・ポチモへ
出光のカーリース・ポチモへ

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。