日産フーガのカタログ燃費と実燃費をクラウンアスリート・レクサスISと比較

フーガは、2022年まで販売されていた日産自動車の高級ラグジュアリースポーツセダンです。

この記事ではフーガの概要やカタログ燃費、実燃費、フーガのライバル車のカタログ燃費や実燃費、フーガの魅力やフーガにおすすめな人などを解説します。

関連記事:【2024年】かっこいいセダンのおすすめランキング人気国産車種12選!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

フーガの概要

日産フーガ2004年モデル
日産 フーガ(2004年モデル)
出典:日産自動車

日産自動車が製造・販売していたフーガは、セドリック・グロリアの後継車として2004年10月に発売された高級スポーティセダンです。

初代フーガに搭載されたエンジンはV型6気筒の2.5Lおよび3.5Lエンジンで、3.5Lエンジン搭載車にはアテーサE-TS搭載の四輪駆動モデルもラインナップされています。

翌年の2005年にはV型8気筒の4.5Lエンジン搭載のモデルが追加されました。

日産フーガ450GT(2005年モデル)
日産 フーガ 450GT(2005年モデル)
出典:日産自動車

トランスミッションは全車マニュアルモードを備えた5速オートマチックミッションを搭載し、路面状況に適したギアを自動で選択する「アダプティブシフトコントロール」や、マニュアルモードでのシフトダウン時にエンジン回転数を高めてギアと同期させる「シンクロレブコントール」を採用しています。

2009年11月にはフルモデルチェンジを受け、2代目フーガが誕生しました。

日産フーガ370GT Type S(2009年モデル)
日産 フーガ 370GT Type S(2009年モデル)

搭載エンジンはV型6気筒の2.5Lおよび3.7Lエンジンがラインナップされ、翌年の2010年11月には3.5Lのハイブリッドモデルが追加されました。

トランスミッションはマニュアルモード付フルレンジ電子制御7速オートマチックトランスミッションを全車に採用、さらにドライブモードセレクターにより「STANDARD」「SPORT」「ECO」「SNOW」の4つのモードの切り替えでドライバーの好みや路面状況に合わせた運転が可能です。

フーガのカタログ燃費と実燃費について

フーガのカタログ燃費は以下の通りです。

※参考元:フーガ|諸元表

HYBRID VIP/HYBRID/ HYBRID A PackageFR
WLTCモード(km/L)12.8
市街地モード(km/L)11.1
郊外モード(km/L)10.6
高速道路モード(km/L)16.0
370GT Type SFR
WLTCモード(km/L)8.7
市街地モード(km/L)5.4
郊外モード(km/L)9.4
高速道路モード(km/L)11.1
370VIP/370GTFR
WLTCモード(km/L)10.2
市街地モード(km/L)6.6
郊外モード(km/L)10.9
高速道路モード(km/L)12.7
250VIP/250GT/250 GT A PackageFR
WLTCモード(km/L)10.2
市街地モード(km/L)6.6
郊外モード(km/L)10.9
高速道路モード(km/L)12.7
370GT FOUR/370GT FOUR A Package4WD
WLTCモード(km/L)8.3
市街地モード(km/L)5.2
郊外モード(km/L)8.9
高速道路モード(km/L)10.5

燃費性能は、走り方や車の状態によって変化します。ここでは「e燃費(実際に車を所有している人により、燃費情報が共有されているWebサイト)」の情報とカタログ燃費を比較しました。

駆動方式グレードカタログ燃費
WLTCモード
(km/L)
実燃費(km/L)
2WDHYBRID VIP/ HYBRID/HYBRID
A Package
12.811.7
2WD370GT Type S8.7なし
2WD370VIP/370GT9.26.6
2WD250VIP/250GT/
250GT
A Package
10.26.4
4WD370GT FOUR/
370GT FOUR A Package
8.39.4
※参考元:e燃費

フーガの実燃費をカタログ燃費と比較した場合、カタログ燃費の市街地モードとほぼ変わらない数値でした。
ただし、370GT FOUR/370GT FOUR A Packageではカタログ燃費の市街地モードが5.2km/L、実燃費が9.4km/Lと大きな開きがありました。

フーガのライバル車の燃費

フーガのライバル車として、トヨタ・クラウンアスリートとレクサス・ISがあります。ここからは、ライバル車の燃費をご紹介します。

クラウンアスリートのカタログ燃費

トヨタクラウンアスリート(2017)
トヨタクラウンアスリート(2017)特別仕様車 S-T “J-FRONTIER Limited”
出典:トヨタ自動車WEBサイト
ガソリンorハイブリッド/グレード
/JC08モード(km/L)
駆動方式
2WD4WD
3.5Lガソリン/アスリートG・アスリートS9.6
2.5Lハイブリッド/アスリートG(Four)・アスリートS(Four)・アスリート(Four)23.221.0
2.5Lガソリン/アスリートG i-Four・アスリートS i-Four・アスリートi-Four10.2
2.0Lターボガソリン/アスリートG-T・アスリートS-T・アスリートT13.4
※参考元:クラウンアスリート|諸元表

LEXUS ISのカタログ燃費

LEXUS IS500(2022:北米仕様)
LEXUS IS500(2022:北米仕様)
出典:LEXUS
IS 500FR
WLTCモード(km/L)9.0
市街地モード(km/L)5.5
郊外モード(km/L)9.5
高速道路モード(km/L)11.8
※参考元:IS|諸元表
IS 350FR
WLTCモード(km/L)10.7
市街地モード(km/L)7.0
郊外モード(km/L)11.2
高速道路モード(km/L)13.3
※参考元:IS|諸元表
IS 300hFR/4WD
WLTCモード(km/L)18.0/16.2
市街地モード(km/L)15.6/14.4
郊外モード(km/L)18.3/16.6
高速道路モード(km/L)18.8/16.8
※参考元:IS|諸元表
IS 300FR
WLTCモード(km/L)12.2
市街地モード(km/L)8.8
郊外モード(km/L)12.0
高速道路モード(km/L)14.7
※参考元:IS|諸元表

フーガの魅力について

ここからは、フーガの魅力について解説します。

ラグジュアリー感

フーガの魅力の一つとしてラグジュアリー感があります。
ロングノーズをはじめとしたワイドアンドロースタイル、内装は木目調フィニッシャーや本革シートを採用しクラストップレベルの室内空間と有効室内長を誇ります。

優れた走行性能

3.7L、3.5Lハイブリッド、2.5Lと豊富にラインナップされたエンジンと、7速オートマチックトランスミッションにより高速走行時の低燃費や静寂性を実現しています。

関連記事:【日産】フーガとシーマの違いは?購入するならどっちがおすすめ?

フーガはこんな人におすすめ

フーガは、高級感と走行性能のどちらも両立させた車が欲しい人におすすめです。

最上級の高級感や走りの力強さを求めたい人には370VIPや370GTなどのグレードを、高級感や走行性能、さらには燃費性能にもこだわりたい人はハイブリッドモデルを、大きなエンジンは必要ないが、ラグジュアリースポーツが気になる人には250VIPや250GTがおすすめです。

まとめ

この記事では、フーガの概要や燃費などを解説しました。

フーガとクラウンアスリートの実燃費の比較では、ほぼ同等の燃費性能でした。
また、ISとの比較では実燃費での比較はできなかったものの、カタログ燃費でほぼ同等の燃費性能です。

フーガは、ラグジュアリーと走行性能を両立させたい人にピッタリの車です。

とくに室内空間や室内長はクラストップクラスの広さであるため、よりゆったりとした上質な室内空間を求める人におすすめです。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。