ダイハツ ミラ トコットの燃費は?カタログ燃費や他車種とも比較!

ダイハツが生産・販売しているミラトコットは、ハッチバック型の軽自動車で、2018年にミラココアの後継車として誕生しました。

「ミラ」シリーズの一員として、ダイハツを象徴している車のひとつであり、安い価格やかわいらしい外観から人気を博しています。

今回は、そんなミラトコットの燃費を紹介します。

また、実燃費や、他の車種との比較も解説しますので、ぜひご参考になさってください。

関連記事:【2023年】人気の軽自動車ベスト25車種をおすすめランキングで紹介!選ぶポイントも解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

ミラ トコットの概要

ミラトコットは2018年にミライースの派生車種として誕生しました。

実は平成最後のダイハツ車でもあります。

2代目ミライースと同様に、ダイハツの安全性能「スマートアシストⅢ」が採用されています。

販売開始からフルモデルチェンジは行なわれておらず、現行モデルは初代ミラトコットです。

関連記事:軽自動車の購入ならダイハツはいかが?ダイハツ軽自動車の人気5台を紹介!

ミラトコットのグレード

ミラトコットにはエントリーモデルである、L“SA Ⅲ”と、G“SA”Ⅲの2つのグレードにより構成されています。

G“SA”Ⅲに追加されているものとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 2トーンホイールキャップ
  • オートカラードドアミラー
  • リヤスモークドドア
  • メッキメーターリング付単眼ミメーター
  • TFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイ
  • セラミックホワイトインパネガーニッシュ
  • シルバー加飾付ステアリングホイール
  • ファブリックドアトリム
  • メッキシフトレバーボタン
  • メッキシフトベゼル
  • メッキインナードアハンドル
  • メッキエアコンレジスタードアノブ
  • ヘッドレスト別体型フロントシート
  • シートヒーター
  • 運転席シフトリフター
  • キーフリーシステム
  • プッシュ式エアコン
  • スーパークリーンエアフィルター
  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • スーパーUV&IRカットガラス

上記のようなものは、G“SA”Ⅲに付属のみ装備されています。

ミラトコットのカタログ燃費

カタログに記載されている、国際的な燃費基準であるWLTCモードによると、グレードの間に燃費の差はなく、2WDと4WDの駆動方式による違いしかありません。

WLTCモードのカタログ燃費は以下の通りです。

関連記事:WLTCモードの燃費と実燃費の差はどれくらい?実例から違いを解説

2WD

WLTCモード(km/L)22.6
市街地モード(km/L)18.4
郊外モード(km/L)24.4
高速道路モード(km/L)23.8
※参考元:ミラトコット|諸元表

4WD

WLTCモード(km/L)21.5
市街地モード(km/L)17.5
郊外モード(km/L)23.1
高速道路モード(km/L)22.7
※参考元:ミラトコット|諸元表

上記のような燃費性能です。

なかなかの低燃費を実現しています。

ミラトコットのカタログ燃費は?

より実際の走行状態に近いWLTCモードでも実際の燃費とは差が出てしまいます。

実燃費は実際にミラトコットに乗っている方しかわからないのです。

今回は、みんカラという車のSNSサイトから引用して比較をしてみます。

2WD WLTCモードカタログ燃費(km/L)22.6
4WD WLTCモードカタログ燃費(km/L)21.5
2WD 実燃費(km/L)21.32
4WD 実燃費(km/L)21.30
※参考元|みんカラ

上記の表を見る限り、ミラトコットは実燃費とカタログ燃費に差はほとんどなく、実際に乗っている方々も満足しているようです

ミラトコットを他の車種と比較!

ミラトコットは他の似ている車と比較して燃費がいいと言えるのでしょうか。

今回は、スズキのラパン、マツダのキャロルと比較をしてみます。

スズキ ラパンと比較

スズキのラパンは、ミラトコットと同じく、かわいらしい外観と安価な価格設定から人気があります。

カタログ燃費性能は以下の通りです。

ミラトコット L“SA Ⅲ” 2WDラパン X 2WD
WLTCモード(km/L)22.626.2
郊外モード(km/L)18.423.6
市街地モード(km/L)24.427.8
高速道路モード(km/L)23.826.5
※参考元:ラパン|諸元表

マツダ キャロルと比較

マツダのキャロルは、スズキのアルトからOEM供給を受けており、本家のアルトから少し遅れた2022年12月にフルモデルチェンジをしました。

やはり同じくかわいらしさ、低価格が武器の車種です

カタログ燃費を比較すると以下のようになりました。

ミラトコット L“SA Ⅲ” 2WDキャロル GL 2WD
WLTCモード(km/L)22.625.2
郊外モード(km/L)18.423.0
市街地モード(km/L)24.426.0
高速道路モード(km/L)23.825.8
※参考元:キャロル|諸元表

ミラトコットならではの魅力

燃費性能では、ラパン、キャロルに負けてしまいましたが、ミラトコットならではの魅力があります。

エクステリアでは、全体的に四角いボディを持ちながらもヘッドライトやテールランプなど所々に取り入れた丸みがいいアクセントになっており、愛嬌のある表情をしています。

他の車種にはない特徴と言えるでしょう。

インテリアでも、おしゃれな隠れ家的なデザイン、ダイハツならではの多くの収納スペースとラゲージスペース、シートアレンジが可能で、快適に過ごせる室内空間を実現しています。

また、スマートアシストⅢが搭載されており、安全機能も十分な装備を整えています。

まとめ

今回は、ダイハツのミラトコットの燃費性能について、カタログ燃費、実燃費を紹介しました。

また、ラパン、キャロルとの比較もしました。

燃費性能では、両車に負けてしまいましたが、ミラトコットならではの魅力として、個性的なエクステリア、充実した機能を持つ収納スペース、ダイハツのスマートアシストⅢなど、さまざまな魅力があります。

決して数字では測れない魅力のあるミラトコットをこの機会にぜひご検討してはいかがでしょうか。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。