初めての中古車購入!買い方の流れや注意点を解説

インターネットが発達したことで、以前より中古車を購入するのが簡単になりました。

一方で、簡単になったとはいえ、初めて中古車を購入する場合は色々と不安を感じるでしょう。
中古車を購入する際の流れを事前に把握していれば、不安を解消できます。

今回は中古車の買い方の流れや必要となる書類、後悔しないために押さえておきたい注意点などを紹介します。

関連記事:新車と中古車、コスパがよいのは?それぞれの特徴を徹底比較!

中古車の買い方の流れとは?

中古車を購入する場合、中古車販売店かディーラーで中古車を購入するのが一般的な方法です。

  1. 中古車を販売している店舗を探す
  2. 気になる車がみつかったら、見積もりを取ってもらう
  3. 購入する車が決まったら、店舗に出向き契約を交わす
  4. 保険などの手続きを行い、お金を振り込む
  5. 納車を待つ

こうしてみると、案外簡単そうに思えてきませんか?
1と2のポイントは下記の通りです。

1. 中古車を販売している店舗を探す

現代ではインターネットを使って、各店舗にどういった車が販売されているかを確認することができます。
中古車を販売している店舗を手当たり次第に探すのではなく、まずはインターネットを活用して事前準備を行いましょう。結果的に時間の短縮にもつながります。

関連記事:カーリースと中古車購入、どちらがおすすめ?各メリットや特徴を比較

2. 気になる車がみつかったら、見積もりを取ってもらう

見積もりの中で気になる点があれば、その場で店舗スタッフへ確認することが大切です。

なお、同じ種類の車であっても店舗ごとで販売価格が異なるため、複数店舗で見積もりしてもらうことをおすすめします。

関連記事:中古で安いおすすめのSUVは?さまざまな種類のSUVを詳しく解説

中古車を購入する際に必要な書類

中古車の買い方の流れは把握できましたか?

次は、購入時に必要となる書類について押さえておきましょう。必要な書類を事前に把握しておくことで、購入する際に慌てずに済みます。

実印・印鑑証明書

普通車を購入する際は、実印が必要です。

軽自動車以外の車に関しては、家や土地などと同様に資産として扱われており、購入時に資産登録ならびに名義登録が必要となるからです。

また、実印と併せて印鑑証明書も必要になります。印鑑証明書とは、登録された印鑑が本物であると証明してくれる書類のことです。届け出を出している市区町村の役所で発行してもらえます。
なお中古車を購入する際は、印鑑証明書の原本が必要であるということには注意しましょう。
購入先によっては、印鑑証明書の有効期限を定めている店舗もあるため、注意が必要です。

また、条件によって必要な証明書の枚数などが変わってきます。
一括購入であれば1枚で済みますし、ディーラー系ローンであれば購入時の印鑑証明書は必要ありません。
乗り換えの場合は下取りや買い取りなども必要なパターンがほとんどですので、証明書が2〜3枚必要です。

関連記事:運転免許証とマイナンバーカードの一体化はいつ?どうすればいいか解説!

車検証・車庫証明書

車検証の正式名称は「自動車検査証」です。
該当する車が保安基準に適合しているのを証明してくれる書類のことを指します。

厳密にいえば、契約に必要な書類というわけではなく、納車時に店舗からもらう物です。重要な書類のため、忘れずに受け取るようにしましょう。

対して「車庫証明書」は契約に必要になる書類の一つです。正式名称は「自動車保管場所証明書」です。
自動車の保管場所があることを証明してくれる書類になります。管轄の警察署の窓口で発行してもらえます。

なお、店舗によっては車庫証明書の取得を代行してくれることもあるため、手間をかけたくない人は代行を依頼するのがおすすめです。

関連記事:車庫証明書の書き方!必要な書類と車庫証明の注意点を解説

委任状・住民票

中古車を購入する際、名義変更の手続きをする必要があります。

通常であれば車の購入者が行う手続きですが、平日に休みを取得する必要があったり手続きに手間がかかったりなどの理由から、販売店に代行依頼するのが一般的な流れです。
手続きを代行してもらうために委任状が必要になります。

住民票は軽自動車を購入する際に必要な書類です。
軽自動車購入時は実印や印鑑証明書が必要でない代わりに、住民票の提出が求められます。

購入する車によって手続きに違いはある?

中古車を購入する際はさまざまな手続きを行う必要があります。

一方で、購入する車が普通自動車か軽自動車かで必要になる手続きが変わってきます。

普通自動車は資産として扱われるのに対して軽自動車は資産として扱われません。
そのため、普通自動車を購入するのであれば資産登録や名義変更の手続きを行う必要があるのです。

中古車選びの手順とポイント

中古車を選ぶ際、押さえておくべきポイントがいくつかあります。中古車選びに失敗しないためにも事前に押さえておきましょう。

条件と予算を決めておく

車選びで迷わないためにも中古車を購入する際は「車に何を求めるのか」や「どういった機能が欲しいのか」など、自分の求める車像をあらかじめ洗い出しておくことが大切です。
事前に決めておくことで流れがスムーズに進むでしょう。

たとえば、家族が多いご家庭であれば大人数乗れるミニバンがおすすめといえます。

通勤用として使うのであれば、燃費がよいハイブリッド車がおすすめです。

また予算も事前に決めておきましょう。ガソリン車かハイブリッド車かで大きく販売価格が変わってきます。
希望する機能と予算を考慮して、自身に適した車を選ぶことが適切な買い方といえるでしょう。

関連記事:新車と中古車、コスパがよいのは?それぞれの特徴を徹底比較!

信頼できる業者・店舗から購入する

さまざまな業者が中古車を販売していますが、中には悪質な業者もいます。
不具合があるのにそれを告知しなかったり、代金を支払ったのにいつまでたっても納車されなかったりなどが考えられます。

車は安い買い物ではないため、失敗したら取り返しのつかないことになってしまいます。
中古車は信頼できる業者・店舗から購入するようにしましょう。

店舗に出向き雰囲気を確認したり、インターネットで口コミを確認したりすることで信頼できる業者・店舗かを判断できます。

関連記事:マイナンバーカードと運転免許証の一体化はどうなる?メリット・デメリットを解説!

中古車の購入後に後悔しないための注意点

中古車の購入後に後悔したくはないでしょう。後悔しないためにも以下で紹介することには注意が必要です。

維持費や駐車場の広さに注意する

車にかかる維持費や駐車場の広さなどを購入前に再確認しておきましょう。

たとえば、コンパクトサイズの車から大きなサイズの車に乗り換えた場合、今まで使用していた駐車場が狭く感じる可能性があります。場合によっては、乗り降りが難しくなるケースも考えられるでしょう。

カタログ上ではそれほど大差がなくても、数センチ幅が大きくなるだけで乗り降りのしやすさは変化します。
サイズ感については、事前に細かく確認しておくのがおすすめです。

また、維持費も購入前に再度確認しておきましょう。軽自動車から普通自動車に買い替えた場合は、税金の支払う額が大きくなります。またガソリン車かハイブリッド車かでかかる燃料代も変わってくるため、こちらも確認しておくことが大切です。

関連記事:車の維持費を抑えるコツとは?「維持費って馬鹿らしい!」と感じる方へ

実物を確認する

現代では、インターネットが発達したことで実際に店舗に出向かなくても物が購入できるようになりました。
新たな買い方が浸透してきたといえるでしょう。

自動車も例外ではありません。
インターネット上で契約し、郵送で書類を送付することで店舗に出向くことなく契約を成立させることができます。

ただし、車を購入する際は実物を確認することが非常に大切です。
写真で購入したい車のおおまかな状態は確認できます。しかし、細かな部分まで確認するのは難しいといえるでしょう。

実物を確認していないと、納車された際に写真では判断できなかった傷が入っていたり、見えない部分に傷が入っていたりなどが発生するかもしれません。

後悔しないためにも手間ではありますが、必ず実物を確認した上で契約するようにしましょう。

関連記事:中古車のタイヤは大丈夫?チェックポイントや交換の目安を紹介

まとめ

中古車の買い方について理解いただけたでしょうか。

中古車を購入する際は、まずどういった機能が欲しいのかや、どの程度まで支払えるのかなどを決めることが大切です。
また購入時には印鑑証明書や委任状、住民票などが必要になるため、事前に準備しておくことで手続きの流れがスムーズに進みます。なお購入する中古車が、普通自動車か軽自動車かによって必要な物が変わってくる点には注意が必要です。

中古車を購入して後悔しないよう、事前に準備をしておくことがベストです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。