カーリースの車検は誰が行うの?車検の費用はリース料金に含まれている?

カーリースは、自分が欲しい車をリース会社が購入し、契約者は月々のリース料金を支払いながら、その車を借りるという便利なサービスです。

カーリースの車の所有者はリース会社であり、契約者が使用者となるため、車検は誰が行うのか分からない人もいるでしょう。

この記事では、カーリースの車検は誰が行うのか解説します。

また、カーリースの車検を受ける場所や流れ、必要なものなどについても解説するため、参考にしてください。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?そう言われる理由と利用メリットを解説

ポチモバナー青
ポチモバナー青

カーリースの車検は誰が行うの?

結論から言うと、カーリースの車の車検は、基本的に使用者である契約者が行う必要があります。

ただし、カーリースの契約プランによって、車検の受け方が異なるため注意が必要です。

カーリースの契約プランは、「メンテナンスリース」「ファイナンスリース」の2種類があります。
そのため、自分がどちらの内容で契約しているのかを確認しておきましょう。

カーリースの車検費用はリース料金に含まれている?

カーリースは、月々のリース料金に車両費用や各種税金、自賠責保険料などが含まれているのが一般的です。

しかし、車検費用は自身が契約したプランによって異なります。

ここでは、プランごとに車検費用が含まれているのかについて解説します。

メンテナンスリース

メンテナンスリースは、車両価格や各種税金、自賠責保険料に加え、車検費用も月々のリース料金に含まれているプランです。

メンテナンスリースの契約ができるリース会社は、車検業者と提携しているため、車検費用を事前に設定して月々のリース料金に分割されます。

ただし、車検により部品の交換が必要になった場合の費用は、リース料金に含まれない可能性があるため、事前に契約内容を確認しておきましょう。

ファイナンスリース

ファイナンスリースには、車検費用が含まれていません。
そのため車検を行う際は、車検費用を別途用意する必要があります。

ただし、車検のタイミングで支払う自動車重量税や自賠責保険料、印紙代などはリース料金に含まれています。

カーリースの車検を受ける場所は?

車検、整備工場のイメージ

カーリースの車検を受ける際は、リース会社が指定した業者に依頼することもありますが、自身で業者を見つける必要がある場合もあります。

ここでは、カーリースの車検を受ける場所について解説します。

リース会社に指定されている場合

メンテンナンスリースのプランで契約している場合は、車検の業者をリース会社に指定されます。

指定されている業者で車検を受ければ、車検費用が月々のリース料金に含まれているため、別途費用を用意する必要がありません。

なお、指定されている業者以外で車検を受ける場合は、自身で車検費用を用意する必要があります。

自身で業者を探す場合

ファイナンスリースのプランで契約している場合は、車検業者を自身で探す必要があります。

車検を受けられる業者の一例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ディーラー
  • 自動車整備工場
  • 車検専門店
  • ガソリンスタンド
  • カー用品店

なお、自身で業者を探さなければならない場合は、リース料金に車検費用が含まれていないため、自身で車検費用を用意する必要があります。

可能な限り安く抑えたい場合は、いくつかの業者の相見積もりを出して選ぶのがおすすめです。

カーリースの車検に必要なものと流れ

車検の流れ、車検に必要な書類

ここでは、カーリースの車検に必要なものと流れについて解説します。

車検に必要なもの

カーリースの車検に必要なものは以下の通りです。

  • 身分証明書(運転免許証)
  • 自動車車検証
  • 自動車納税証明書または軽自動車税納税証明書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証明書)
  • 車検費用

上記のものを事前に用意して車検を受ける業者に行きます。

なお、車検費用はカーリースの契約プランによって不要になるため、事前に確認しておきましょう。

車検の流れ

車検の流れは、指定された業者で車検を受けるメンテナンスリースと、自身で車検業者を探すファイナンスリースによって異なります。

メンテナンスリース車検の流れは以下の通りです。

  • 車検の時期が近づくとリース会社より通知が届く
  • リース会社が指定する業者に車検の予約をする
  • 予約した日に業者に車を持ち込み受付を行う
  • 点検・整備を行う
  • 車検終了後、新しい自動車検査証と車検満了日が記載されたステッカーを受け取る

ファイナンスリースの車検の流れは以下の通りです。

  • 車検の時期よりも前に車検を受ける業者を探す
  • 業者で車検の見積もりを取る
  • 納得のいく業者を見つけたら車検の予約をする
  • 点検・整備を行う
  • 新しい自動車検証と車検満了日が記載されたステッカーを受け取る

業者別の車検の特徴

車検、業者

先述の通り、ファイナンスリースで契約をしている場合は、自身で車検の業者を探す必要があります。
そのため、業者ごとの車検の特徴について把握しておくことが大切です。

ここでは、業者別の車検の特徴について解説します。

ディーラー

ディーラーでの車検は、業者のなかでも費用が高額になるものの、最もクオリティが高いのが特徴です。

特にディーラーが取り扱っているメーカーの車は、技術や知識などの面で安心して任せられます。

さらに部品の交換が必要になった場合は、純正品を取りつけてくれるため安心です。

そのため、車検費用の予算に余裕がある人は、ディーラーに依頼するのをおすすめします。

自動車整備工場

自動車整備工場は技術力が高く、予算に合わせて中古部品を取りつけたり、交換せずに修理したりなど、費用を安く抑えられるのが特徴です。

また、幅広い車に精通しているため、車の種類を問わずに依頼できます。

ただし、土日は対応していないところが多く、少々利用しづらい点に注意が必要です。

車検専門店

車検専門店は、費用が安く抑えられ車検にかかる時間も短いのが特徴です。

車検専門店では、1日で車検が終わるのが一般的であり、なかには数時間で終わる業者もあります。

ただし、整備の技術やサービスは店舗によって異なるため、店舗選びに気をつける必要があります。
公式サイトや口コミなどをしっかり確認したうえで依頼しましょう。

ガソリンスタンドやカー用品店

ガソリンスタンドやカー用品店での車検は、普段から利用しているところに手軽に依頼できるのが特徴です。

車検費用が安く抑えられ、ガソリンスタンドであればガソリン割引サービス、カー用品店であれば作業工賃無料の特典などのアフターサービスが受けられることがあります。

ただし、これらの業者は車検や整備を専門としていないため、スタッフによって技術にばらつきがあったり、大掛かりな整備は外注し時間がかかったりなど注意する点もあります。

まとめ

この記事では、カーリースの車検を誰がするのか解説しました。

カーリースの車検は、リース会社ではなく契約者が行うのが一般的です。

車検を受ける場所は、契約プランによって異なり、メンテナンスリースの場合は、リース会社が指定する業者、ファイナンスリースの場合は自身で業者を見つける必要があります。

また、車検を行う業者は、ディーラーや自動車整備工場、車検専門店などがありますが、それぞれ特徴が異なるため、自身に合った業者に依頼することが大切です。

カーリースの利用を検討している人は、この記事を参考にカーリースの車検の方法について把握しておきましょう。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。