車を購入するときの支払い方法を一挙解説!最もお得な支払い方法は何?

車を購入する際、誰しも「少しでも安くお得に購入したい」と思うでしょう。

自動車購入時の支払い方法は、「現金一括払い」「カーローン」「クレジット払い」などから選べますが、それぞれ特徴があります。
本記事では、それぞれの支払い方法のメリット・デメリットを比較します。

一番最適な購入方法が見つかりますと幸いです。

関連記事:自分にあった車の選び方とは?年収別の選び方、人気車種などを解説

自動車購入時の支払い方法

新車であれ、中古車であれ、自動車の購入は決して安い買い物ではありません。

どのような支払い方法を選択するかによって、準備しておくべき費用が異なります。

ここから3つの支払い方法をご紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、「どの方法が自分に一番合っているのか?」「よりお得に購入できるのはどの支払い方法か?」参考になさってください。

関連記事:車の買い替え時期はいつがよい?必要書類や買い替えの注意点なども解説

現金一括払い

車の支払い方法として最もシンプルなのが現金一括購入です。

潤沢に現金があって全費用を賄える方や、できるだけ月々の支払いを抑えたい方、ローンを組みたくない方には最適の方法です。

関連記事:車の維持費が馬鹿らしいと感じる方に!維持費を抑えるコツを紹介

現金一括払いのメリット

現金一括払いのメリットはなんといっても金利がかからないことです。
あらゆる自動車の購入時の支払い方法の中でも、最も支払い総額が安いため、おすすめです。

もし近い将来、住宅ローンなどを組む予定がある場合は、高額のカーローンがあると審査に影響する場合がありますが、現金一括で支払ってしまえばその心配もありません。

また、何かと面倒なローンの手続きが少なく済む点もメリットと言えるかもしれません。

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉技術など一挙紹介

現金一括払いのデメリット

現金一括払いにもデメリットがあります。

たとえば、値引きなどの特典が少なくなる可能性があるという点です。
お客様がローンを組む場合、自動車販売店はローンの仲介業者となります。
その際に、自動車販売店はローン会社からキックバック(手数料)がもらえるのです。

販売店はその手数料を「原資」としてお客様へ値引きを行い、サービスを向上させています。
そのため、ローンを組んでくれるお客様には値引きやオプションサービスがつけやすくなります。

一方、お客様が現金一括払いを選択した場合は、ローンを組む際のキックバック(手数料)が自動車販売店に入らないため、値引きがしづらくなるそうです。

関連記事:車を初めて買う時の注意点とは?選び方や購入までの流れを解説

ローン支払い

ローン支払いとは、銀行などの金融機関にお金を借りて支払う仕組みのこと。

ローンを組む方法としては、銀行や信用金庫などのほかに、販売店経由で信販会社と契約するディーラーローンや、販売店が実施する自社ローンなどもあります。
また、将来の下取り価格(残価)を事前に設定し、総額から残価を差し引いた金額でローンを組む残価設定ローンなど、様々な種類があります。

ここから、ローン支払いのメリットとデメリットを解説します。

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?

ローン支払いのメリット

ローン支払いのメリットは、購入価格を分割して払っていけばよいため、高額な購入資金を一度に用意する必要がなく、少しの貯金からでも購入が可能であることです。

手元の現金が一気に減ることがないため、教育費などが必要な時期は無理せずに分割払いを選択し、経済的な余裕ができた時に残額を一括で支払い、ローンを終了することもできます。
ライフプランに合わせて設定できる点が安心です。

また、ローン会社から販売店へのキックバックがあれば、値引きやオプションサービスなどの特典を受けられるかもしれません。
ただし、ローンの途中解約には違約金が発生する場合がある点には注意したいところです。

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ?金利の違いも徹底解説!

ローン支払いのデメリット

ローン支払いのデメリットは、やはり金利がかかることでしょう。
ローン会社は大きく以下の3つに分けられます。

それぞれの特徴をご紹介します。

関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

1.銀行系ローン

銀行系ローンは、他のローンと比べて金利が低いというメリットがある一方、借り入れ条件が厳しく審査に時間がかかるというデメリットがあります。比較的、時間に余裕がある方にはおすすめかもしれません。

2.ディーラー系ローン

ディーラー系ローンは、代理店となる販売店から車の購入代金の値引きやオプションサービスなどを受けられることが多く、銀行系のローンに比べると審査も甘いというメリットがあります。
しかし、銀行系ローンに比べて金利が高く設定されている場合が多いので、最終的に支払い金額が多くなる場合もあります。
値引きやオプションサービスの特典内容に惑わされないよう注意が必要です。

また、ディーラー系ローンを組む場合は、車の所有権はディーラーのものとなり、ローンの支払いが終わるまでは所有権を持つことができない点も注意が必要です。

3.信販系ローン

信販系ローンは、簡単な審査だけを行い、申し込んだその場で完結することが多いのが特徴です。
他ローンでは審査が通らず、急いでローンを組みたいという方にはおすすめです。
しかし、他に紹介したローンの中で、もっとも高額な金利になる可能性があります。

以上の点から、目先の割引やオプションサービスだけで判断せず、支払い総額・金利・手元にいくらお金を残しておけば不測の事態に備えられるかなど、自身のライフプランに合わせてきちんと計画し、選択しましょう。

判断に悩む場合は、ファイナンシャルプランナーなど「お金の専門家」へ相談してみるのもおすすめです。

関連記事:新車購入の時期はいつがおすすめ?安く買えるタイミングを紹介!

カーリースという選択肢も

「車を購入する」という方法以外にも、お好きな車をマイカーのように利用できる「カーリース」という選択肢もあります。

カーリース最大のおすすめポイントは、毎月定額支払いで、お好きな新車に乗れること。まさにマイカー同様に利用できるという点です。
しかも、カーリースの毎月の利用料金には、「自動車取得税」や「自動車税」などの税金、「自賠責保険料」や「登録諸費用」「車検」などのメンテナンス料金まで含まれているプランがあります。
購入時のような初期費用もかからず、手続きもかんたんです。

関連記事:車を定額でリースする「カーリース」を具体的に解説|購入との違い

カーリースのメリット

カーリースとは、自分が乗りたい車をリース会社に購入してもらい、あらかじめ決めた年数で設定した定額料金を支払うことで、その車を利用できるというサービスです。
設定の年数は最短1年から長いもので10年以上など、幅があります。リース契約の終了後は返却や買い取り、乗り換えなどが選べます。

カーリースのメリットは、頭金なしで新車に乗れること。また、車購入にかかる税金保険料や車検といったメンテナンス料も毎月の料金に含まれるプランがあります。
初期費用だけでなく、維持費も抑えられて、お得に新車が利用できるのです。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ?向いている人・向いていない人を解説
関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説
関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!

カーリースのデメリット

一方で、カーリースにもデメリットがあります。

それは、ディーラーローンで車を購入した時と同様、車の所有権がリース会社となるため、途中で車を売却できないことと、途中解約が原則できないことです。
カーリース契約時には内容をしっかり確認し、慎重に検討することをおすすめします。

また、見落としがちな注意点としては、走行距離制限があることです。
もし契約終了時に走行距離制限を超えていた場合、超過料金が発生することもあります。
なお、走行距離制限以外にも、事故を起こして車体に傷をつけてしまった場合、修理費用を請求されることがあります。あわせて注意しましょう。

関連記事:車の傷は消える?修理方法の注意点・修理時の費用について解説!
関連記事:レンタカーの傷 許容範囲は?修理費は保険でカバーできる?
関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは

カーリースで毎月の支払いを少なく利用するならオートフラット

出光興産が提供するマイカーリース「オートフラット」なら、頭金0円で月々の支払いは変わらず、国産車種の新車に乗ることができます。

ちなみに、オートフラットは残価が低めな安心設計のため、追加費用がかかるリスクも少ないです。
一般的なカーリースに比べて、お得に利用できるカーリースとしておすすめです。

また、月額定額料金には、自動車取得税や自動車税などの税金、自賠責保険料や登録諸費用、車検などのメンテナンス料金も含まれているプランが用意されており、燃料代値引き商品券などの特典もついているのは嬉しいところです。

しかも、専用の任意保険も用意されているので、「保険会社を選ぶ」「見積もりをもらう」といった面倒な手間がかかりません。

なお、車検やアフターサービスなど充実したサポートがあるのもオートフラットの魅力のひとつです。
全国の店舗で活躍するプロの整備士や店舗スタッフがしっかりサポートしてくれるので、安心してカーライフを始められます。

自身のライフスタイルに合わせて最適な利用方法を選んでいきたいものです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。