カーリース車は買取りできる?契約満了時における選択肢を紹介

カーリースを利用し始めてから契約満了日まで乗り続けた場合、借りた車は返却するのが一般的です。
しかし、リース会社によってはそのまま買取りできる場合も。

今回の記事では、カーリースで借りた車は買取りが可能かどうかについて解説します。また、買取りのメリット・デメリットや、契約満了時の対応方法についても併せて解説します。

カーリースの仕組みをおさらい

カーリースの概要

カーリースとは、月額料金を支払うことでマイカーのように車を利用できるサービスのことです。
一般的に、月額料金には車体のリース代金やメンテナンス費用をはじめ、各種自動車税や車検代などが含まれます。

また、基本的に金額は契約満了まで一定です。カーリースでは、頭金の支払いやローンの金利変動では支払額が変わりません。初期費用や車検代などの定期的な支出も発生しないため、安心して車を利用できるのがメリットです。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは

関連記事:車を定額でリースする「カーリース」を具体的に解説|購入との違い

2種類の契約方法

カーリースの契約方法には2つの種類があり、「オープンエンド型」と「クローズドエンド型」に分けられます。それぞれの方式について説明します。

オープンエンド型

オープンエンド型は、カーリース会社が残価(将来的に残っているその車の価値)を明示し、契約満了時の査定額が残価を下回った場合に差額分を支払う契約方式です。

クローズドエンド型

クローズドエンド型は、契約時の残価を顧客に公開しない契約方式で、残価精算の責任をリース会社が受け持ちます。そのため、契約満了時の差額精算が必要ありません

どちらの契約方式も、残価を車両代から差し引いてリース料を算出することで、月々のリース料を軽減しています。また、オープンエンド型は契約を延長することが可能ですが、クローズドエンド型は契約を延長できないことが多いです。

カーリースしている車、買取りできる?

契約した車は、契約満了時に買取りできるのでしょうか。
ここでは、カーリースで利用していた車は買取りできるのかどうかについて解説します。

オープンエンド契約のときは買取可能

基本的に買取りができるのはオープンエンド型の契約のみです。

カーリース会社によってはクローズドエンド型の契約でも買取り可能な場合がありますが、対応している店舗は少ない傾向にあります。

もし実際に買い取る場合は、残価の支払いだけでなく、名義変更の手続きや自動車税の納税をする必要があります
また、月額料金を下げるために残価が高く設定されているケースも多いことから、想定よりも支払う金額が大きくなる可能性もあるでしょう。

契約満了時に買い取る前提のプランがある会社もある

カーリース会社によっては、契約満了時に買取りが前提となっているプランが用意されています。このプランは、契約時に設定する残価を0円にした上でリース料金を設定する方式です。

ローンで車を購入することと同じように思えるかもしれませんが、カーリースの月額料金には車検代や税金の支払い、メンテナンス費用などが含まれています
そのため、カーリース会社へリース後の税金や車検などの対応を任せることができるのです。

買取前提の契約内容や前提条件などはリース会社によって異なるので、事前に確認するようにしましょう。

カーリース車を買い取るメリットとデメリット

カーリース車を買い取るメリット

カーリース車を買い取るメリットは、以下の3つがあります。

  • 乗り慣れたリース車をマイカーにできる
  • メンテナンス状況が分かっている車に乗れる
  • 自分の好きなときに売却できる

カーリースで利用していた車を買い取ることで、契約期間中大切に乗った車を自分の所有物として手に入れられます。もし不要になった場合は、自分の好きなタイミングで売却することも可能です。

車両状態やメンテナンス歴も詳細に把握できているため、安心して乗り続けられます。

カーリース車を買い取るデメリット

カーリース車を買い取った場合に想定されるデメリットは以下の2点です。

  • 名義変更の手続きなどで費用がかかる
  • 維持管理が自分の責任となり、お金や手間がかかる

名義変更

リース契約中の所有者はカーリース会社であることから、買取りを決めたら自分で名義変更の手続きを行わなければなりません。カーリース会社によっては名義変更を代行してくれる場合もありますが、手数料が発生するケースがあるため注意が必要です。

維持管理

車の買い取り後は、定期的に車検や各種税金によって大きくまとまった出費があります。買い取る前までは月額料金に含まれていたものです。

さらにメンテナンスが必要であればその都度費用が発生するため、支出が多くなったように感じるかもしれません。

買取り以外の3つの選択肢

カーリースの契約満了時、車を買い取る以外にも3つの選択肢があります。

  • 契約の延長
  • リース契約で新車に乗り換える
  • 車を返却して契約を終える

ひとつずつみていきます。

1.リース契約を延長して乗り続ける

1つ目は、これまでのリース契約を延長して乗り続ける方法です。

この方法は、査定時の残価を車両価格に設定し、再契約後の残価を設定した上で改めてリース料金を算出することになります。
契約を延長するメリットは、これまで使用してきた車であるため車の扱いに慣れているほか、車両状態やメンテナンス状況が把握できているところにあります。
ただし、基本的に契約の延長が効くのはオープンエンド型の契約のみ。クローズドエンド型は契約を延長できないことが大半であるため、リース会社に確認しておきましょう。

2.リースで新車に乗り換える

2つ目は、これまでの契約を満了させ、新たに新車をリース契約する方法です。

契約を満了する度に新しい車種に手軽に乗り換えられるほか、カーリースの利用経験があるため費用感やカーリース会社が対応できる事項などは把握しやすいでしょう。

しかし、前のリース契約で残価の支払いが発生した場合は清算する必要があります。そのため、契約満了時にはある程度の出費が発生することを把握しておきましょう。

3.リースしていた車を返却して契約を終える

3つ目は、契約満了時にリースしていた車を返却し、契約を終える方法です。

契約満了後に車が必要がない場合は、延長や買取りをせず残価を精算するのみとなります。また、車が必要な時期が来れば新規に契約を結べますが、申込時に再度審査を行う必要があります。

カーリースの契約途中の買取りはできる?

基本的に、リース契約中に買い取ることは難しいでしょう。
どうしても買い取りたい場合は中途解約となり、違約金や解約金を請求される場合があります。とはいえ、カーリースの契約は原則として中途解約ができないのが一般的です。

まとめ

カーリースというサービスは、ただ車を借りて返すだけのものではなく、契約後その車の購入まで会社によってできるものです。また、それだけではなく終了後にその契約を延長したり別の車に乗り換えることもできたりするため、新車を購入しようか考えている人は一度カーリースを検討してみるのもひとつの手なのではないでしょうか。

自身のライフスタイルに合わせ、購入するかカーリースにするか慎重に決めましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。