車を定額でリースする「カーリース」を具体的に解説|購入との違い

近年では、車を購入するだけではなく「カーシェアリング」「レンタカー」「カーリース」など、車を利用する際の選択肢やその利用者も増えています。

しかし、「正直よくわからない」といった方も多いのではないでしょうか?

本記事では、カーリースの基本や費用、契約時の注意点、そして定額でのリースなどを詳しく解説します。

車の購入かカーリースにするかを迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ?向いている人・向いていない人を解説
関連記事:車のサブスクリプションとカーリースの違いとは?特徴やサービス内容などを解説
関連記事:車のサブスクリプションのメリット・デメリットは?注意点も解説

定額料金で車に乗れる!カーリースとは?

カーリースは、一定の期間新車に乗れるサービスです。

近年では、車を所有する際に、「購入する」だけでなく、さまざまな選択肢があります。

ここでは、カーリースについて解説します。

関連記事:車の維持費が馬鹿らしいと感じる方に!維持費を抑えるコツを紹介

カーリースとは新車を一定期間借りられるサービス

カーリースとは、新車を月々の定額料金で一定の期間借りられるサービスです。

そのため、初期費用を抑えられ車検やメンテナンス料を月々の定額料金に含めることもできます。

また、急な出費やボーナス払いのような大きな支払いを心配することなく、毎月一定の支払額で乗ることができます。

車を購入する場合と異なり、車の所有権はリース会社にあります。
そして、契約内容によりますが、一般的には契約終了時に車両を返却します。

関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!
関連記事:カーリースの審査に落ちる?落ちた理由や審査内容について紹介

カーシェアリングとの違いは?

カーシェアリングとの違いは、

  • 契約期間の長さ
  • 料金体系
  • 自動車保険
  • 税金
  • 選べる車種
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車の保管場所

などがあります。

どちらも一定額支払って車を利用するサービスですが、カーリースは、毎月定額料金でマイカーのように自由に車を使えます。

一方カーシェアリングは、希望する日時に既に予約が入っている場合は、車を利用できません。

関連記事:カーシェアリングとは?仕組みや特徴をレンタカーやカーリースと比較
関連記事:カーシェアの平日乗り放題プランとは?月額料金や注意点も調査
関連記事:1日自動車保険とは?利用するメリット・デメリットを紹介

車の購入と比較!カーリースを利用するデメリット

非常に多くのメリットがある反面、デメリットもあります。以下では、デメリットについて理解を深めていきましょう。

契約途中で解約することは原則できない

最も大きなデメリットとなるのが、「原則、契約途中で解約することはできない」ということです。

3年や5年といった契約期間を決めて、期間終了まで毎月のリース料を支払うことが前提のシステムのため、任意の契約期間途中での解約や内容の変更は原則的にできません。

どうしても解約を希望する場合は、解約金が発生する場合もあります。
このような事態を防ぐためにも、契約期間や点検やメンテナンスの範囲を事前によく確認しておくことが重要です。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目
関連記事:カーリースの3年契約はお得?契約期間別に特徴を解説

月々の走行距離が制限される

多くの場合、毎月の走行距離に制限があります。

走行距離は残価に影響するため、ひと月あたり500〜2,000km程度に制限される場合が一般的です。

しかし、月々の走行距離を逐一確認するわけではないので、ひと月だけ長距離を走ったとしてもすぐ超過ということにはなりません。

月間の走行距離と契約期間を掛け合わせた走行距離が、契約時の設定をオーバーした場合には、契約終了の際に差分の費用を払うことが一般的です。

関連記事:「カーリースはやめとけ」は本当?カーリースの利用メリットとは

契約終了時に残価の精算が必要な場合が多い

カーリースの毎月の料金は、「車両本体価格から契約終了時に想定される残価を引いた金額」を契約月数で割って算出します。

残価とは、契約終了後の車の価値のことで、契約時に返却時の想定残価を設定して残価を差し引くことで、契約者が負担する料金を下げることができます。

ただし、リース期間終了時に想定した残価を下回った場合は「残価割れ」となり、追加料金が発生する場合があるため注意しましょう。
車体に傷があったり、事故を起こしたりした場合、あるいは改造などが「残価割れ」の原因となります。

関連記事:リース車で事故を起こしたらどうする?すべき行動や修理費について
関連記事:車を擦った場合の対処法とは?自動車保険を活用すべき?
関連記事:レンタカーの傷 許容範囲は?修理費は保険でカバーできる?

車の購入と比較!カーリースを利用するメリット

車の購入と比較した場合のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。以下では、メリットについて詳しく解説します。

頭金なし・手頃な定額料金で新車に乗れる

車をローンで購入する際は、車体の頭金、登録の際にかかる税金、納車といった諸費用が必要です。
また、毎月のローン支払額も車体価格のみの費用となります。

カーリースの場合は頭金なしの初期費用0円で、車検代や税金といった車の維持費も含めたコミコミの定額料金を支払うことで新車に乗れます。

そのため、手元にまとまった資金がなく車の購入を諦めていた人も、新車を持つことができます。

関連記事:カーリースで自動車保険の加入は必須?加入すべき理由とポイントを解説

たくさんの車種から希望の車を選んで乗れる

日本ではメーカーによる専売制があるため、A車を購入するにはA車を販売する系列ディーラーで購入する必要があります。
そのため、いくつかの候補があれば異なるディーラーに行かなければなりません。

また、レンタカーやカーシェアリングの場合は、好みの車に乗れないこともあります。

カーリースであれば、数多くの国産メーカーから現行モデルの新車を選べます。
好みや予算に合ったグレード、ボディカラー、さらにオプションなども選択可能です。

関連記事:車のリースとレンタカーの違いとは?メリット・デメリットも併せて紹介!

申し込みから納車まで店頭でもネットでも完結できる

一般的に、車を購入する際には車種を選んだり、諸々の手続きをしたりと、何度も販売店に足を運ぶことになります。

カーリースももちろん店頭で申し込めますが、ネットだけで車種選びから契約、納車まで完結することも可能です。

しかも、ネットであれば車種や価格などもじっくりと自由に選べ、担当者と交渉をしたり、訪問を受けたりする煩わしさもありません。

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉術など一挙紹介!
関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ?金利の違いも徹底解説!

契約終了時なら自由に車の乗り換えや返却ができる

車を購入すると、乗り換えや処分したくなった場合には、下取りや廃車手続きに費用がかかります。

カーリースであれば、契約終了時に新たに契約して新車に乗り変える「再リース」や、残価を支払ってマイカーにする「買い取り」、そして車を返却することもできます。

そのため、乗り換えや買い取り、返却の際の手続きや費用は、車を所有する場合より手軽になります。

リース会社によって契約終了後の選択肢が異なることもあるため、契約前に確認しておきましょう。

関連記事:車の廃車費用はいくらかかる?費用相場や内訳を含めて解説
関連記事:カーリースと中古車購入、どちらがおすすめ?各メリットや特徴を比較

車はリースがおすすめ!その理由とは

ほかにも以下のような理由でおすすめできます。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説
関連記事:マンスリーレンタカーの料金は?長期契約ならカーリースとどっちが得?
関連記事:車のサブスクとカーリースを比較 どっちが得?

契約終了ごとに新車に乗り変えられる

契約終了時は車を返却するのが一般的ですが、車種を変えてリースしたい場合、新しい車に乗り換えることができます。
利用者の生活環境によって自由に車種を変えて乗り続けることが可能です。

ローン金利の心配がいらない。

車の購入代金をローンで支払う場合は、そのお金を借りるために利息を支払いますが、リースには金利の概念がありません。
各種手数料も月額のリース料金の中に含まれているため、安心して車を利用できます。

関連記事:新車を「頭金なしフルローン」で購入するメリット・デメリットとは?
関連記事:300万円の車、月々のローン返済額は?おすすめの年数やローンの選び方

契約中はサポートがあるので車に詳しくなくても安心

カーリースは契約期間中にさまざまなサポートが受けられるため、車に詳しくない人も安心です。

気軽に相談できる窓口がある、整備工場の選択肢が豊富など、サポートが充実したプランを選べば快適に利用できます。

個人事業主はリース料を経費に計上できる

ビジネスで車を利用する場合、個人事業主であればリース料金を経費に計上できるため会計処理がしやすく、節税目的で利用する方も多いようです。

関連記事:法人でもカーリースを利用できる?メリット・デメリットと審査のコツを紹介

用途に合わせて定額で乗る!車もリースする時代

カーリースは、下記のような用途に合わせた乗り方ができます。

転勤などで数年の短い期間だけ車に乗りたい

使用期間が決まっている場合、購入するよりも無駄がなく、ネットで契約を完結できるため、忙しい方にはピッタリです。

定期的に車の乗り換えをしたい

常に新車に乗りたい方にとって、毎回の契約や下取りは面倒です。その点、リースであれば、乗り換えも自由です。

毎日の買い物や子どもの送り迎えに使いたい

お子さまの成長や住居に合わせて車の利用方法も変わってきます。
お子さまの送り迎えが不要になる、買い物も車を使わなくなるなどが予想される場合も、リースは便利です。

社会人になりたてでまとまったお金はないけれど車に乗りたい

頭金がなくても、定額のリースで新車に乗れます。月々の支払いが均等なため、経済的な予定も立てやすいでしょう。

関連記事:【新社会人向け】車の購入時に気を付けるポイントを解説!おすすめの車も予算別に紹介

カスタマイズはしないし、車のことはお任せしたい

車をカスタマイズすると、契約終了時に残価割れが発生する可能性があります。
そのため、カーリースは「車はノーマルなままでいい」という人におすすめです。

また、車の知識がない人も、サポートが充実しているため、安心して車に乗れます。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目

まとめ

近年では、車を所有する際の選択肢も多く、カーリースもその一つです。
カーリースはメリットが多くあり、ライフステージに合わせて車を所有できます。

カーリースの利用を検討されている方は、定額で安心サポートが充実した出光のカーリース「オートフラット」がおすすめです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。