【GRカローラ(COROLLA)】締切間近!燃費・価格・サイズを解説!

2023年、ついにGRシリーズ4台目となるGRカローラが発売されます。

トヨタ公式サイトより、GRカローラについての情報が解禁されましたので、燃費、価格、ボディカラーをまとめてお伝えします。

販売台数は抽選となり、モリゾウエディションは12月18日の店舗営業時間まで、RZは12月19日08:59までの受付となります。

最低限のスペックを紹介しますので、急いで申し込みましょう。

関連記事:ハッチバックとは?特徴やメリット・デメリットについて解説!

GRカローラの燃費

トランスミッションiMT(6速マニュアル)
WLTCモード(km/L)12.4
市街地モード(km/L)8.9
郊外モード(km/L)12.8
高速道路モード(km/L)14.5
参考元:GRカローラ|諸元表

燃費を意識するような車種ではないところはありますが、ベースとなっている一般販売車のカローラスポーツには敵わないです。

カローラスポーツがいかに進化しているかがわかります。

関連記事:カローラスポーツの燃費を調査!燃費性能に加えて走行性能も紹介

GRカローラの価格

メーカー希望小売価格は5,250,000円(税込)となります。
北海道地区は5,272,550円(税込)

関連記事:新車を安く買う方法9選!購入タイミングや交渉術など一挙紹介!

GRカローラのサイズ

全長×全幅×全高(mm)4,410×1,850×1,480
車両重量(kg)1,470
ホイールベース(mm)2,640
乗車定員(名)5
総排気量(cc)1,618
参考元:GRカローラ|諸元表

上記のようなサイズ感です。

取り急ぎ、表で表されるような数値まわりは以上です。

GRの概要

ここからはゆっくり判断したい方のために、GRシリーズについて解説します。

GRとは?

GRはトヨタの社内カンパニー「GAZOO Racing Company」が展開するスポーツカーのブランドです。

トヨタのレーシングチームである「GAZOO Racing」の経験を市販車に展開したものなので、スポーツカーのような見た目の車が多いです。

GRシリーズ一覧

ではそのGRではどのような車が販売されているのでしょうか?

大きく分けて、GRSPORTとその上位グレードであるGR、さらに最上位グレードのGRMNの3つに分かれます。

一覧で見ていきましょう。

アクア GR SPORT

アクア画像

人気コンパクトカー、アクアがベースとなっています。

2021年度の自動車安全性能2021ファイブスター賞を取るなど、安全性に優れており、軽量化で燃費も良くなっています。

軽量化はスポーツカーとしても求められるところです。

関連記事:アクアのサイズを他社人気車と比較して解説!走行性や安全性についてもご紹介

ヤリスクロス GR SPORT

ベースであるヤリスクロスは、コンパクトSUVとして人気です。

SUVの走行性に加え、街中での走行も小回りが効き、幅広く活用できます。

関連記事:ヤリスクロスの燃費はどのくらい?燃費や走行性能を解説!

ハイラックス GR SPORT

ベースとなるハイラックスは、国産車で唯一のピックアップトラックです。

キャビンと荷台が一体型になっており、500kgの積載量を誇るクロスカントリーSUVです。

関連記事:クロスカントリーSUVとは?魅力やおすすめ車を徹底解説

ランドクルーザー GR SPORT

今は生産が追いつかずGRスポーツは受注停止していますが、ベースとなるのはSUVとして名高いランドクルーザーです。

1951年の販売開始から70年もの間、時代の変化に対応し続けてきました。

関連記事:ランドクルーザーの燃費はどのくらい?走行性能や燃費を解説!

コペン GR SPORT

COPEN 20th Anniversary Edition
COPEN 20th Anniversary Edition
(画像引用元:ダイハツ工業株式会社

ベースとなるコペンはダイハツからOEM供給されたオープンカーです。

オープンカー自体の生産が少ない中でも人気を保ち続け、2022年には20周年記念特別仕様車が販売されています。

関連記事:かっこいい軽自動車に乗りたい人必見!軽自動車の魅力やおすすめの5台を紹介!

C-HR GR SPORT

ベースとなるC-HRは、「TOYOTAの世界戦略SUV」のキャッチコピーが付けられるほどで、世界100カ国で展開されています。

世界中で認められたデザインと走行性能を持っています。

関連記事:C-HRの燃費性能はどのくらい?カタログ燃費と実燃費を調査

GR 86

ベースとなる86(ハチロク)はスバルと共同開発されたスポーツカーです。

FR(後輪駆動)を採用した、ガチガチのスポーツカーで、市販車というよりはモータースポーツのイメージが強い方が多いのではないでしょうか。

関連記事:FF車やFR車はどうやって選べばよい?それぞれの特徴や選び方を紹介

GR ヤリス

ベースとなるヤリスは、直近2年ほど普通車の月間販売台数がほぼ毎月1位という超人気車種です。

コンパクトさと高い走破性が魅力です。

トヨタの公式サイトでは、先述のヤリスクロスはSUVに分類されているもののヤリスはコンパクトカーの扱いを受けているという不思議な現象が起きています。

SUVとコンパクトカーの両方のよさを兼ね備えた車と言えます。

関連記事:ヤリスの実燃費は?低燃費でもパワフルな理由を解説!

GR スープラ

スープラも86と同じくガチなスポーツカーという印象なかたが多いでしょう。

2023年にはスープラEVOが欧州で販売予定です。

乃木坂46のMVにも出て話題になりました。

関連記事:乃木坂46ごめフィンMVの愛車を解説!

GRMNヤリス

最後に紹介するのが、唯一のGRMNである、GRMNヤリスです。

日々進化するレース現場と日々変わる公道でのニーズを掛け合わせた結果誕生した、究極のスポーツカーです。

まとめ

お急ぎの方のために必要最低限の情報を記載しました。

締切が間近なので、判断材料になれば幸いです。

後半はGRシリーズを紹介しました。

カローラではなくてもGRシリーズに興味を持っていただけたら幸いです。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。