車の水垢はなぜ付く?手軽な落とし方やおすすめグッズを紹介

車を新品に近い状態で乗り続けたいと考える人も多いでしょう。

しかし、普段から使用していれば、雨や排気ガスなどで汚れてしまいます。
汚れたまま放置しておくと、塗装の品質が低下するため、日頃から洗車することが大切です。

しかし、水垢汚れは通常の洗車では落ちません。
しっかり落とすには、水垢の種類に合わせて適切な方法で対処する必要があります。

この記事では、水垢が付いてしまう原因や手軽な落とし方、洗車時に便利なグッズなどについて詳しく紹介します。

関連記事:コーティング車の正しい洗車方法とは?手順とポイントを解説

車の水垢とは

車の水垢には、油性と水性の2種類があります。
種類によって原因や対処の仕方が異なるため、それぞれの性質について理解することが大切です。

以下にてそれぞれ解説します。

「油性」の水垢とは

油性の水垢は、車体の表面に塗布されるグリスやワックスなどに含まれる油脂が、雨水で流れ出すことにより発生します。

油性の水垢の特徴として、車体に黒い筋状に残り、時間が経つと固着して除去しにくくなることが挙げられるでしょう。

「水性」の水垢とは

水性の水垢は、車体に付着した汚れが雨水で流れることで発生します。

雨水は、ほこりや砂などの汚れと一緒に流れることもありますが、完全には流れ落ちないでしょう。
車体に残った水分が蒸発すると、乾燥した汚れが水垢となります。

水性の水垢の特徴として、車体に白っぽく残り、水に溶けやすいことが挙げられるでしょう。

なぜ水垢が付くのか?

車に水垢が付く原因は、車体の水分を拭いきれていないことが挙げられます。

また、大気中の微細な汚れや表面の油脂が車体に残ることで、落ちにくい汚れになるでしょう。

また、窓ガラスにうろこ状の水垢が浮き出すことがあります。

水道水で洗車をしても水垢が残る

洗車をしても水垢が残る原因は、水道水や雨水にはカルシウムなどのミネラル分が含まれており、水分が乾くとミネラル成分は結晶となって付着することが挙げられます。

そのため、大前提として、洗車には水道水ではなく、「精製水」「純水」といった、ミネラル成分が含まれないような水を使用することが推奨されます。

業者に頼む場合には、「精製水」「純水」を作る機械が置いてある場合もありますが、イオン交換樹脂というろ過のための粒とそれを入れるカートリッジを購入すれば、ご自宅でも作ることができます。

サンエイ化学 純水用 イオン交換樹脂 5L×2袋 MB-5
サンエイ化学 カートリッジ純水器 標準ヘッドタイプ 樹脂量:5L CPM-5

水垢は、適切な対処を行わなければ汚れを落とすことができません。

以下では、水垢の落とし方について解説します。

水垢の落とし方について

水垢は自分で落とす方法のほかに、専門業者に依頼することも可能です。

汚れの状態やライフスタイルに応じて選択しましょう。

自分で落とす場合

発生してすぐの水垢は「水洗い」で落とせます。

水洗いで落ちない場合は「カーシャンプー」を使用して、塗装面に傷が付かないように「やわらかいスポンジ」で洗いましょう。

油性の水垢には、「台所洗剤」や「重曹」を活用できます。
台所洗剤は10倍程度に薄めて使い、車体に洗剤が残らないように、しっかり洗い流しましょう。

落ちにくい頑固な水垢には「専用のクリーナー」を使用します。
クリーナーにはコンパウンドが含まれている商品もあるため、車体に傷が付かないか確認が必要です。

また、ガラス面の水垢には「お酢」も有効といえます。
ただし、金属部分に付着すると錆びの原因になるため、使用する際は十分に注意しましょう。

関連記事:車のメンテナンス方法とは?長く使うための基本項目

専門の業者に依頼する

自身で対処することが難しい汚れは、専門業者に依頼することで除去できます。
洗車が苦手な人や時間が取れない人は、プロに依頼しましょう。

それぞれの業者や車のサイズにより、サービス内容や料金が異なるため、以下を参考に検討してください。

ディーラー

ディーラーの場合は、洗車サービスを依頼します。

費用相場は、1,500〜6,000円ほどです。
水垢落としは店舗によってオプションメニューになる場合があるため、依頼時に確認しておきましょう。

洗車専門業者・コーティング業者

洗車専門業者・コーティング業者の場合、ミネラル成分を除去した純水を使って仕上げるといった品質が高いサービスを受けられます。

費用相場は1,500〜15,000円ほどであり、業者によって料金の幅があるでしょう。
別途料金が発生しますが、きれいな状態が長持ちするコーティングの施工を依頼できることが魅力といえます。

カー用品店

大手のカー用品店でも、水垢を含む洗車の依頼が可能です。
店舗によってはオプションメニューとなる場合もあり、料金や作業時間なども異なるため、依頼時に確認しましょう。

ガソリンスタンドに依頼する場合は、機械洗車もしくは手洗い洗車を選択できます。

機械洗車は、頑固な水垢は落としきれないため、より丁寧な仕上げを求める場合は手洗い洗車をおすすめします。

費用相場は、1,000〜5,000円ほどです。

水垢が付かないようにするには?

水垢の予防には、車をきれいな状態に保つことが重要です。
以下で紹介する方法を参考に、しっかりと対策しましょう。

定期的に洗車する

車体はきれいに見えていても微細な汚れが付着しているため、定期的な洗車が必要です。

特に雨に濡れた場合は、雨除けができる場所に駐車後、水分を拭き取れば水垢が付きにくくなります。

また、日頃から洗車しておくことで、固着しない早い段階で手間をかけずに落とせます。

屋根付きの駐車場を利用する

屋根付きの駐車場を利用することで雨にさらされず、水垢の発生を抑制できます。

屋内保管が難しい場合は、ボディカバーをかけるようにしましょう。
なお、ボディカバーを利用する際は、車体に隙間ができないよう適したサイズを選ぶことが重要です。

コーティングを施工する

汚れを落としたあとにコーティング剤を塗布することで、車体の表面を保護します。

表面を覆う薄い膜が雨水を弾くため、車体に水分が残りにくく撥水されるでしょう。
また、付着したほこりなども落としやすくなります。

表面の被膜はある程度持続するため、洗車の手間を減らすことにも役立つでしょう。

関連記事:車用コーティングのおすすめグッズを紹介!コーティング剤の費用や主な特徴を解説

車の水垢落としのおすすめグッズをご紹介

ここからは、車の水垢落としに便利なグッズを紹介します。

水垢に関してお困りであれば、参考にしてください。

リンレイ ウルトラハードクリーナー

RINREI(リンレイ) ウルトラハードダブルコーティング W-35

「リンレイ ウルトラハードクリーナー」は、車体に直接スプレーをかけ、クロスで拭くだけで水垢を落とせる強力なクリーナーです。

乾きにくい泡タイプでノーコンパウンドのため黒い筋やウロコ、イオンデポジットの水垢汚れをしっかり除去できます。

なお、スプレー後には必ず拭き取るように注意しましょう。

カーメイト 本当によく落ちる水アカ鉄粉シャンプー

カーメイト 車用 カーシャンプー よく落ちる水アカ鉄粉シャンプー 750g C94

「カーメイト 本当によく落ちる水アカ鉄粉シャンプー」の特徴は、化学成分の分解力と超微粒子の洗浄力によって、強い力で擦る必要なく汚れを落とせることです。

汚れを化学分解し、2〜3分後に軽く擦るだけでしつこい水垢や鉄粉まで落とせるでしょう。

コーティングの下地づくりにも最適なシャンプーです。

BPRO スケールリムーバー

BPRO 車用ボディクリーナー スケールリムーバー 200ml 

カーケミカルメーカーBPROの商品は、ディーラーや整備工場などのプロユースも使用しています。

具体的な使用方法は、車体の汚れを落としたあと、スケールリムーバーを含んだクロスを水垢部分に塗り込みましょう。

汚れが落ちていることは確認できれば、水拭きするか洗い流して完了です。

なお、車体に液剤を塗布したまま、5分以上放置しないよう注意しましょう。

まとめ

この記事では、水垢が発生する原因や落とし方、予防方法などについて紹介してきました。

初期段階の水垢であれば簡単に対処できますが、雨に濡れたままの状態で放置しておくと落ちにくくなってしまいます。

水垢の予防には、日頃からこまめに洗車しておくことが大切です。また、屋内保管やボディカバーを利用して、雨や汚れから車を守ることで水垢発生を抑制できます。

自分で落とすことが難しくなってしまった水垢は、自分で取ろうとせず、専門業者に依頼するようにしましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。