新型プリウスは改善された?今までのプリウスが運転しにくいと言われていた理由

2022年11月16日、新型プリウスが発表されました。

ハイブリッド車として知名度を誇るトヨタのプリウスですが、今までは実は運転しにくいと言われることがあります。

そこで今回は、運転しにくいと言われていた理由、新型プリウスではどう変わったのかを詳しく解説します。

関連記事:新型プリウス速報!!新装備、性能をお伝えします!!

関連記事:ハッチバックの人気車種をおすすめランキングで紹介!ミニバンとの違いも解説

プリウスが運転しにくいと言われていた理由

前方の見切りが悪い

プリウスの形状上、運転席に座った際に前方を把握しづらい所がありました。

プリウスのボディは空力特性を追求した結果、流線的な形状となっており、そのため運転席からボンネットの先端が見えづらかったためです。

これによって前方車両との距離感を把握しづらく、また前向き駐車もしづらいと感じている人がいるようです。

後方の視界が悪い

プリウスは、前方の見切りに加えて後方も見づらくなっていました。

車体後方のガラスであるリアウィンドウは、傾斜が強く平べったい形状になっているため、運転席からバックミラー越しに後方を見たときの視界が狭いと感じる方もいます。

後部座席に人を乗せていると視界がさらに遮られるため、バックで駐車する際は注意しなければなりません。

走行音が静かすぎる

一般的に走行音が静かな車だと、快適かつ周囲への配慮もできて評価が高いですが、視点を変えれば静かすぎるのも問題につながります。

あまりに静かすぎると、歩行者や自転車に乗っている人が車に気づかない可能性があるからです。
車が接近していることに気づかず接触してしまい、事故につながることも少なくありません。

本来であれば走行音が静かな点は評価すべきですが、周囲に車の存在を気づかれにくいとして、プリウスは運転しにくいと感じる人が一定数いるようです。

関連記事:新型プリウスのオイル交換は?目安の頻度は変わった?

新型プリウスではどう変わった?

今回の発表では、乗り心地の情報は明かされませんでした。

ですが、デザイン性の予測から視認性は上がったのではないか。と予測できます。
静かさに関しては、4代目プリウスとさほど変わらない可能性があります。

乗り心地に関して不安があるかもしれませんが、その不安を拭うほどの
5つの魅力的なポイントが述べられました。

 ・美しい
 ・エンジン付きEV
 ・驚異のドライビング・ダイナミクス
 ・デジタルと品質
 ・世界で最も効率の良いハイブリットカー

引き続き、新着情報を待ちつつ、乗り心地に関して情報が入り次第、更新します。

関連記事:新型プリウスのおすすめグレードは?新旧の比較!

まとめ

今回は4代目プリウスが運転しづらいと言われていた理由と5代目はどうなったのかを解説しました。

今後、実際に乗ってみた人の意見も取り入れながら評価がされていくことでしょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。