【トヨタ】タンクが生産終了|生産終了の理由とルーミーとの違い

広々とした車内空間が特徴のトヨタのコンパクトカー「タンク」は、パワースライドドアの採用や充実した収納スペース、多彩なシートアレンジなどで幅広い層に支持されています。

しかし、2020年9月にもってタンクの生産が終了し、その後ルーミーに統合されました。

この記事では、タンクが生産終了となった理由やルーミーとの違いについて詳しく解説します。

関連記事:タンクとルーミーはどっちが人気?それぞれの違いについても紹介!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

トヨタ「タンク」は2020年9月に生産終了

トヨタタンク

2016年にデビューしたトヨタのコンパクトカー「タンク」は広々とした車内空間や多彩なシートアレンジ、パワースライドドアの利便性から、特にファミリー層に人気を博しています。

存在感あるデザインは初心者ドライバーからも支持を受けており、小回りが効くことや運転席からの良好な視界は、運転初心者にとってうれしい特徴です。

しかし、残念ながら2020年9月に生産が終了し、その後はルーミーに統合されました。

関連記事:【2024年】コンパクトカーおすすめ人気ランキング!乗り心地の良い車種の選び方も解説

タンク/ルーミーはそれぞれどういう車?

ここでは、タンクとルーミーの概要について詳しく見ていきましょう。

トヨタ「タンク」の概要

トヨタタンク

タンクは、「Living(広々とした空間)」と「Driving(余裕の走り)」を組み合わせた「1LD‐CAR」をコンセプトに掲げたコンパクトカーです。

この車はミニバンの魅力を見事に凝縮しており、パワースライドドアや多彩なシートアレンジによる利便性と、広々とした車内空間が特徴です。

そのため、子育てファミリーを中心とした幅広い層から支持を得ています。「X」「X S」「G」「G‐T」「カスタムG」「カスタムG‐T」6つの異なるグレードが用意され、2WDと4WDが選択可能です。

また、障害物を検知して警告音で通知するコーナーセンサーなどの機能が備わっています。

内装は比較的シンプルで、収納スペースが充実していることも魅力でしょう。

関連記事:トヨタ タンクの内装は収納スペースが多い!便利なインテリアを紹介!

トヨタ「ルーミー」の概要

トヨタルーミー

ルーミーは、2016年に発売されたコンパクトカーで、ダイハツ「トール」のOEM車です。
OEM車とは、他社メーカーで開発・製造した車を自社メーカーの車として販売した車のことを指します。

ちなみに、OEMは「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」の略称です。

ルーミーは、ダイハツ「トール」の特徴と同様、広々とした車内空間が魅力です。「roomy(広々とした)」という名前もその特性を表しています。

車内は多くの荷物を積むことができ、フルフラットにすると大人が足を伸ばして横になれます。
衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能、ブレーキ制御付誤発進抑制機能などが装備されているため、初めて運転する方でも安心です。

外観デザインはシャープかカジュアルかの2つのスタイルから選択でき、インテリアは落ち着いた雰囲気です。

最小回転半径は4.6mで、フロントガラスが広くアイポイントが高いため、運転席から周囲の状況をしっかりと確認できます。

関連記事:OEM車とは?概要やメリット・デメリット、代表的な車を紹介

【トヨタ】タンク・ルーミーの違い

ここでは、タンクとルーミーをボディサイズ、燃費性能、エンジン、価格、エクステリアの5つの項目で比較しています。それぞれの項目について見ていきましょう。

関連記事:タンクとルーミーの違いとは?ルーミーとの差を徹底比較!

ボディサイズ

タンクとルーミーのボディサイズは、以下のとおりです。

タンクルーミー
全長(mm)3,7003,700
全幅(mm)1,6701,670
全高(mm)1,7351,735
ホイールベース(mm)
(前後ホイールの中心から中心までの長さ)
2,4902,490
車両重量(kg)1,0701,080
室内長・幅・高(mm)2,180×1,480×1,3552,180×1,480×1,355
※参考元:タンク|主要諸元表
※参考元:ルーミー|主要諸元表
※グレード:タンク「X(2WD)」、ルーミー「X(2WD)」

このように、タンクとルーミーのボディサイズは同一です。どちらも広々とした車内空間を確保しています。

関連記事:ルーミーの内装を紹介!グレードごとの違いも解説

燃費性能

タンクとルーミーの燃費性能は、以下のとおりです。

タンクルーミー
JC08モード(km/L)2WD:24.6
4WD:22.0
21.9
※参考元:タンク|主要諸元表
※参考元:ルーミー|主要諸元表
※グレード:タンク「カスタムG」、ルーミー「カスタムG」

上記のとおり、JC08モードに基づく燃費性能では、タンクがルーミーを上回ります。

ただし、あくまで数値上であり、いずれの車種も比較的低燃費を実現しているため、長距離移動時も安心して利用できるでしょう。

エンジン

タンクとルーミーのエンジンの種類や性能は以下のとおりです。

タンクルーミー
エンジンの種類直列3気筒DOHC
直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ
直列3気筒DOHC
直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ
最高出力【ネット】(kW(PS)/r.p.m. )51~72[69~98]/6,00051~72[69~98]/6,000
最大トルク【ネット】(N・m[kgf・m]/r.p.m.)92~140[9.4~14.3]/2,400~4,40092~140[9.4~14.3]/2,400~4,400
総排気量(L)0.9960.996
※参考元:タンク|主要諸元表
※参考元:ルーミー|主要諸元表
※グレード:全グレード

どちらの車種にも、直列3気筒DOHCまたは直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボのエンジンが搭載されており、排気量は約1,000ccと同一のエンジンを積んでいます。

関連記事:1000ccや1500ccの車の魅力とは?おすすめの車も紹介!

価格

タンクとルーミーの中古車価格、ポチモでの中古車カーリース価格は、以下のとおりです。
※両方変動あり。

タンクルーミー
中古車価格440,000円~1,930,000円400,000円~2,980,000円
ポチモでの月額21,230円〜33,440円20,350円〜36,190円
※参考元:カーセンサー
※参考元:ポチモ(8年契約、マイメンテプランでの月額)
※参考元:メンテナンスプラン|出光の中古車カーリース・サブスク

上記のとおり、タンクの中古車価格の相場は200万円を下回っています。

エクステリア

トヨタタンク
タンク
トヨタルーミー
ルーミー

タンクとルーミーは、エクステリアデザインが異なります。

タンクは台形のフロントバンパーグリルが特徴で、シャープな印象のヘッドランプが際立ってる一方、ルーミーは大型のフロントグリルを採用し、重厚でインパクトがある特徴です。

どちらかといえば、ルーミーの方が個性的なデザインであり、好みが分かれるかもしれません。

【トヨタ】タンクとルーミーはどっちが人気?

以下は、2019年のタンクとルーミーの新車販売台数です。

2019年度タンクルーミー
新車販売台数73,01386,645
※参考元:日本自動車販売協会連合会|乗用車ブランド通称名別順位

新車では、ルーミーの方が約13,000台多く販売されています。

【トヨタ】タンク・ルーミーはどのような人におすすめ?

タンクとルーミーは、それぞれ次のような人におすすめです。

タンク

  • スタイリッシュなエクステリアデザインを好む人
  • 車内空間が広々としたコンパクトカーを探している人
  • 子育てファミリーで経済的な車を検討している人
  • 視界がよく運転しやすい車を探している人
  • 車中泊ができるコンパクトカーを探している人

ルーミー

  • 重厚でラグジュアリーなエクステリアデザインを好む人
  • 安全装備が充実したコンパクトカーを希望している人
  • 車内空間が広々としたコンパクトカーを探している人
  • 子育てファミリーで経済的な車を検討している人
  • 視界がよく運転しやすい車を探している人
  • 車中泊ができるコンパクトカーを探している人

タンクとルーミーはどちらも魅力的であり、総じて似ている車種であるため、価格や装備性、エクステリアなどから自身に合った方を検討してみるとよいでしょう。

まとめ

この記事では、タンクが生産終了となった理由やルーミーとの違いについて解説しました。

タンクは2020年9月に生産を終了し、その後ルーミーに統合されました。
どちらの車種も広々とした車内空間が特徴で、充実した収納スペースと多彩なシートアレンジが可能です。

パワースライドドアの搭載により、特に子育てファミリーに人気があります。

また、タンクは中古車で入手可能であり、ルーミーは新車および中古車で購入できます。

比較的安価で広々とした車内空間を持つコンパクトカーを探している方は、この機会に検討してみてください。

画像出典元:トヨタ自動車株式会社

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。