日産「Max-Out」を公開!コンテンポラリー ライフスタイル ビークルに続く新型車ラッシュ!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

Max-Out

日産は、4月18日から開催される上海モーターショー2023で、コンセプトカー「Max-Out」(マックスアウト)を中国で初公開すると発表しました。

また、中国の方々の多様なニーズにお応えするできるような新型車や世界初公開のコンセプトカー2車種を含む幅広いラインナップを出展するとのことです。

関連記事:日産のプロパイロットって?2.0と従来型の違いもあわせて徹底解説

将来の持続可能で革新的なモビリティ

「Max-Out」は、環境問題や社会課題、そして変化するお客さまのニーズに対応し、よりクリーンで安全、インクルーシブな社会の実現を目指す長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表しました。

「Max-Out」は、「Nissan Ambition 2030」の中で、将来の持続可能で革新的なモビリティを体現するデジタルコンセプトカーとして公開されました。

日産は上海モーターショー2023で、優れた操縦安定性や快適性など、新次元のドライビング体験を提供するこのコンセプトカーの実車を初めて中国で展示するとのことです。

関連記事:魅力の詰まった日産車の中でも特に人気が高い普通乗用車5車種をランキング形式で紹介!

EVシフト

さらに、上海モーターショー2023では、お客さまの多様なライフスタイルやニーズにあわせて中国市場向けにデザインされた新たなEVコンセプトカーに加え、EVやe-POWERを搭載したさまざまな電動車両を展示します。

上海国際モーターショー2023は、インターナショナル・エキシビジョン・アンド・コンベンションセンターにて、4月18日から4月27日まで開催される予定です。

日産ブースでは、プレスデーの初日は電動車両、二日目はSUVを中心とした展示がされるとのことです。

なお、二日目には中国向けにデザインされたSUVのコンセプトカーも公開予定です。
(一般公開日は4月20日から4月27日。)

関連記事:日産のe-powerとは?電気自動車やハイブリッド車となにが違うのか徹底解説

「コンテンポラリー ライフスタイル ビークル」

日産といえば、3月23日に、プロトタイプセダン「コンテンポラリー ライフスタイル ビークル」を発表したばかりです。

新型モデルの発表が続いています。

「ブリコラージュ」

「ブリコラージュ」の概念のもと、自由な発想と創意工夫から生まれた約30の仕掛けが備わるプロトタイプセダンとして発表されました。

ブリコラージュとは、理論や設計図に基づいて物を作る、いわゆる今までの「設計」とは対照的な概念です。

その場で手に入るものを寄せ集め、それらを部品として何が作れるか試行錯誤しながら、最終的に新しい物を作ることを言います。

理論に基づかない、つまりは新しい価値観、新しい発想で造られたと考えられます。

ベースはスカイライン

「コンテンポラリー ライフスタイル ビークル」は、日産を代表する「スカイライン」をベースとされています。

つまり、セダンで快適に「食べる」、「寝る」、「遊ぶ」ための多くの仕掛けを詰め込んだプロトタイプモデルです。

セダンとしての機能やスタイリッシュなデザインを損なうことなく、様々な機能を実現するために、まずはクルマを徹底的に観察することから始めたとのことです。

AIと融合

クルマと向き合い、試行錯誤を重ねて創出した数多くの仕掛けは、AIと融合することで、外見からは想像できない驚きの機能を実現しました。

現代のライフスタイルに合った形で「食べる」、「寝る」、「遊ぶ」といった日常の体験を可能としたのです。

このプロセスは、ゴールを決めて最適かつ高効率に到達することを目指すエンジニアリングと異なり、対象の観察と創意工夫の連続で思っていた以上のものを生み出す、上述の「ブリコラージュ」という考え方に基づいています。

開発の想い

これを手掛けた上田 哲郎氏(モビリティ&AI研究所 エキスパートリーダー)は次のように語ります。

「人々の生活を豊かにするイノベーションは、電動化や知能化をはじめとするこれまでになかった高度な技術だけに留まりません。
観察や固定概念に囚われない発想により、すでに存在するものから新たな可能性を見つけだし、より快適な体験の提供に繋げることもイノベーションです。

このようなイノベーションの実現にブリコラージュの概念をもとにしたプロセスはとても適しています。
何より、試作している我々にとってとても楽しいものでした。

また、“くうねるあそぶ”、は30年以上前に発売した『セフィーロ』のキャッチコピーでした。
あの頃描いた、セダンで「食べる」、「寝る」、「遊ぶ」の夢は今も続いています。

この『コンテンポラリー ライフスタイル ビークル』は、その現代解釈版です。

ブリコラージュから導かれるイノベーションは、サステナビリティを推進するうえでの課題にも有効であると考えています。
今回の『コンテンポラリーライフスタイルビークル』は、ブリコラージュがものづくりに与えるインパクトを示す第一弾にすぎません。
今後もこの『ブリコラージュ』の概念で新しいイノベーションを探求し、皆さまにワクワクをお届けしてまいります。」

とのことです。

まとめ

先日話題になった、日産の「コンテンポラリー ライフスタイル ビークル」ですが、立て続けに、新型タイプの車種を発表しました。

GT-R、フェアレディなどが期待される中、新たな視点からの発表は人々を驚かせたことでしょう。

新たな日産に希望と期待が持てる発表でした。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。