スーツケースモチーフが映えるスズキ スペーシアの内装を紹介

スズキ スペーシアは、日常使いや家族でのお出かけに最適なファミリー層向けの軽ハイトワゴンです。

内装は、ゆったりとくつろげる広々とした車内空間スーツケースをモチーフにした遊び心いっぱいのデザインで人気を集めています。

本記事では、スペーシアの内装を厳選してご紹介していきます。

関連記事:人気の軽自動車をおすすめランキングで紹介!車選びのポイントも解説

関連記事:【冬コーデ】今冬はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

スズキ スペーシアはどのような車なのか?

エクステリアは、スーツケースをモチーフにしたスクエアデザインを採用しています。

カラーはカジュアルでおしゃれな8色と、ルーフにホワイトのアクセントを加えた2トーンルーフ仕様車4色の全12パターンと豊富に用意されており、ご自身の好きな色や、パーソナルカラーに合う色も見つかるでしょう。

多彩なシートアレンジで荷物の積載量を調節できる広くて使いやすい車内空間や、パワフルで低燃費な走り、先進の安全装備が充実している等の理由で、人気を博しています。

関連記事:スペーシアの燃費を調査!スペーシアの魅力と燃費のいい走り方を紹介

スズキ スペーシアの内装の魅力を紹介

ここでは、家族全員が快適にくつろげるスズキ スペーシアの内装の魅力を紹介していきます。

足元までゆったりくつろげる、ソファのようなシート

スズキ スペーシアのシートは大きな背もたれが特徴で、まるでソファのような座り心地が魅力です。

全てのシートに独立したスライドが付いており、各シートごとに前後の位置を調節できるため、座る人の体格にあわせて足元までゆったりとしたスペースを確保できます。

また、前席の背もたれを後ろに倒し後席とつなげるとフルフラットにすることができます。

関連記事:広い軽自動車の人気車種7選!購入時の選び方や魅力も併せて解説

スーツケースをモチーフにした、遊び心いっぱいのインパネ

スーツケースをモチーフにしたデザインのインパネは遊び心がいっぱいです。

助手席には車検証や地図などを収納するのに最適なインパネアッパーボックスや、引き出し式のドリンクホルダー、ボックスティッシュがぴったり入るインパネボックスが用意されています。

スペーシアとよく比較される車

広さについては、以下の2車種と比較されることが多いです。

標準モデル同士で比較をしてみます。

ホンダ N-BOX

スズキ スペーシアHonda N-BOX
グレードHYBRID X、HYBRID GG、L、Lターボ、EX、EXターボ
室内長(mm)2,1552,240
室内幅(mm)1,3451,350
室内高(mm)1,4101,400
※参考元:スズキ スペーシア|主要諸元表ホンダ N-BOX|主要諸元表

関連記事:N-BOXの燃費はどのくらい?選ばれている理由や燃費向上のコツを紹介

ダイハツ タント

スズキ スペーシアダイハツ タント
グレードHYBRID X、HYBRID GXターボ、X、カスタムRS、カスタムX
室内長(mm)2,1552,125
室内幅(mm)1,3451,350
室内高(mm)1,4101,370
※参考元:スズキ スペーシア|主要諸元表ダイハツ タント|主要諸元表

関連記事:タントのグレードや機能は?カーリースでの使用する際のメリット・デメリットも紹介

車内空間については、各メーカーの代表的な軽トールワゴンを比較すると、大きな差は見られませんでした。
どの車も軽自動車の規格の中で広々とした車内空間を実現していることがわかります。

スズキ スペーシアについては、天井が少し高く、両サイドもまっすぐなスクエア型のボディであるため、頭上も肩周りも圧迫感がなく大人4人が乗ってものびのびと過ごせる点が魅力です。

スペーシアの別のモデルも見てみましょう。

スペーシア カスタム

元々は「パレットSW」の後継として、スペーシアのスポーティモデルとして販売されました。

スペーシアの可愛らしい外見に対して、スペーシア カスタムはフロントメッキグリルが大型化されるなどスポーティな外装になりました。

内装

ブラックを基調に、ピアノブラック・メッキ加飾・シルバー加飾が施されています。

スペーシア ギア

「遊びゴコロにギアを入れろ」のキャッチフレーズのもと、スペーシアのSUVモデルとして、2018年に販売開始されました。

スペーシア ギア MY STYLE

2021年12月、スペーシア ギアに特別仕様車「MY STYLE」が設定されました。

SUVの風味は残しつつも、まったりと自分の時間を過ごしたいというコンセプトで生まれました。

スペーシアシリーズは、収納の多さも魅力の一つです。

前の座席の裏側など、いたるところに収納スペースがあります。

インパネからダッシュボードにかけても、個性を出しつつゆっくりできる自分の空間を演出しています。

自分の時間、自分の空間とまさに「MY STYLE」を実現した車となりました。

スペーシア ベース

2022年8月に、商用車としてデビューしました。
商用車を謳っているものの、乗用車としても使い勝手の良い車です。

収納の多さも健在です。

まとめ

スズキ スペーシアは、毎日の運転を旅行気分で楽しめる、スーツケースをモチーフにしたデザインが魅力の軽ハイトワゴンです。

まるで家のリビングのような、家族の憩いの場所となる広々とした車内空間もポイントであり、隅々までニーズに応える装備も揃った内装は一見の価値があります。

スズキ スペーシアの購入をご検討される際は、ぜひ内装にも着目して検討を進めましょう。

画像引用元:本田技研工業株式会社

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。