レクサスとトヨタの違いとは?関係性について徹底解説

レクサスはトヨタが展開している高級車ブランドです。

さまざまな高級車をラインアップしており、国内外で高い人気を誇っています。

しかし、レクサスとトヨタが販売する車にはどのような違いがあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、レクサスとトヨタの違いや関係性について詳しく解説していきます。

関連記事:トヨタの高級車一覧!価格順のランキングTOP5を紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

レクサスとトヨタの関係性について

レクサスは国内企業であるトヨタが展開するブランドですが、日本ではなく北米で立ち上げられました。

ここでは、北米で展開された理由を含めてレクサスとトヨタの関係性について解説していきます。

レクサスは海外向けに誕生した高級車ブランド

レクサスLS
レクサス LS 出典:LEXUS

レクサスはトヨタが1989年に北米にて展開を開始した高級車ブランドです。

当時、米国では高級車の需要が高まっており、トヨタは高級車市場への参入を計画します。

しかし、米国では実用的な大衆車のイメージが強かったため、新たな販売戦略が必要になりました。

そこでトヨタは、メルセデスベンツやBMWなどの高級車に対抗するべく、機能性や品質を重視した高級車ブランドの「レクサス」を立ち上げ、初代LSの販売を開始します。

静寂性や精度の高さ、充実したサービスは好評で、レクサスは高級車市場への参入に成功しました。

関連記事:高級車こそボディカラーにこだわる!レクサス「LS」のカラーバリエーションや特徴について解説

日本国内で販売を開始

レクサスブランドは日本国内で展開せず、トヨタブランドとして国内向けに仕様変更し、セルシオ、アリストなどの別名称で販売されていました。

しかし、2005年から国内でレクサスのディーラー展開が始まります。

トヨタブランドからレクサスブランドへと受け継がれ、セルシオは「LS」アリストは「GS」など、名称や品質基準を統一して日本での販売が開始されました。

レクサスGS350 特別仕様車“Eternal Touring”
レクサス GS350 特別仕様車“Eternal Touring” 出典:LEXUS

レクサスとトヨタの違い

レクサスとトヨタでは、大きく分けて「品質」「サービス」「売却額」の3つの違いがあります。

それぞれの違いについて詳しくみていきましょう。

品質

高級車ブランドのレクサスは、トヨタよりも高い品質基準が設けられています。

レクサスで取り扱っている部品は一つひとつの精度が高く、トヨタ車にはない新開発のパーツや技術が活用されているのが特徴です。

車種によっては、レクサスとトヨタで車の基礎となるプラットフォームを共通していますが、異なる溶接方法で剛性を強化するといった、独自の改良点が加えられています。

また、レクサスは内装の質感にこだわっていることも特徴の一つです。

レクサスLS、運転席内装
レクサス LS 出典:LEXUS

トヨタ車の内装は、木目調のプラスチック素材を採用しています。

しかし、レクサス車の内装には、ウッドやアルミなどを使用し素材にもこだわっています。

関連記事:【ジャーナリストレポート】クラウン クロスオーバーの内装・外装を解説

サービス

レクサス車を購入すると、トヨタにはない「レクサスオーナーズデスク」といわれるサービスを利用できます。

車内ディスプレイの「オーナーズデスク」を選択するだけで、オペレーターによる24時間365日サポートを受けることが可能です。

レクサスオーナーズデスクでは、ナビの目的地設定や駐車場案内のサポート、ホテル・レストランの紹介・予約などの便利なサービスも受けられます。

また事故を起こした際には、レッカーの手配や保険会社への連絡などトラブル直後から後のケアまで支援することが可能です。

レクサスオーナーズデスクのサービス以外にも、無料で地図更新やETC車載器などが標準装備されています。

売却価格

品質基準の高いレクサスの販売価格はトヨタ車よりも高額で、値引きを行いません。

レクサスの高いブランド力を維持できるため、中古車市場の相場がトヨタ車に比べて高値で安定します。

なかにはトヨタ車のトップグレードよりも、レクサス車のベースグレードのほうが高値で売却できることもあるでしょう。

関連記事:中古車の値上がりによる買い取り相場への影響は?要因や売り時を徹底解説!

レクサス NXとトヨタ ハリアーのスペックを比較

人気のSUV「レクサス NX」と「トヨタ ハリアー」は共通のプラットフォームを活用しています。

ここでは、それぞれのスペックを比較していきます。

レクサス NX

レクサスNX
レクサス NX 出典:LEXUS

NXは次世代レクサスを切り開くデザインとして、動的性能に基づくフォルムが魅力的なSUVです。

NXにはレクサスブランドで初となるプラグインハイブリッド車が設定されています。

ハリアーと共通のGA-KプラットフォームはNX仕様に変更されており、6つの豊富なパワートレーンシステムが採用されているのが特徴です。

ハリアーとエンジンの型式は同じですが、NXは高出力モーターを採用しているため、よりパワフルな仕上がりになっています。

また、ミッションに8速ATを採用しているのもポイントといえるでしょう。

ガソリン車にはハリアーに設定されていない2.4Lターボエンジンをラインアップしており、スポーティーな走りを楽しめます。

安全面では「Lexus Safety System +」が標準装備されており、充実した予防安全技術で運転をサポートします。

NXの基本スペックは以下の通りです。

メーカーレクサス
車名NX
ボディタイプSUV
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,660×1,865×1,660
車両重量(kg)1,730
総排気量(cc)2,487
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)55
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段変速機
カラー(全9種)・ソニッククォーツ
・ソニックチタニウム
・ソニッククロム
・ブラック
・グラファイトブラック ガラスフレーク
・マダーレッド
・ブレージングカーネリアン コントラストレイヤリング
・テレーンカーキマイカ
・セレスティアルブルー ガラスフレーク
※参考元:レクサス公式サイト│NX
※参考元:主要諸元表
※紹介グレード:NX350h

関連記事:レクサスはステーションワゴンを販売している?レクサスが販売する車の特徴を解説!

トヨタ ハリアー

トヨタの高級SUVのハリアーは見た目が美しいクーペフォルムで、NXよりもシャープなボディが特徴です。

プラットフォームが共通のため、ボディサイズに変わりはないですが、全長と全幅が少し異なります。

ハリアーの内装は、NXにはない調光サンルーフをオプション装備し、調光・透過をタイムラグなく瞬時に切り替えることが可能です。

同型のエンジンを採用していますが、出力はNXよりもやや劣ります。
しかし、排気量は変わらないため、街乗りする際に大きな差を感じることはないでしょう。

燃費性能はハリアーのほうがよいといえます。
NXの燃料はハイオクですが、ハリアーはレギュラーガソリンです。
レギュラーガソリンは、ハイオクより安価であるため、コスト面に優れているといえるでしょう。

また、トヨタの先進予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備されています。

ハリアーの基本スペックは以下の通りです。

メーカートヨタ
車名ハリアー
ボディタイプSUV
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,740×1,855×1,660
車両重量(kg)1,680
総排気量(cc)2,487
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)55
駆動方式2WD
トランスミッション電気式無段階変速機
カラー(全7種)・プレシャスブラックパール
・センシュアルレッドマイカ
・ブラック
・ダークブルーマイカ
・スレートグレーメタリック
・プラチナホワイトパールマイカ
・スティールブロンドメタリック
※参考元:主要諸元表
※参考元:内外配色一覧
※紹介グレード:Z(ハイブリッド車)

関連記事:ハリアーのサイズは?外観や車内の特徴についても解説

まとめ

この記事では、レクサスとトヨタの違いや関係性について紹介しました。

レクサスはトヨタが展開する高級車ブランドです。
北米で立ち上げられ、日本では2005年からレクサスのディーラーによって販売されています。

高級車ブランドのレクサスには高い品質基準が設けられており、トヨタブランドとは異なる車種をラインアップしています。

またレクサスオーナーだけが受けられるサービスである「レクサスオーナーズデスク」も特徴です。
ブランド力が安定しており、売却価格もトヨタ車に比べて高くなる傾向があります。

今回紹介したレクサスとトヨタの違いを参考にして、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。