ヤリスクロスの燃費はどのくらい?燃費や走行性能を解説!

一般的なSUVよりも、コンパクトなサイズが特徴の トヨタ ヤリスクロス。
アウトドアだけではなく、小回りが利き街中でも運転がしやすいモデルとして人気があります。

また1,896,000円〜と手に入れやすい価格帯である点や、
トヨタの予防安全技術「Toyota Safety Sense」が搭載(グレードZ、Z”Adventure”ではアダプティブハイビームシステムはオプション装備です)されている点がポイントです。

この記事ではヤリスクロスの燃費性能や他メーカーの車種との燃費比較に加えて、走行性能や機能についても解説します。

関連記事:SUV人気ランキング!各車種おすすめポイントも解説

トヨタ ヤリスクロスはどのような特徴のある車か?

ヤリスクロスは、どのような特徴をもつ車なのでしょうか。
ここではヤリスクロスの概要や、特徴について解説していきます。

概要と特徴

ヤリスクロスには、

  • 小型のクロスオーバーSUV
  • ボディサイズが小さく、小回りが利く
  • 200万円前後と比較的手に入れやすい価格帯

という特徴があります。

SUVの販売価格の一例を挙げると、高級大型SUVであるランドクルーザーは400万円台、高級クロスオーバーSUVのハリアーは約300万円(いずれもエントリーモデル)台です。

その点、ヤリスクロスは比較的小型であるため、街中の運転にも適しています。
また他のSUV車に比べ価格帯も安いため、手に入れやすいでしょう。

「小回りが利き運転がしやすい」「手に入れやすい価格帯」という点で人気です。

関連記事:SUVの7人乗りは気軽なサイズ感がいい!人気のおすすめSUVを紹介!

トヨタ ヤリスクロスの燃費はどのくらい?燃費性能を解説!

カタログに記載されているヤリスクロスの燃費や、実燃費はどのくらいでしょうか。

ここではヤリスクロスの各燃費性能を、ハイブリッドシステムの有無、グレードや2WD・4WDなどの駆動方式ごとに紹介していきます。

燃費性能の特徴

ヤリスクロスのガソリン車には、トヨタが新たに採用した開発手法「TNGA」の思想に基づく、1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジンが搭載されています。

このエンジンのおかげで、「走る・曲がる・止まる」などの基本性能が引き上がありました
車体の低重心化が図られており、安定した軽快な走りを実現しています。

関連記事:SUVの価格はどのくらい?ボディ別の特徴や価格、燃費性能を解説!

カタログ燃費

ヤリスクロスにはハイブリッドシステムの有無に加えて、2WD・4WD(ハイブリッドはE-Four)の駆動方式があります。

仕様ごとに分けたWLTCモードカタログ燃費は、以下の通りです。

まず、2WDの各グレードにおけるカタログ燃費を紹介します。

ハイブリッドGR SPORTZ,Z”Adventure”GX
WLTCモード(km/L)25.027.830.230.8
市街地(km/L)25.929.431.231.4
郊外(km/L)26.129.933.033.5
高速道路(km/L)23.926.128.229.0
参考元:ヤリスクロス|諸元表
ガソリンGR SPORTZ,Z”Adventure”GX
WLTCモード(km/L)17.618.819.820.2
市街地(km/L)13.314.415.015.3
郊外(km/L)18.719.720.821.3
高速道路(km/L)19.621.122.222.5
参考元:ヤリスクロス|諸元表

次に、4WD、E-Fourの各グレードにおけるカタログ燃費を紹介します。

ハイブリッド(E-Four)Z,Z”Adventure”GX
WLTCモード(km/L)26.028.128.7
市街地(km/L)26.428.529.5
郊外(km/L)27.229.930.9
高速道路(km/L)25.126.727.1
参考元:ヤリスクロス|諸元表
ガゾリン(4WD)Z,Z”Adventure”GX
WLTCモード(km/L)17.418.218.5
市街地(km/L)13.514.014.2
郊外(km/L)18.018.919.3
高速道路(km/L)19.320.420.6
参考元:ヤリスクロス|諸元表

ヤリスクロスの実燃費は?

それでは、ヤリスクロスの実燃費を見ていきましょう。

実際に車を利用する人によって投稿された情報をまとめている、「e燃費」というWebサイトを参考にしております。

ヤリスクロスの購入を検討する際に、ご参照ください。

駆動方式カタログ燃費
WLTCモード
(km/L)
実燃費
(km/L)
ハイブリッド(2WD)25.0〜30.824.28
ハイブリッド(E-Four)26.0〜28.722.05
ガソリン(2WD)17.6〜20.216.06
ガソリン(4WD)17.4〜18.513.87
※参考元:e燃費

ヤリスクロスと他車の燃費を比較

つづいてヤリスクロスと、他車の燃費を比較してみましょう。

比較した他車の概要とカタログ燃費

今回比較した各車の概要や、グレードは以下です。

  • 日産 キックス:グレードXなど/2WD(FF)/総排気量1.2L
  • ホンダ ヴェゼル:グレードe:HEV X/2WD(FF)/総排気量1.5L

なおヤリスクロスについては、グレードHYBRID Xの2WD(FF)/総排気量1.5Lのタイプを基準とし、比較しました。

日産 キックス

グレードX/2WD(FF)/総排気量1.2L

2008年に登場したキックスは、三菱自動車の人気車「パジェロミニ」のOEM供給を受けて販売されました。
生産終了となった時期もありますが、2020年6月には新型キックスが日本市場に再登場しました。
日産独自のシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」が導入されています。

ホンダ ヴェゼル

グレードe:HEV X/2WD(FF)/総排気量1.5L

ホンダ ヴェゼルは、コンパクトなサイズで街中での運転でも小回りが利く、都市型のクロスオーバーSUVです。
ラインアップにはハイブリッド車が含まれており、高い燃費性能を誇ります。
さらに、充実した運転支援システムにより安全性が高いことも評価されています。

関連記事:ヴェゼルの燃費は?他車との比較を紹介!ソニー・ホンダモビリティはどう動く?

カタログ燃費トヨタ
ヤリスクロス
日産
キックス
ホンダ
ヴェゼル
WLTCモード(km/L)28.723.025.0
市街地(km/L)29.523.224.7
郊外(km/L)30.925.327.1
高速道路(km/L)27.121.623.9
※参考元:キックス|諸元表ヴェゼル|諸元表

上記の数値について、排気量の差や実際に走行させた際の燃費はカタログ燃費とは異なる点を含んだ上で参考としてください。

ヤリスクロスの燃費以外の魅力も紹介

コンパクトSUVとして人気のあるヤリスクロス。

実は燃費性能のほかにも、さまざまな魅力があります。

  • 運転時の快適な乗り心地
  • 便利な機能が満載

それぞれ詳しく見ていきましょう。

魅力①運転時の快適な乗り心地

ヤリスクロスの4WD、E-Fourモデルには、リヤサスペンションにダブルウィッシュボーン式が採用されています。
これにより、サスペンションの浮き沈みに対してタイヤの角度が変わりにくく、快適な乗り心地を実現します。

またヤリスクロスには、ガソリン車の4WDには「マルチテレインセレクト」が搭載されております。
この装備は、路面の状況に応じて「MUD&SAND」「NORMAL」「RPCK&DIRT」から最適なモードを選択できるシステムです。

つまり舗装された通常の道路はもちろん、砂利道やぬかるんだ道、凹凸が激しい山道などのオフロードでも、
最適なモードを選べば快適に走行することができる
のです。

魅力②便利な機能が満載

ヤリスクロスには、スマートキーを携帯していればリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、バックドアが自動開閉できる機能「ハンズフリーパワーバックドア」が搭載されています。

この機能があることで、お買い物やお子さまを抱えた状態など、両手がふさがっていてもドアを開けることができます。

小さいお子さまがいらっしゃるご家庭では、大活躍間違いなしです。

また、コンセント(AC100V・1500W)がラゲージルームに設置されています。
災害時などは「非常時給電システム」を使用して、消費電力の合計が1500W以下の電気製品を使用できます。

まとめ

今回は、コンパクトSUVとして高い走行性能や利便性、そして燃費の良さを兼ね備えたヤリスクロスについて紹介しました。

アウトドアだけではなく、街中での運転においても小回りが利く使いやすい車です。

ぜひこの機会にご検討ください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。