軽自動車の新型モデル一覧!2023年に登場した車をおさらい

軽自動車は、維持費の安さやコンパクトな車内などにより多くの人気を集めている車です。

そのため、各メーカーからは、新型モデルの軽自動車が毎年のように発売されています。

この記事では、昨年2023年に登場した新型軽自動車を3台紹介します。軽自動車の購入を考えている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

関連記事:【2024年】人気の軽自動車ベスト26車種をおすすめランキングで紹介!選ぶポイントも解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

軽自動車の新型モデル1:N-BOX

N-BOXは、ホンダが製造・販売している四角いボディが特徴の軽自動車です。

ここではN-BOXの概要や、新型N-BOXに関する情報を解説します。

N-BOXとは

初代N-BOXは、2011年に発売され、当時人気を誇っていたダイハツタントに対抗する目的で作られたといわれています。

軽自動車規格のミニバンのようなイメージの車で、車内空間が広く感じられるのがN-BOXの特徴です。

初代N-BOXは発売後すぐに大ヒット商品となり、そこから10年以上にわたってホンダの看板商品となっています。

ホンダN-BOXバナー2

新型N-BOXの概要

2023年10月6日、ホンダは新型N-BOXを発売しました。N-BOXの特徴である広々とした車内空間というコンセプトを継承しつつ、魅力的な車に生まれ変わりました。

今回新たに発表された新型N-BOXは運転のしやすさに力を入れており、コックピットからの眺めは、開放感のあるすっきりとした視界が確保されるようになっています。

また、N-BOXは安全性にも十分に配慮されている軽自動車です。
先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が標準装備されており、運転に自信のない人でも安心してハンドルを握れる車です。

快適なカーライフを送れる装備として、ホンダの軽自動車では初めて車載通信モジュールの「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」が採用されました。

新型N-BOXの価格・燃費など

新型N-BOXには、いくつかのグレードが用意されています。

FFタイプの車で比較した場合、最も安価なグレードは通常のN-BOXで、価格は1,648,900円、WLTCモード燃費は21.6km/Lです。

シンプルなエクステリアからは、親しみやすさを感じられます。また、インテリアにも落ち着いた基調の色合いが採用されており、まるでリビングにいるかのような安心感を得られるでしょう。

一方の最上級グレードは、N-BOX CUSTOM ターボ コーディネートスタイル(2トーン)で、価格は2,229,700円、WLTCモード燃費は20.3km/Lです。

このグレードは上品さを感じられるエクステリアが特徴的で、落ち着いた佇まいの見た目になっています。

インテリアはブラックを基調としており、スタイリッシュで高級感のあるデザインのグレードです。

軽自動車の新型モデル2:スペーシア

スズキスペーシア2023年モデル
スズキ スペーシア 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

スペーシアは、スズキが製造・販売しているハイトワゴンタイプの軽自動車です。

ここではスペーシアの概要や、新型スペーシアに関する情報を解説します。

スペーシアとは

初代スペーシアは、2013年に発売されました。それ以後、スズキを代表する軽自動車として、長い間人気を誇っています。

スズキスペーシア2013年モデル
スズキ スペーシア 2013年モデル
出典:スズキ株式会社

大きく「スペーシア」と「スペーシアカスタム」という2種類に分けられ、これまで初代と2代目が発売されています。

スズキスペーシア2017年モデル
スズキ スペーシア 2017年モデル
出典:スズキ株式会社

そして2023年に販売されたのが、新型の3代目です。

新型スペーシアの概要

スズキスペーシア2023年モデル
スズキ スペーシア 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

3代目の新型スペーシアは、通常のスペーシアとスペーシアカスタム2種類、発売日は2023年11月22日でした。

これまでのスペーシアのコンセプトは、スーツケースでしたが、今回のコンセプトは、大容量で頑丈なコンテナに変更されています。

「わくわく満載!自由に使える安心・快適スペーシア」というキャッチフレーズのように、これまでより快適な車内空間が実現されており、スペーシアが本来持つ魅力がさらに強化されています。

スズキスペーシア2023年モデル
スズキ スペーシア 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

またワクワク感と心地よさを感じられるスペーシアと、上質感と華やかさを感じられるスペーシアカスタムというように、それぞれの異なる魅力的なデザインにも注目です。

コックピット周りの収納スペースも適切な位置に配置されており、ストレスなく運転できる環境が整っています。

スズキスペーシア2023年モデル
スズキ スペーシア 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

新型スペーシアの価格・燃費など

スペーシアのなかで最も安価なグレードは、スペーシア 「HYBRID G」です。

このグレードの2WDモデルの価格は1,530,100円からで、WLTCモード燃費が25.1km/Lです。
ボディカラーは、落ち着いたオフブルーメタリックから定番のピュアホワイトパールまで、8種類のなかから選べます。

スズキスペーシア2023年モデル
スズキ スペーシア 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

一方でスペーシアの最上級モデルは、「スペーシアカスタム HYBRID XSターボ」です。

このグレードの2WDモデルの価格は2,073,500円からで、WLTCモード燃費が21.9km/Lとなっています。

スズキスペーシアカスタム2023年モデル
スズキ スペーシアカスタム 2023年モデル
出典:スズキ株式会社

ボディカラーは、おしゃれな「インディゴブルーメタリック2ブラック2トーンルーフ」など、豊富な11種類のなかから選ぶことができます。

軽自動車の新型モデル3:デリカミニ

デリカミニは、三菱自動車が製造・販売しているスーパーハイトワゴンに分類される軽自動車です。ここでは、新型デリカミニに関する情報を解説します。

関連記事:人気のスーパーハイトワゴンを横並びでライバルチェック(2023年冬最新版)

デリカミニの概要

デリカミニは、SUVとミニバンを掛け合わせるという、三菱デリカのコンセプトから実現した新型の軽自動車です。

元々あったデリカは、頑丈なボディと逞しい走りで、過酷な場所にでも連れて行ってくれる三菱の人気車です。デリカミニは、このデリカの流れを軽自動車に落とし込んだモデルになっています。

フロントバンパー、テールゲートガーニッシュには、「DELICA」のロゴが立体的に配置されています。半円形のLEDポジションランプも、デリカのタフさをしっかり受け継いだデザインが特徴的です。

このようにデリカミニは、デリカの力強さをしっかり感じられるエクステリアが魅力的な軽自動車です。

ボディカラーは、2トーンカラーも含めて豊富な全12色のなかから選べるため、お気に入りの色を見つけられるでしょう。

新型デリカミニの価格・燃費など

新型デリカミニは、大きく通常エンジンの「Gモデル」と、ターボエンジンの「Tモデル」に分かれます

最も安価なモデルは、2WDモデルのGグレードで価格は1,804,000円、WLTCモード燃費は26.7km/Lです。

2WDの最上位モデルは、T Premiumグレードで価格は2,074,600円、WLTCモードは22.4km/Lとなっています。

元祖デリカ同様に、軽自動車でありながら力強い走りができる魅力的な車です。いろいろな場所に冒険に出かけたくなるでしょう。

まとめ

今回は、2023年発売の新型軽自動車を3つ紹介しました。

軽自動車は、車両本体価格を抑えることができ、運転に不慣れな人でも運転しやすいため、日本では人気があります。

そのため、各メーカーも毎年のように新型の軽自動車を発売しています。

今回紹介した3つの新型軽自動車は、最新の機能を搭載しているおすすめの車です。気になった人は、ぜひご自身の目で確かめてみてください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。