EVを家庭用電源に活用するV2Hが普及!仕組みやメリットとは?

EV(電気自動車)のV2Hとは車に蓄積された電力を家屋でも使用できるよう、家に電力を送ることできるシステムであり、導入する家庭が増加傾向にあります。

そのため、V2Hに魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。

この記事ではEVにおけるV2Hの特徴やメリットなどを解説します。

活用する際の注意点についても紹介するため、自分の家庭でもV2Hを活用するべきかどうかの参考にしてみてください。

関連記事:EVとはどのような車なのか?EVの種類やメリットやデメリットを解説

V2HとはEV車の電力を家庭で有効活用するシステム

V2Hにおける「V」と「H」はそれぞれVehicle(車)とHome(家)を意味しており、「2」は英語の「to」を表しています。

車に蓄積された電力を家屋でも使用できるよう、家に送ることが可能なシステムのことであり、電力の充電や給電の場面に活用されます。

V2Hを活用することで電気代を節約できる、災害が起きた際の停電時でも電力を使用できるなどのメリットが得られます。
特に電気代の節約は月単位ごとに見ると大きな差はありませんが、長期的に見ると多額の電気代を節約可能です。

EVと家の電力を行き来させられるシステムであり、バッテリーを蓄えておくこともできるため、効率よく日常生活で電気を使用可能です。

以下では、V2Hの使い方をシーンごとに解説します。

通常の場合

陽が出ている日中は、太陽光発電を利用して太陽光を電力に変換できるため、蓄積された電力を車に充電したり、家の電気製品を活用できたりします。

一方で、太陽光で家に電力が蓄積されない夜間や雨天時には、V2Hを通してEVから家に電力を送ることができるため、電気代の高い日中でも使用料金をおさえることができます。

状況や使い方にもよりますが、太陽光から生み出す電力やEVに蓄積された電力をバランスよく活用することで、これまでより電気代を大幅に節約可能です。

関連記事:EVの航続距離はどれくらいなのか?ガソリン車との違いも解説

停電が起きた場合

停電時の蝋燭

EVは蓄電池としても使用可能です。

たとえば、災害により停電が起きた際は、電気会社から電力は送られてこないため、家では電気を使用できない状態に陥ってしまいます。

しかし、V2Hを通してEVから家に電力を送ることで、停電時でも電気を使用できるようになります。

関連記事:EV車のメリットとは?特徴やデメリット、今後の動向を解説

V2Hの普及

これまで電気自動車を所有する家庭では、200Vコンセントの設置が一般的でした。

しかし、EVに蓄積された電力を走行に使用するだけでなく、家のなかでも使用できるよう電気の行き来を可能にするシステムV2Hが導入されるようになりました。

そのため、現代では太陽光を電気に変換するといった変換技術や、車を休めている夜間に電気の充電が可能な蓄電池の活用が進み、電気代の節約が実現可能となっています。

現代では技術レベルの向上が著しく、充電器の性能向上や太陽光発電の普及などが進むことで、よりお得で便利な生活が送れるようになっています。

V2H機器の仕組みは2パターン

ev給電イメージ

V2Hは家庭から車への充電や、車から家庭への給電を行うことができます。
それぞれ「非系統連系」や「系統連系」と呼称されており、概要は以下の通りです。

非系統連系

非系統連系とは太陽光発電を設置していても、していない場合でも売電のみ利用しているケースを意味します。
EVから電力を給電している最中は、電力会社から受ける電力を使用できない点に注意が必要です。

系統連系

一方で、系統連系とは太陽光発電が既に設置してあり、電力を発電して自身の家庭で消費できることを意味します。

太陽光を変換することで車や家でも電力を使用可能です。
非系統連系とは異なり、EVから電力を給電している状態でも、電力会社から受ける電力を使用できます。

V2Hを活用するメリットは5つ!

V2Hを活用するメリットは多々あるため、有効活用するためにも特徴を把握する必要があります。

V2Hの良さを引き出すためにも、活用するメリットを以下で解説します。

電気代を節約できる

V2Hの活用次第では、電気代を大きく節約することができます。

EVを充電する場合、太陽光から変換した電力、もしくは料金の安い深夜帯での充電を行うことで、電気代の節約につながります。

一方で、日中にEVを使用しない場合、電力会社から送られてくる電力の代わりに車に蓄積されている電力を使用すれば、料金の高い日中に家で電気を使用しても安く済ませることが可能です。

充電時間の短縮が期待できる

これまで一般的であった200V充電用のコンセントと比較して、V2HはEVの充電時間が短い点が特徴です。
そのため、充電が十分にできていない心配や不安を払拭できます。

電池の容量が大きい

一般的な蓄電池と比較して、電気自動車における電池の容量は大きいとされています。

一般的な蓄電池の容量は4~12 kWhですが、V2Hの容量は10~40kWhと非常に大きい傾向にあり、容量が大きいほど長い時間電力を使用し続けることができます。

災害時の非常用電源として活用できる

災害により停電となった場合にも、V2Hを活用すれば電気を使用することができます。

EVに蓄積されている電力をV2Hを通して家に送ることで、時間に制限はありますが、電気を問題なく使用可能です。

近年は自然災害による被害が多く見受けられ、停電も珍しくはない状況にあります。
電気が使用できなくなると私生活が不便になってしまうため、いつ停電になっても電気が使用できるように準備しておくことも大切です。

EVとV2Hを組み合わせることで、急な停電下でも電気が使用可能となります。

太陽光発電の余剰電力を有効活用できる

太陽光発電により使用できる分の電力が余った場合、自動車走行の代わりとして家でも電力を使用できます。

車と家どちらにおいてもバランスよく電力を使用することで無駄な電気代の消費を防げるため、節約につながるメリットが得られます。

万が一、電力がなくなった場合でも電力会社から電気を調達できるため、電気を使用できなくなる心配はありません。

V2Hを活用する際の注意点は3つ!

メリットばかりではなく、注意するべき点もいくつか存在します。

活用する際の注意点を把握することで、よりV2Hをうまく活用できるようになるでしょう。

V2Hを購入して失敗を起こさないよう、ここではV2Hを活用する際の注意点を解説します。

EVバッテリーが老化する

EVのバッテリーには寿命があるため、年が経過するとともに老化も進みます。

バッテリーの寿命が尽きると交換が必要となり、コストがかかるため老化の進行には注意しましょう。

バッテリーの交換は数万円ほどかかり、決して安い額ではないため、できる限り長期間バッテリーが長持ちするよう大切に扱うことをおすすめします。

充電の仕方によってはバッテリーの寿命に影響が出る

EVの充電を行う際は、バッテリー寿命に悪影響が出るのを防ぐために、毎回V2Hを通して充電するのではなく、200Vコンセントも定期的に使用する必要があります。

数回に1回は200Vコンセントで電力を充電することが大切であり、長く車を愛用したいのであれば、V2Hのみでの充電は避けるべきです。

V2Hを通した充電は急速であるうえ熱を帯びてしまうため、バッテリーの寿命が短くなる可能性が高い傾向にあります。

寿命が尽きるとバッテリーの交換が必要になってしまううえ、車への負担もかかるため充電の仕方には注意が必要です。

関連記事:バッテリー上がりが起きた車、どのような対処法がある?症状や原因を解説!

瞬間的に停電が起きる場合がある

EVから給電を行っている最中に、電力会社からの電力を使用できない点に注意が必要です。

家で使用する電力が、EVからの給電量を上回る場合は、瞬間的な停電が起こってしまいます。

特に電化製品を数多く使用している場合は電力の消耗が激しいため注意しなければなりません。
EVの電力を使用して過ごす場合は、電力を激しく消耗しないよう気を付けましょう。

まとめ

EVのV2Hとは車に蓄積された電力を家屋でも使用できるよう、家に電力を送ることができるシステムであり、近年はEVを持つ世帯に多く導入が進行しています。

車と家庭の電力を自由に行き来できるということは、走行だけでなく電気製品の使用などと、活用の幅は大きく広がることが予想されます。

V2Hには電気代を節約できる、太陽光発電の余剰電力を有効的に活用できるなどのメリットがあるため、生活を豊かにする役割が期待できるでしょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。