審査に必ず通るオートローンは存在する?審査に通るためのポイントを紹介!

車を購入する際に、オートローンを組むことを検討している人は多いのではないでしょうか。

オートローンで車を購入する際には、借り入れ先の審査に通る必要があります。
審査基準は、ローンの種類によって異なるため、審査に通るのか不安な人も多いでしょう。

この記事では、オートローンに関する基礎から、「審査に必ず通るオートローンが存在するのか」という内容について解説します。

オートローンとは

オートローンとは、車を購入する際に信販会社、金融機関などに購入代金を借り入れ、定められた期間内で毎月返済する方法を指します。

以下では、オートローンの利用用途や種類について紹介するため、詳しく理解されていない人は参考にしてください。

関連記事:新車や中古車を購入する際に知っておくべきマイカーローンの金利について

オートローンの利用用途

オートローンは新車や中古車の購入費用だけでなく、車の修理や整備、運転免許証取得費用の借り入れにも利用可能です。

しかし、借り入れ先によってはオートローンが適用されるか異なります。
借り入れ先の申し込み条件を満たしていなければ申請できないため、事前に確認しておきましょう。

関連記事:運転免許ローンは誰でも利用できる?種類や基準、メリット・デメリットについて

オートローンの種類

月200台売るディーラー

オートローンは「金融機関」「信販会社」「販売店」の3種類が存在します。
それぞれ特徴が異なるため、どちらに申請するか選択するためにも概要について理解しておきましょう。

関連記事:新車ローンの組み方 何年がおすすめ? 金利の違いも徹底解説!

金融機関のオートローン

金融機関のオートローンは、金利相場が1~4%程度で低めに設定されています。

また、利点として車の所有権を得られる点が挙げられるでしょう。

しかし、審査基準が他と比べて厳しく設定されています。

販売店での購入手続きや、金融機関での契約を別々に行う必要があるため、労力や手間がかかることを理解しておきましょう。

信販会社のオートローン

信販会社のオートローンは、金利相場が4~8%程度であり、金融機関よりも高めに設定されています。
審査は早めに結果が出やすいため、早急にローンを利用したい人に向いているでしょう。

しかし、車の所有権はディーラーや信販会社であるため、返済期間中の破損・全壊によって発生する費用は自己負担になります。

関連記事:ディーラーローンの金利はどれくらい?ほかのローンとの違いも紹介

販売店のオートローン

販売店が独自で行っているオートローンは、金利相場が設定されていない場合が多いです。

しかし、車体の販売価格に「手数料」が加算されているため、総支払額が高くなるでしょう。

利点は審査が厳しくないため、他のローン審査で通過しなかった人でも通過できる可能性が高いことが挙げられます。
ただし、販売店によって審査基準が異なることを理解しておきましょう。

関連記事:中古車のローン審査とは?ローンの種類や通るポイントを解説

オートローン審査を利用する際の流れ

疑問イメージ

ここからは、オートローン審査を利用する際の流れについて解説します。

返済プランの検討

まずは購入したい車を決定したうえ、見積もりを依頼します。

次に、見積もり額をもとに借り入れする金額を設定し、返済プランをシミュレーションしましょう。

注意点として、金利は最低金利が適用されるとは限らないため、最高金利でシミュレーションを行うことが大切です。

また、車購入後に発生する維持費もシミュレーションに盛り込んだうえで、現実的に返済できるプランを立てましょう。

オートローンへの申し込み

返済プランが確定できれば、オートローンへ申し込みします。
書類に不備がある場合、審査結果に時間がかかるため、書類に不備がないか確認したうえで、申し込みを行いましょう。

オートローン審査を受ける

必要書類の提出後に、オートローンを問題なく利用できるかどうかの審査を受けます。

信販会社のオートローンは早ければ数時間で結果が出る場合があるでしょう。
一方、銀行系のオートローンは数日から1週間程度かかる可能性があります。

関連記事:中古車を自社ローンで購入!メリットや審査のコツを紹介

契約のお手続き

審査に通れば、オートローンの契約内容について間違いがないか、契約者に内容確認の連絡があります。

内容に問題がない場合、オートローンの契約手続きは完了です。

審査に必ず通るオートローンはあるのか?

結論として、審査に必ず通るオートローンは存在しません。

しかし、審査基準は借り入れ先によって異なるため、審査に通りやすい借り入れ先は存在します。

そのため、審査を申し込む前にそれぞれの特徴を確認しておきましょう。

審査項目には、以下を基に審査している会社が多く存在します。

  • 勤続年数
  • 年収
  • 過去の信用情報

審査結果に不安がある人には、他のローン会社と比べて審査が通りやすい信販系オートローンをおすすめします。

オートローンの審査に落ちる主な原因と対処法

運転疲れ3

オートローンに申し込みをしたが審査に落ちてしまう場合があります。

ここでは、主な原因や対処法について解説します。

審査に落ちる主な原因

自身の年収に対して、大幅に超えた金額でオートローンを組むことは困難です。

銀行や信販会社は、年収と借り入れ金額のバランスを踏まえ、契約者本人が問題なく返済できるかを判断しています。

そのため、年収の30%程度が難なく借り入れられると考えることが適切でしょう。

また、これから審査する金額と別にローンを組んでいた場合、その金額も含めて判断されます。

例えば、過去に自己破産の経験がある・借り入れの返済時に滞納があるなど信用性が低いと判断された場合には、審査に落ちる可能性があるでしょう。

そのほかにも、勤続年数が短い、収入が不安定と判断された場合でも審査に通らない可能性があります。

関連記事:年収別!車購入の予算相場とは?おすすめ車種や年間維持費も解説

審査に通るために押さえておくべきポイント

オートローンの審査を通るには、頭金を用意することが大切です。
頭金の金額を増やすことができれば、その分、借り入れ額も抑えられるため、審査に通りやすくなります。

また、ほかに借りているローンがある場合、新たにオートローンの審査を依頼する前に返済を完了させられれば、審査に通る可能性が高まります。

キャッシングやリボ払いも事前に返済しておくことで、更に可能性が高まるでしょう。

自己破産、任意整理の経験がある場合、ブラックリストに載っている可能性があります。
その場合、信用情報が白紙になるまでオートローンの審査に通ることは難しいでしょう。

一度ブラックリストに載ると信用情報として残るため、審査に不利な状況といえます。

関連記事:ブラックリスト掲載者でもカーリースは利用可能?カーリースの審査を通過するコツを紹介!

オートローンを選ぶ際の注意点

ここでは、オートローンを選ぶ際の注意点について解説します。

金利

オートローンを選ぶ際には、金利が低い会社を選ぶようにしましょう。

できる限り安価で車を購入したいのであれば、金利が低いオートローンを選ぶことが大切です。

借り入れ先によっては、金利の差が数万円になることもあります。
金利が低ければ月々に支払う金額も抑えられるため、事前に金利の差について確認すべきでしょう。

関連記事:ディーラーローンの金利はどれくらい?ほかのローンとの違いも紹介

手数料

オートローンを依頼する際は金利以外にも手数料に注意しましょう。
主な手数料の例として「保証料」「事務手数料」が挙げられます。

手数料の金額が多ければ、月々の支払額も高くなるため、金利と同じく事前に確認することが大切です。

まとめ

この記事では、審査に必ず通るオートローンが存在するのかについて解説してきました。

残念ながら、審査に必ず通るというオートローンは存在しません。

しかし、借り入れ先によって審査基準が異なるため、自身の状況を把握し、審査に通りやすい借り入れ先を選ぶことはできます。

また、オートローンの審査に通るためのポイントを理解・実践することで、審査が有利に働く場合があります。
オートローンを検討される人は、審査に通りやすくなるポイントを実践し、素敵なカーライフを実現しましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。