【9月1日完全移行】チャイルドシートを前向きにするのはいつから?正しい基準を把握しよう

6歳未満の乳幼児を車に乗せる場合は、チャイルドシートの使用が義務化されています。

座らせる向きに関して“この月齢からは前向きにしなければならない”という決まりは現在はありません。

しかし、2023年9月1日に安全基準が完全移行し、新基準のチャイルドシートは15ヶ月までは後ろ向きでシートを取り付けることが決められています。そして、お子さんの体格によってもその時期が変わってきます。

この記事では、チャイルドシートを前向きで使用するための基準を紹介します。
9月1日からの安全基準の完全移行に関しても説明していますので、正しい使用方法を理解して、お子様の安全確保に役立ててください。

関連記事:子どもを助手席に乗せてもよいのは何歳から?正しいチャイルドシートの利用方法を解説

関連記事:チャイルドシートは助手席につけてはダメ?シートの種類別に設置すべき位置を紹介

ポチモバナー青
ポチモバナー青

チャイルドシートを前向きにできるのはいつから?

ジュニアシートイメージ

チャイルドシートは1歳ごろから前向きで使用できると聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
でも実は、チャイルドシートを前向きにする時期は月齢で決められているわけではありません。

「1歳になったからチャイルドシートを前向きで使おう」と考えるのは大変危険です。

お子さんのためにも、チャイルドシートを前向きで使用する時期をどうやって判断するか理解しておきましょう。

チャイルドシートを前向きで利用できるかは子どもの体格と月齢で判断する

チャイルドシートを前向きにできる時期は、使用するチャイルドシートによって、身長・体重・目安の月齢(年齢)が定められているのです。

例として、2つのチャイルドシートについて表にまとめました。

チャイルドシートAチャイルドシートB
後ろ向き身長40cm~85cm体重10kg未満
前向き身長76cmかつ月齢15ヶ月以上〜105cm体重9kg以上18kg以下
安全基準UN R129UN R44/04

チャイルドシートAは身長76cmかつ月齢15ヶ月以上。チャイルドシートBは体重9kg以上。
1歳になったら、とは書かれていませんね。

このように、チャイルドシートはお子さんの体格と月齢によって前向き・後ろ向きのどちらを利用できるかが決まっています。説明書をよく読んで確認しましょう。

でも、身長と月齢だったり体重だったり、チャイルドシートによって異なるのはなぜなのでしょうか?
次の章で解説します。

前向きに切り替える時期は「身長と月齢」「体重」どっちで判断する?

2023年4月現在、前向きに切り替える判断基準は「身長と月齢」「体重」があります。
このように2つあるのは、安全基準が移行途中であるためです。

現在日本で販売されているチャイルドシートは「R44/04」または「R129」という安全基準が適用されています。
2つの違いを表にしました。

安全基準R44/04R129
基準体重に合わせる身長に合わせる
月齢15ヶ月以上まで後ろ向き

現在はこの安全基準どちらかに適合した製品が販売されていますが、2023年9月1日に新しい安全基準「R129」に完全移行します。

「R129」適用後は、「身長と年齢」が基準となったチャイルドシートのみが製造されます。つまり、いずれは「身長と年齢」が基準となった製品だけになっていくのです。

製品によってどちらの安全基準に適合しているかが異なるので、取扱説明書をよく読み遵守しましょう。

2023年9月1日の完全移行後も旧基準の製品は利用可能

なお、「R44/04」、「R129」いずれも十分に安全基準を満たしている製品です。
2023年9月1日の完全移行後もどちらの安全基準に適合した製品でも利用できます

ご使用のチャイルドシートがどちらの安全基準になっているか確認してみてください。

チャイルドシートの前向きと後ろ向きの違い

チャイルドシートを使用する際、前向きと後ろ向きでどういった違いがあるのでしょうか。
以下で詳しく紹介します。

安全性

後ろ向きの方が、安全性が高いとされています。乳幼児は身体に対して頭が大きくて重いです。また頭を支える働きをする頸部も未発達の状態です。

こういった時期に前向きに座らせてしまうと、急ブレーキなどの衝撃があった際に頭部が前方へ投げ出される状態になってしまいます。頸部を損傷させる危険性が高いといえるでしょう。

対して後ろ向きで座らせている状態であれば、背中全体で衝撃を分散させて和らげることができます。事故を起こさないことが大切ですが、万が一の事故に備えることも大切です。

設置方法

設置方法は前向きでも後ろ向きでも難度に差はありません。後ろ向きタイプのチャイルドシートには、お子様さんを乗せ降ろしする際に毎回取り外す必要がある製品があります。

チャイルドシートにお子様を乗せた状態で車に設置し、降ろす際はチャイルドシートを取り外してから降ろします。この作業が手間と感じてしまう人もいるでしょう。

お世話のしやすさ

お世話については、前向きの方がしやすいといえるでしょう。またお子様が景色を楽しむことも可能です。

対して運転手以外に同乗者がいない場合、後部座席のチャイルドシートに乗ったお子様が後ろ向きでは表情や状況を確認できません。前向きの方が運転手にとっては安心できるといえます。

チャイルドシートに関する規定

チャイルドシートに関する規定や、違反した場合の罰則などを紹介します。

チャイルドシートの使用義務

道路交通法第71条の3第3項により、6歳未満のお子さんを車に乗せる場合、チャイルドシート着用が義務化されています。

なお法律では6歳未満と決められていますが、身長が140cmに達するまではチャイルドシートを活用した方がよいとされている点を覚えておきましょう。

チャイルドシート着用が一部免除される場合がある

以下のような場合は、6歳未満であってもチャイルドシートをしなくてもよいとされています。

  • チャイルドシートを設置できない構造の車の場合
  • チャイルドシートを設置すると乗車定員数の人数が乗車できない場合
  • 病気や怪我など健康上の理由でチャイルドシートの着用が困難な場合
  • 肥満などの身体的な理由でチャイルドシートの着用が困難な場合
  • 授乳やおむつ替えなどの日常生活上のお世話をする場合
  • バスやタクシーに乗車する場合
  • 特別な許可を得て有償で運送事業を行っている車に乗せる場合
  • 緊急で病院へ連れていくときや迷子を保護して警察署へ行くなどの場合

なお授乳を済ませたあとは、速やかにチャイルドシートに乗せるようにしましょう。
そして可能ならば、走行中ではなく停車させて行うことが望ましいです。

さらに風邪などの症状で病院へ行く場合は、緊急で病院へ連れていくときに該当しない可能性があります。

違反した場合の罰則

チャイルドシートの使用を怠った場合「幼児用補助装置使用義務違反」になります。違反点数1点がドライバーに付加されます。なお反則金などはありません。

違反になるから着用させるのではなく、お子さんの安全を確保するために着用させるという意識を持つことが大切です。

チャイルドシートを活用する際のポイント

check見出し

ここからはチャイルドシートの取り付け方や活用時のポイントなどを紹介します。初めてチャイルドシートを活用するという人はぜひ参考にしてください。

取扱説明書をよく読む

まずお子さんの身長や体重に適しているか、自家用車に取り付け可能かなどを確認するためにも取扱説明書をよく読みましょう。

取り付ける際も取扱説明書を読みつつ、一つ一つの手順を確認しながら進めていくことが大切です。誤った方法で取り付けてしまうと、安全は担保されないでしょう。お子様が危険な状態にさらされてしまいます。

また購入時に確認する事項になりますが、安全基準を満たしている製品かどうかもしっかり確認しましょう。特にインターネットで製品の購入を検討している人は注意が必要です。

定期的に身長と体重を確認する

チャイルドシートを使用する時期は特に成長が早く、すぐに身長・体重が増加します。

チャイルドシートには適用範囲があるため、身長や体重が超えてしまった場合は買い替えが必要です。定期的にお子様の成長具合を確認しましょう。

ハーネスの取り付けや調節を適切に行う

ハーネスが正しく取り付けられていないと、チャイルドシートに乗せている意味がありません。取扱説明書の通りに、そのときのお子様の体格にぴったり合うよう調節しましょう。

またハーネスの肩の高さも調節が必要です。チャイルドシートの肩パッドがお子様の肩に沿うようにします。ハーネスが首を絞めつけるような位置や、耳に当たるような位置は適切ではありません。

さらにチャイルドシートに乗せるときは、厚着も避けてください。厚着をしている場合、シートがきつく感じることがあります。また上着のせいでハーネスをぴったりと装着できず、身体がすり抜けてしまうことも考えられるでしょう。

できるだけ後ろ向きで使用する

身体が未発達な状態の乳幼児期は、安全面を考慮してできるだけ長い期間チャイルドシートを後ろ向きで使用するのがおすすめです。

前向き使用はお世話のしやすさや表情が見られるなどのメリットもありますが、安全面では後ろ向きよりも劣ります。

まとめ

チャイルドシートで眠る赤ちゃん

6歳未満のお子様を車に乗せる場合、チャイルドシートを使用することが法律で義務付けられています。

チャイルドシートは前向きで使用するケースと後ろ向きで使用するケースがあり、前向きに切り替える基準は身長や体重に左右されます。各製品によって適用条件が異なるため、取扱説明書を確認しましょう。

なお、2023年9月1日に完全移行する安全基準「R129」に適合したチャイルドシートでは、生後15ヶ月までは後ろ向きで使用するように定められています。

ただし、たとえ前向き使用ができる基準に達したとしても、できる限り後ろ向きで使用するのがおすすめです。後ろ向きの方が、安全性が高いとされているためです。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。