カローラフィールダーの燃費は他車と比較してどうなのか?

車選びの際に気になるのが、維持費に大きく関わる燃費です。

低燃費な車の一つとしてトヨタが製造・販売しているカローラフィールダーが挙げられます。

カローラフィールダーはガソリン車とハイブリッド車がありますが、それぞれの燃費はどの程度でしょうか。

この記事では、カローラフィールダーのカタログ燃費や実燃費について解説していきます。

関連記事:ガソリン代がお得になるおすすめクレジットカード7選!選び方も解説!

関連記事:カローラスポーツの燃費を調査!燃費性能に加えて走行性能も紹介

関連記事:カローラ ツーリングの燃費は他車と比較してよいのか?

カローラフィールダーの概要

カローラフィールダーは、2012年5月に現行モデルである3代目にフルモデルチェンジされました。

多くの人の視点に立った使いやすさを実現するため、先代よりも基本性能をさらに進化させました。

1.5L直列4気筒エンジンを搭載し、エンジン車とハイブリッド車が設定され、駆動方式はガソリン車が2WD・4WD、ハイブリッド車が2WDのみとなっています。

また、荷室の広さも特徴の1つです。

後部座席を倒して格納するとフラットで広い荷室空間を作り出すことができ、ビジネスからプライベートまで利用しやすい車内となっています。

カローラフィールダーの燃費はどのくらいか?

ガソリンスタンド

カローラフィールダーのガソリン車は2種類に分かれ、低燃費を徹底追求した高効率エンジンである「 2NR-FKE」エンジンを搭載しているものと、パワフルな走りと優れた燃費を両立させた「1NZ-FE」エンジンを搭載いているものがあります。

ハイブリッド車は、低燃費と優れた走りを両立するハイブリッドシステム「THSⅡ」を採用しました。

カローラフィールダーのガソリン車とハイブリッド車の燃費性能は、以下のとおりです。

ガソリンエンジン

駆動方式 グレード
トランスミッション
2WD EX
M/T
2WD EX
CVT
WLTCモード17.2km/L19.8km/L
市街地12.7km/L15.0km/L
郊外18.3km/L20.9km/L
高速道路19.4km/L22.1km/L
※参考元:トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

駆動方式 グレード
トランスミッション
4WD EX
CVT
WLTCモード15.6km/L
市街地11.2km/L
郊外16.9km/L
高速道路17.7km/L
※参考元:トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

ハイブリッド

駆動方式 グレード
トランスミッション
2WD EX
電気式無段変速機
WLTCモード17.8km/L
市街地24.6km/L
郊外30.8km/L
高速道路27.6km/L
※参考元:トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

カローラフィールダーの実燃費を紹介

カローラフィールダーの実燃費はどの程度でしょうか。燃費は、走り方や車の状態によっても変化します。

ここでは「e燃費(実際に車を所有している人により、燃費情報が共有されているWebサイト)」の情報とカタログ燃費を比較しました。

駆動方式グレードカタログ燃費
WLTCモード
2WDEX
ガソリン(M/T)
17.2km/L
2WDEX
ガソリン(CVT)
19.8km/L
4WDEX
ガソリン(CVT)
15.6km/L
4WDEX
ハイブリッド
27.8km/L
※参考元:トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表
     トヨタ カローラフィールダーの燃費
     トヨタ カローラフィールダー(ハイブリッド)の登録情報
駆動方式グレード実燃費
2WDEX
ガソリン(M/T)
16.37km/L
2WDEX
ガソリン(CVT)
16.46km/L
4WDEX
ガソリン(CVT)
13.07km/L
4WDEX
ハイブリッド
21.86km/L
※参考元:トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表
     トヨタ カローラフィールダーの燃費
     トヨタ カローラフィールダー(ハイブリッド)の登録情報

カローラフィールダーの燃費や特徴を比較

メリットとデメリット

ステーションワゴン市場でカローラフィールダーのライバルとなるのが、ホンダが製造・販売している「シャトル」とマツダが製造・販売している「MAZDA6ワゴン」です。

ここでは、この2つの特徴と燃費についてカローラフィールダーと比較して説明します。

ホンダ シャトル

シャトルは、ホンダを代表するコンパクトカーであるフィットのワゴンタイプとして発売されました。

シャトルのグレードは4種類で、ガソリン車が1種類、ハイブリッド車が3種類という構成です。

また、シャトルは5ナンバーのコンパクトサイズですが、流線型のボディラインは窮屈さを感じさせず、上質な印象を与えます。

燃料タンクを前席下に配置するパッケージング技術により空間効率を高め、後部座席や荷室は広々とした車内空間となっています。

カローラフィールダーとの燃費の比較については以下のとおりです。

ガソリンエンジン

  • ホンダ シャトル:G Honda SENSING/2WD
  • トヨタ カローラフィールダー:EX(CTV)/2WD
車名カローラフィールダーシャトル
WLTCモード19.8km/L19.4km/L
市街地15.0km/L14.4km/L
郊外20.9km/L20.3km/L
高速道路22.1km/L22.1km/L
※参考元:ホンダ|シャトル 主要諸元
     トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

ガソリンエンジン

  • ホンダ シャトル:G Honda SENSING/4WD
  • トヨタ カローラフィールダー:EX(CTV)/4WD
車名カローラフィールダーシャトル
WLTCモード15.6km/L17.2km/L
市街地11.2km/L13.1km/L
郊外16.9km/L17.8km/L
高速道路17.7km/L19.4km/L
※参考元:ホンダ|シャトル 主要諸元
     トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

ハイブリットエンジン

  • ホンダ シャトル:HYBRID Z Honda SENSING/2WD
  • トヨタ カローラフィールダー:EX(電気式無段変速機)/2WD
車名カローラフィールダーシャトル
WLTCモード27.8km/L22.8km/L
市街地24.6km/L18.6km/L
郊外30.8km/L23.9km/L
高速道路27.6km/L24.4km/L
※参考元:ホンダ|シャトル 主要諸元
     トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

マツダ MAZDA6 ワゴン

MAZDA6はマツダらしい洗練されたデザインが特徴で、「魂動デザイン」をコンセプトに製造されたボディラインは躍動的でエレガントです。ボディカラーにはマツダの塗装技術である「匠塗 TAKUMINURI」が採用されており、深みと艶感を際立たせています。

また、内装にもこだわり抜き、本物の木やウルトラスエードなどを使用したダッシュボードやナッパレザーを用いたシートが大人の品格を演出しています。

MAZDA6のグレードはワゴン・セダンタイプともに多彩な構成となっています。

カローラフィールダーとの燃費の比較については以下のようになります。

ガソリンエンジン

  • マツダ MAZDA6 ワゴン:X/XD Sports Appearance/XD L Package/XD 20th Anniversary Edition(6EC-AT)/2WD
  • トヨタ カローラフィールダー:EX(CTV)/2WD
車名カローラフィールダーMAZDA6 ワゴン
WLTCモード19.8km/L17.8km/L
市街地15.0km/L14.0km/L
郊外20.9km/L17.4km/L
高速道路22.1km/L20.5km/L
※参照元:マツダ|MAZDA6 装備諸元
     トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

ガソリンエンジン

  • マツダ MAZDA6 ワゴン:X/XD Sports Appearance/XD L Package/XD 20th Anniversary Edition(6EC-AT)/4WD
  • トヨタ カローラフィールダー:EX(CTV)/4WD
車名カローラフィールダーMAZDA6 ワゴン
WLTCモード15.6km/L17.0km/L
市街地11.2km/L13.5km/L
郊外16.9km/L16.6km/L
高速道路17.7km/L19.5km/L
※参照元:マツダ|MAZDA6 装備諸元
     トヨタ|カローラ フィールダー 主要諸元一覧表

カローラフィールダーの魅力とは

カローラフィールダーは燃費や走行性能以外にも魅力が多く、その代表として使い勝手のいい車内空間やスタイリッシュなデザイン、トヨタの先進安全技術などを挙げることができます。

ここでは、カローラフィールダーの燃費以外の魅力について紹介します。

広い車内空間

カローラフィールダーは全長をコンパクトにしながらも長いホイールベースを確保したため、車内スペースが広くなり、大人4人が乗車しても窮屈さを感じさせません。

荷室も先代より拡大させ、大きな荷物の積み下ろしもストレスなく行えるようになっています。

洗練されたデザイン

カローラフィールダーはスポーティでありながらも品のある外観が特徴で、個人の嗜好を満たしてくれる一方で、社用車としても扱いやすくなっています。

ボディカラーはホワイト、シルバーメタリック、ブラックなどの定番色とブロンズがありますが、いずれも落ち着いたトーンで大人の魅力を感じさせます。

安全性能

カローラフィールダーは、全グレードにToyota Safety Senseを標準搭載しています。

歩行者検知して衝突回避を支援するプリクラッシュセーフティや道路上の白線を認識して車線逸脱回避を促すレーンディパーチャーアラート、ハイビームとロービームを自動で切り替えるオートマチックハイビームなど、さまざまな安全性性能を確保しています。

まとめ

大学生

この記事では、カローラフィールダーの燃費を解説しました。

カローラフィールダーのグレード構成はガソリン車とハイブリッド車があり、駆動方式はガソリン車が2WD・4WD、ハイブリッド車が2WDのみとなっています。

またカローラフィールダーは大人4人が乗車しても窮屈さを感じさせないほど車内空間が広くなっています。

ステーションワゴン市場にある他車としては、ホンダが製造・販売している「シャトル」とマツダが製造・販売している「MAZDA6 ワゴン」です。

この二つとカローラフィールダーの燃費を比較してみると、どちらも低燃費ではありますが、カローラフィールダーのハイブリット車の燃費がシャトルとMAZDA6 ワゴンの燃費より多少よいことが分かります。

燃費性能はグレードによって異なりますが、車選びの際は駆動方式やトランスミッションの組み合わせにも留意してみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。