マツダ CX-5に乗るならカーリース(車のサブスク)!メリットも解説!

CX-5は、マツダが製造・販売するクロスオーバーSUVです。

優れた走行性能、洗練されたデザイン、安全性能などが評価されており、人気の高い車種で、マツダのCXシリーズを牽引しているモデルです。

今回は、マツダCX-5の良さとカーリースで乗るメリットをご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。

関連記事:【2023年】人気SUVのおすすめランキング25選!車種の選び方も解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

CX-5の人気の秘訣

6_2020_cx-5_interior_1_l

ここでは、マツダ CX-5の人気のポイントをご紹介します。

  • 優れた走行性能
  • 使い勝手の良い車内空間
  • 洗練されたデザイン
  • 安全性能
  • 多モデル展開

優れた走行性能

CX-5は、マツダの独自技術である「SKYACTIV技術」を採用することで、優れた走行性能を実現しています。

SKYACTIV技術は、エンジン、トランスミッション、シャシーなど、車両のあらゆる部分に採用されており、燃費性能、動力性能、操縦安定性などが非常に高く評価されています。

使い勝手の良い車内空間

MAZDA CX-5 Retro Sports Edition インテリア

また、広々とした室内空間と、使い勝手の良い荷室を備えています。
さらに、さまざまな収納スペースが用意されており、日常生活やレジャーシーンで便利に利用できます。

洗練されたデザイン

CX-5は、マツダのデザイン哲学である「魂動デザイン」を採用した、洗練されたデザインが特徴です。
魂動デザインは、流動的なラインと力強いボリュームを融合させたデザインで、見る人を魅了しています。
そのデザインの良さから、日向坂46の富田鈴花さんも好きな車としてあげています。

関連記事:【日向坂46】富田鈴花さんは高速道路が好きなアイドル!好きな車はOne choiceで決まった?

安全性能

CX-5は、マツダの先進安全技術である「i-ACTIVSENSE」を全車標準装備しています。

i-ACTIVSENSEには、自動ブレーキ、車線逸脱警報、アダプティブクルーズコントロールなど、さまざまな安全機能を搭載されていて、2023年版JNCAPの予防安全性能評価で最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

CX-5のモデル

CX-5の人気の理由の一つに多モデル展開をしているところが挙げられます。

エントリーモデルの他に、以下の4つのモデルがあり、どのようなニーズにも応えることが可能です。

Black Tone Edition

ブラックを基調とした、スポーティなデザインが特徴です。

Field Journey

アウトドアモデルで、オフロードでの走行にも優れている、レジャーシーンでも活躍するモデルです。

Sports Appearance

スポーツモデルで滑らかな走行性能で運転を楽しむことができます。

Exclusive Mode

都市型SUVに求められる性能を追求し、見た目の美しさと機能美を両立させた上質なモデルです。

CX-5にカーリースで乗るメリット

ここでは、カーリースでCX-5に乗るメリットを解説します。

頭金や初期費用を抑えて車に乗れる

カーリースでは、頭金や登録諸費用などの初期費用を抑えて車に乗ることができます。

これは、リース会社が車両代金を全額負担し、リース契約者から月々のリース料を受け取るという仕組みによるものです。

\ポチモカーリースお役立ち情報(外部リンク)/
【リースVS購入】中古車リースの料金シミュレーション!カーリースの基礎から解説

メンテナンス費用も定額で月々支払える

カーリースでは、車検費用や税金、メンテナンス費用も月々のリース料に含まれていることもあり、車の維持費を心配することなく、車に乗ることができます。

メンテナンスなしのプランであれば、月額利用料が減ることもあります。

ポチモのメンテナンスプラン(外部リンク)はこちら

ライフスタイルの変化に合わせられる

カーリースは、契約期間満了時に車を返却するか、そのまま購入するかを選択することができます。

そのため、ライフスタイルの変化に合わせて、乗り換えが自由にできます。

\ポチモカーリースお役立ち情報(外部リンク)/
中古車リースの「ポチモ」とは?特徴やメリットを解説!

CX-5にカーリースで乗るデメリット

一方、カーリースのデメリットは以下のようなものが挙げられます。

契約期間がある

カーリースには契約期間があり、一般的に3年からのところが多い傾向にあります。
そのため、車を短期間で乗り換えたい場合は、カーリースには不向きです。

走行距離制限がある

カーリースには、走行距離制限が設けられていることが多いです。

走行距離制限を超えると、超過分の料金を支払う必要があります。

\ポチモのお役立ち情報(外部リンク)/
カーリースの走行距離制限とは?超過したらどうなる?

車をカスタマイズできない

カーリースでは、車をカスタマイズすることはできません。
車の外装や内装を変更したい場合は、カーリースには不向きです。

まとめ

今回は、CX-5をカーリースで乗ることについて紹介しました。

CX-5はスタイリッシュで多モデル展開をしており、短いスパンで別のモデルに乗り換えたくなったり、人それぞれのライフスタイルに合わせられる車です。

この機会にぜひ、ポチモのカーリースでCX-5をご検討なさってはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。