エブリイワゴンの内装を紹介!便利なオプションについても解説

エブリイワゴンはスズキが製造・販売している軽自動車であり、広々とした車内空間が魅力です。

多くの荷物を載せられるだけでなく、多彩なシートアレンジで車中泊もできるためアウトドアシーンでも活躍します。

この記事では、エブリイワゴンの内装や便利機能、オプションを紹介します。
街乗りからアウトドアシーンまで幅広く活躍する軽自動車を求めている人は、ぜひ参考にしてください。

関連記事:人気の軽自動車ベスト11をおすすめランキングで紹介!選ぶポイントも解説

エブリイワゴンの概要

エブリイワゴンは、スズキが製造・販売している商用軽バンのエブリイの乗用モデルとして作られた車です。
1999年に初代が登場し、2015年に現行モデルである3代目が発売されました。

大人4人が乗っても狭さを感じずにゆったりと過ごせる広々とした車内空間が特徴で、車中泊にも適しています。

また、運転席の下にエンジンを配置しているためボンネットが短く、運転席からの視界が広くて小回りが利くのも特徴です。

安全性にも配慮されており、夜間の歩行者を検知して衝突を防ぐ機能やペダルの踏み間違いによる誤発進抑制機能など、スズキの予防安全技術が搭載されています。

関連記事:エブリイワゴンの燃費を調査!走行性能や機能も解説!

エブリイワゴンの内装を紹介

エブリイワゴンの内装を車内空間、シート、インパネ、収納スペースに分けて紹介します。

広々とした車内空間

エブリイワゴンの車内空間は、室内高1,420mm、室内長2,240mm、室内幅1,355mmで大人が4人乗っても天井や足元にゆとりを感じられます。

荷室も大きく多くの荷物を積み込めるため、家族で遠出するときにも活躍するでしょう。

関連記事:広い軽自動車の人気車種7選!購入時の選び方や魅力も併せて解説

快適に座れるシート

エブリイワゴンのシートにはファブリック素材が使用されており、ベースグレートはブラウン、上位グレードはベージュで落ち着いたカラーに仕上げられています。

リアシートには、前後に180mmスライド可能なリクライニング機能がついています。
運転席と助手席はそれぞれ独立していますが、座面がベンチシートになっており足元に広いスペースがあるため、助手席側から乗車しても運転席にスムーズに移動できるのが特徴です。

運転のしやすさにこだわったインパネ

エブリイワゴンのインパネは上段がブラウン、下段がベージュの2カラーで仕上げられています。

ステアリングやセンターパネルの一部にはシルバー装飾が加えられており、上質な雰囲気も感じられるでしょう。
スイッチ類は手の届きやすさや操作頻度などを考慮して配置されています。

使い勝手のよい収納スペース

エブリイワゴンには、使い勝手のよい収納スペースが多数設けられています。
ドリンクホルダーは、運転席と助手席のインパネとドアパネルに配置されており、ドリンクの置き場所に困りません。
スマホや鍵などの小物は、助手席前のインパネやナビ画面の下、メーター横に収納可能です。

ほかにも、インパネアンダーボックスや、カードケース、助手席シートバックポケットなどの使い勝手のよい位置に収納スペースが設けられています。

車内の便利な機能について

エブリイワゴンには、運転のしやすさを高める機能や広い車内空間を効果的に利用できる機能が備わっています。
ここでは、エブリイワゴンの車内の便利な機能を3つ紹介します。

ドライビングポジション調整機能

ドライバーが快適な姿勢で運転できるようにドライビングポジションを調整できます。
運転席のシートは前後に230mmスライドするため、自分が運転しやすい位置に調整可能です。

また、ステアリングの高さも調整できるため、心地よい姿勢で運転できて長時間の運転でも疲れにくいでしょう。

多彩なシートアレンジ

載せる荷物に合わせてシートをアレンジすることで、広い車内空間を最大限に活用できます。
後部座席を前に倒せば、サイズによっては自転車を2台載せられるでしょう。

また、後部座席は左右分割式です。
片方のみ倒して長尺物を載せたりすべてのシートを倒してフルフラットにしたり、用途に合わせて使用できます。

関連記事:乗り心地のよい車の選び方とは?おすすめの車をご紹介

エンジンオイル交換お知らせ機能

エンジンオイルの交換が必要になるとメーターに表示して知らせてくれる機能がついています。
エンジンオイルは徐々に劣化していくため、適切なタイミングでの交換が必要です。

しかし、交換を忘れてしまう人やいつ交換すればよいか分からない人も多いでしょう。
エブリイワゴンは交換時期になるとメーター表示で知らせてくれるため、自分で交換時期を見極める必要がありません。

関連記事:エンジンオイルの交換時期はどうやってわかる?見分け方と交換方法を紹介

車内をさらに快適にするオプションについて

エブリイワゴンには、車内空間を快適にする便利なオプションが多数用意されています。
ここでは多数のオプションについて紹介します。

フロアマット

フロアマットには、泥や砂などの汚れから車内のフロアを守る役割があります。

エブリイワゴンのフロアマットは、スタンダードタイプ、ハイグレードタイプ、ラバー仕様のリーズナブルタイプの3種類から選択可能です。
フロアマットを敷いておけば、定期的にマットを取り外して掃除するだけで手軽に車内を清潔に保てます。

マルチルーフバー

エブリイワゴンは室内高1,420mmと天井が高いため、天井にバーを設置して頭上スペースを有効活用できます。

マルチルーフバーを設置すれば、釣り竿の収納やハンガーをかけることができて車内空間の利便性が高まります。

UV+IRカットフィルム

UV+IRカットフィルムは、窓ガラスに貼って紫外線をカットできるフィルムです。
窓ガラスが大きいエブリイワゴンは、夏に日差しが入りやすく、車内温度が上昇しやすい傾向にあります。

UV+IRカットフィルムを貼って車内温度の上昇を抑えて、冷房効率を上げることが可能です。
さらに、日焼け防止やガラスが割れたときの飛散防止効果もあります。

プライバシーシェード

プライバシーシェードは、窓ガラスを内側から覆う黒いカバーです。
外からの視線や日差しを遮る役割があります。車中泊する場合や車内で着替える場合に役立つでしょう。

エブリイワゴンはこのような人におすすめ

エブリイワゴンの車内空間は快適さが追求され実用性に富んでいますが、ほかの車と購入を検討する際の決め手に悩む人もいるでしょう。

ここではエブリイワゴンがどのような人におすすめなのかを紹介します。

車内空間が広い軽自動車がほしい人

エブリイワゴンの魅力は、軽自動車とは思えないほど車内空間が広いことです。
軽自動車は手頃な価格と税金を抑えられる魅力がありますが、車内空間が狭い車も多くあります。

エブリイワゴンは、200万円以下という安価で購入できる手頃な価格と多くの荷物を載せられる広々とした車内空間を両立しているため、車内空間が広い軽自動車がほしい人に適しているでしょう。

アウトドアで使いやすい車がほしい人

エブリイワゴンはシートアレンジが多彩で、多くの荷物を載せられます。
キャンプ用品やサーフボード、釣り竿、自転車など、趣味で使うさまざまなものを載せやすいため、街乗りだけではなくアウトドアシーンでも活躍するでしょう。

家族で外出する機会が多い人におすすめの車です。

内装をカスタマイズして便利にしたい人

エブリイワゴンにはさまざまなオプションが用意されており、車中泊やキャンプでも使いやすい仕様にカスタマイズできます。

オプションを活用して車内を自分が過ごしやすい便利な空間へと変えられるため、内装のカスタマイズを楽しみたい人におすすめの車です。

まとめ

エブリイワゴンは、街乗りだけでなくキャンプや釣りなどのアウトドアシーンでも活躍する軽自動車です。

軽自動車とは思えないほど車内空間が広く、大人が4人乗ってもゆったりとした空間を確保できます。

さらに、車内で快適に過ごすための便利な機能や多彩なシートアレンジでさまざまな荷物を載せられるのも魅力です。

キャンピングカーの購入をためらっている人も、エブリイワゴンであれば200万円以下でアウトドアシーンに最適な車を手に入れられます。

アウトドアで活躍できる安価な車を探している人は、エブリイワゴンを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。