節約を成功させるには?さまざまな節約方法をご紹介!

いつの間にかお金を使ってしまって貯金が減ったり、得た収入のほとんどを使ってしまったりして、上手く節約できずにお金が貯まらないと悩んでいる人は多いでしょう。

節約を成功させるポイントを押さえていなければ、出費を減らせなかったり、節約がストレスになってしまったりする可能性があります。

この記事では、節約を成功させるポイントや食費、光熱費などの節約方法を紹介します。
出費を抑えてお金を貯めていきたい人は参考にしてください。

関連記事:車検費用はいくら?相場や節約するコツ、内訳も解説

ポチモバナー青
ポチモバナー青

節約を成功させるには?

出費を把握

節約を成功させるためには、節約のポイントを押さえておくことが大切です。
ここでは、上手く節約できず挫折してしまわないように、節約を成功させるための3つのポイントをご紹介します。

毎月の出費を把握する

節約を成功させるには、まず「毎月何にいくらお金を使っているのか」を把握することが大切です。
家計簿をつけて毎月の出費を把握することで、節約すべき部分が明確になります。

家賃や光熱費、スマホ代などの固定費は毎月かかる費用のため、金額を把握して出費を抑えることで大きな節約効果が期待できます。

予算を決める

節約をするときには、どれくらい出費を抑えるのか目標金額を決め、食費や光熱費、娯楽費などの予算を決めることが大切です。

予算を決めておくことでお金の使い過ぎを防げるだけでなく、達成感も味わえます
こまめに確認しながら予算以上のお金を使わないように意識して過ごしましょう。

無理なく取り組む

節約は継続的に取り組むことで効果を発揮します。
そのため、ストレスにならない程度に取り組むことが大切です。

たとえば、家計簿を細かくつけすぎない、予算を切り詰めすぎないといった点に気をつけましょう。
生活の質を無理に落として節約することに疲れないように、適度な節約を継続していきましょう

関連記事:電気自動車で電気代は節約できるのか?計算結果を紹介します!

1人暮らしの節約方法

家計簿アプリで支出管理

1人暮らしは誰にも制限されることなくお金が使えるからこそ、なかなか貯まらないという事態に陥りやすいでしょう。

ここでは、1人暮らしにおける節約方法をご紹介します。

家計簿アプリを活用する

家計簿はノートでつけるのではなく、アプリを活用するのがおすすめです。
家計簿アプリであれば、買い物をしたときや外食したときにすぐに出費を記録できます。

入力したデータを集計して自動でグラフ化してくれるので、出費の内訳を一目で確認できたり、月ごとの出費の比較を簡単にできたりなど便利です。

毎月の出費を手軽に把握するためにも、家計簿アプリを上手く活用しましょう。

先取り貯金をする

先取り貯金は、給与を得たタイミングで一定額を先に貯金に回し、残ったお金で1ヶ月の出費をやりくりする貯金方法です。

先に一定額を貯金に回すことでついついお金を使いすぎてしまうことを防げるため、安定して節約できるでしょう。

関連記事:一人暮らしの節約術とは!節約することで得られるメリットもご紹介

食費の節約方法

食費節約

食費は生活するうえで必ずかかる費用です。
健康を維持するためにも切り詰めすぎず、適度に節約することを意識しましょう。

ここでは、食費を節約するときのポイントを3つご紹介します。

まとめ買いして買い物回数を減らす

買い物回数を減らせばお金を使う機会が減るため、節約につながります。
買い物する頻度を週1~2回とし、まとめ買いを心がけましょう。

まとめ買いするときには、使い切れる量を買ったり、消費期限が長い食材を買ったりすることがポイントです。

事前に1週間の献立を考え、買い物リストを作成してからまとめ買いすることで無駄な買い物を防げます

キャッシュレス決済する

食材を買うときは、キャッシュレス決済を活用するのがおすすめです。

キャッシュレス決済を活用すればアプリですぐに支払い履歴を確認できるため、食費の管理がしやすくなります

また、チャージして支払う電子マネーやプリペイドカードを使えば、予算分をチャージして残高を確認しながら1ヶ月の食費をやりくりすることも可能です。

ポイントが貯まるキャッシュレス決済サービスもあり、節約につながるでしょう。

余った食材で作り置きしておく

余った食材を放置していると、あっという間に傷んで処分することになるため、常備菜などの作り置きのおかずにして保存しましょう。

時間があるときにまとめて調理しておくことで光熱費を節約できるうえに、一品足りないときに活躍します。

関連記事:4人家族の食費はどれくらいかかる?理想額やおすすめの節約術を紹介

水道・光熱費の節約方法

光熱費の見直し

ここでは、水道・光熱費を節約するときのポイントをご紹介します。

お風呂の入り方を見直す

家のなかで最も水を使用するのはお風呂です。
そのため、お風呂の入り方を見直すことで水道代を節約できます。

たとえば、湯船に浸かる頻度を減らしたり、水力を保ちながら水の使用量を減らせる「節水シャワーヘッド」を取りつけたりすることで節水できます。

電気の契約プランを見直す

電気代を節約するには、こまめに電気を消したり、エアコンの使い方を見直したりするとともに、電気の契約プランを見直すことが大切です。

たとえば、電力会社によっては、昼間の電気代が高くなる代わりに夜間の電気代が安くなるプランがあります。

昼間に仕事で家を空けることが多い人は、夜間の電気代が安くなるプランに変えることで電気代を節約できるでしょう。

ガス会社を切り替える

ガス代を節約するには、ガスの使い方を見直すだけでなく、ガス会社の切り替えを検討することが大切です。

ガスの料金はガス会社ごとに異なるため、現在の料金よりも安い料金を設定しているガス会社に乗り換えましょう

現在都市ガスを利用しており、他社の都市ガスへ乗り換える場合は、ガス導管やガスメーターがそのまま使用できるため、切り替え工事が必要なく手軽に乗り換えられます。

また、現在プロパンガスを利用しており、他社のプロパンガスへ乗り換える場合は、旧ガス会社のガスボンベやメーターを撤去し、新ガス会社の供給設備を設置する工事が必要です。

そのため、アパートやマンションなどの賃貸物件では、個別にガス会社の乗り換えができない場合があるため注意しましょう。

関連記事:二人暮らしの平均食費はいくら?節約ポイントも併せて紹介!

やってはいけない節約方法

やってはいけないこと

節約がストレスになったり、余計な出費を出してしまったりしないようにやってはいけない節約方法を押さえておきましょう。

安いという理由で購入する

安いという理由だけで値下げされている商品や服などを購入するのはやめましょう。
購入しても使わなければ無駄な出費になってしまいます。

また、安いものを購入したがためにすぐ壊れてしまえばまた購入しなければならず、結果的に出費が増えてしまいます。

買い物するときは本当に必要かどうかをじっくり考えたり、高くても長期間使えるものを買ったりすることを意識しましょう。

細かい部分まで節約する

家計簿を1円単位まで細かくつけたり、水道や電気の使い方に敏感になりすぎたりしないように注意しましょう。

細かい部分までこだわって節約しても、節約効果はあまり大きくなく、ストレスになってしまう恐れがあります。

節約するときには、節約効果が高い固定費などの出費から対策を始め、ストレスにならない程度に長く続けることがポイントです。

関連記事:車の購入費用の目安とは?維持費や内訳、節約のコツも解説

まとめ

節約を成功させるには、毎月の出費を把握して無駄をなくしたり、予算を決めてやりくりしたりすることが大切です。

買い物の仕方を見直して食費を節約したり、光熱費の契約会社やプランを見直したりすることで、毎月の出費を減らせます。

ただし、節約はストレスにならない程度に行うことがポイントです。
細かい部分までこだわってとことん節約しようとすると、疲れてしまい長続きしません。

短期的に出費を抑えるのではなく、長期的にコツコツと節約することを意識しましょう

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。