ホンダ フリードをカーリース(車のサブスク)で乗るメリットとは?

フリードは、ホンダが販売しているコンパクトミニバンです。

コンパクトでありながら、広い空間を確保しているので、2022年度上半期ミニバン販売台数で1位を取るなどさまざまな層から人気を集めている車です。

今回はフリードをカーリース(車のサブスク)で乗るメリットについて解説しますので最後まで読んでみてください。

ぜひこの機会に、フリードをカーリースで乗ってみましょう。

関連記事:【おすすめ】人気のミニバンランキング!ミニバンがおすすめの理由も紹介

ポチモバナー
ポチモバナー

カーリースとは?

カーリースとは、「車のサブスク」とも呼ばれ、ある一定の期間(契約により異なります)毎月定額の料金を支払うことで、好きな車が利用できるプランのことです。

車を所有するときにかかる維持費や税金なども定額払いに含まれている仕組みのため、支払い計画を立てやすいのが特徴です。

利用者は「ある期間だけ車が必要になった場合」や、「頭金を用意せずに新車に乗ってみたい場合」など、それぞれのニーズに合わせて利用することができます。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説

フリードとは?

フリードは、ホンダが販売しているコンパクトミニバンです。

ミニバンとコンパクトカーの間のサイズ感であり、荷物が積み込みやすく多彩なシートアレンジ、豊富な収納など、便利で使いやすい機能が多数あるため幅広い層に人気を博しています。

フリードの主な特徴としては以下の5点が挙げられます。

  • コンパクトミニバンであるにも関わらず広い空間がある
  • 多数のシートアレンジが可能
  • 燃費が優れている
  • ホンダの先進安全運転システム「HONDA SENSING」が搭載されている
  • Bグレード以外にはパワースライドドアが装備されている

フリードはミニバンの中でトップクラスの燃費性能を備えており、ハイブリッド車は「20.9km/L(WLTCモード)」ガソリン車は「17.0km/L(WLTCモード)」となっています。

関連記事:フリードのスペックを徹底解説 !燃費、ボディカラーやグレード比較

フリードのグレード

フリードのグレードには以下のようなものがあります。

ご自身のライフスタイルに合ったグレードが選べるのが最大のメリットです。

フリード G

honda_freedフリード

各グレードによって、機能や価格が異なります。ここでは、フリードの各グレードについて解説します。

フリード Gは、フリードシリーズのメイングレードです。

このグレードは、両側パワースライドドアが標準装備されています。
さらに、ハイブリッド車にはLEDヘッドライトやナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器なども搭載されています。

走行に必要な装備をしっかりと備えており、コストパフォーマンスに優れたグレードです。

また、シート素材はファブリックからプライムスムースに変更されているため、上質な室内の仕上がりになっています。
プライムスムースは、汚れやシワに強い機能性の高さも兼ねた素材です。

関連記事:スライドドアとは?メリットやおすすめのミニバンもご紹介

フリード CROSSTAR

フリードfreedcrsstar

街乗りから高速道路、悪路走行までカバーするクロスオーバースタイルのCROSSTARは、従来のフリードに比べてより力強い走破性でスポーティな走りが楽しめます。

専用のフロントガラスやリアバンパーなどが使われており、特別感があるグレードになっています。

また、クロスオーバースタイルを採用しているので、アウトドアに適しているのが特徴です。

関連記事:クロスオーバーSUVの特徴や人気の理由、おすすめ3台を解説!

フリード Modulo X

Modulo Xはフリードのコンプリートカーで、専用のフロントグリルやフォグライトなどが特徴です。

力強いスポーティな専用デザインのエクステリアに加え、専用開発のボディパーツを取り入れ、圧倒的な存在感と快適な走行性能の両立したグレードです。

フリード-freedmodulox

フロントバンパーの両サイドの空力を意識した造形のエアロフィンや、空気を車体の下面へも導くエアロスロープ・エアロボトムフィンなど、風を味方にする機能を実現したグレードです。

関連記事:コンパクトミニバンであるホンダ フリードの内装を紹介

カーリースのメリットとは

タントをはじめとした車の購入を検討する際は、カーリースを利用することも選択肢の一つです。

カーリースの大きなメリットは、定額で車に乗れることです。
また契約終了時には、新しい車への乗り換えや車の返却など、さまざまな選択肢があります。

ここからはカーリースの主なメリットを3つ解説します。

\ポチモのカーリースお役立ち情報/
中古車リースとは?メリット・デメリットを新車リースと比較解説!

頭金なし・定額リース料金で新車に乗れる

カーリースは頭金なしで新車に乗れます。
また、点検やメンテナンスなども月額料金に含まれていることが多いため、急な出費がないのも嬉しいポイントです。
家計管理がしやすく、安価で新車に乗れるのがカーリースのメリットです。

申し込みから納車までネットで完結できる

カーリースを利用する際は、ネットで申し込みから納車まで完結できる場合がほとんどです。
書類の作成や準備など、手間がかかる手続きを省くことができるのもカーリースならではのメリットです。

契約終了時なら車の乗り換えや返却が自由にできる

契約終了時には、新しい車へ乗り換える、残額精算して車を自分の所有物にする、車を返却するなど、さまざまな方法を選択することができます。

カーリースの押さえておきたい注意点について

カーリースは、家計の管理がしやすく定額で新車に乗れるといったメリットがある一方で、リースの条件やデメリットもあります。
ここからは、カーリースを利用する際の注意点を3つ解説します。

関連記事:カーリースはデメリットだらけ? 向いている人・向いていない人を解説

原則として契約途中での解約はできない

カーリースは、原則として途中解約ができません。
期間終了までリース料金の支払いを続けることが前提となります。

生活環境の変化が予測される場合や、新しい車に次々と乗り換えたい場合は契約期間を慎重に検討しましょう。

途中解約をすると解約金が発生することもあるため、支払いを完了できる期間で契約する必要があります。

月々の走行距離に制限がある

カーリースでは、月々の走行距離に制限がある場合がほとんどです。

契約時にリース期間に応じた走行距離の上限をしっかりと確認しておきましょう。
一般的には、約2,000kmを上限とする場合が多いです。

契約によっては、走行距離無制限になるプランを用意しているカーリース会社もあります。
走行距離が長くなる場合には慎重に検討しましょう。

契約終了時に残価の精算が必要な場合がある

カーリースでは、契約終了時に残価精算が必要になることがあります。
カーリースでは、車の残価を差し引いた金額が月額の支払い料金になるケースがほとんどです。

そのため、契約終了時に同じ車に乗り続ける場合、残価の支払いを求められることがあります。

関連記事:カーリースとは?審査内容やメリットデメリットも徹底解説

カーリースならポチモがおすすめ

カーリースなら「ポチモ」がおすすめです。

メリットのところで言った、「頭金」について、選択ができます。
頭金を入れると当然月額料金は下がります。

頭金を入れないこともできるので、ご家庭の家計状況によって選べるのがおすすめの理由の一つです。

走行距離制限がないこともポチモの魅力と言えます。

この機会にぜひポチモをのぞいてみてはいかがでしょうか?

画像出典元:本田技研工業株式会社

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。