レクサスRXはオフロードでも快適走行できるのか?価格と併せて解説!

レクサスRXは、上質な乗り心地の高級車として世界中で人気を集めている車です。

滑らかな加速や安定した走りができる抜群の走行性能が備わっているため、気軽に贅沢なドライブを楽しむことができます。

このようにオンロード(舗装された道路)では高い走行性能を誇るレクサスRXですが、新型レクサスRXはオフロードでも安定した力強い走りを実現できるのでしょうか。

この記事では、新型レクサスRXの特徴やスペックを紹介しつつ、オフロードでの走行性について解説していきます。

関連記事:【2024年】人気SUVのおすすめランキング30選!車種の選び方も解説!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

レクサスRXのオフロードの走行性能について

レクサスRX

レクサスRXは一般的な道路での走行は非常に滑らかで、ストレス無くドライブができる車として認知されています。

新型レクサスRXも、いわゆるオフロードと呼ばれるような舗装されていない道路でも走行性能を発揮し、安定した力強い走りを実現してくれます。

オフロードでの走行性能をさらに高めるためには、オフロード用のタイヤを装着し、オフロード仕様の車にすることをおすすめします。

そうすることにより、デコボコした不安定な道でも、負担を感じずに走行することができます。

関連記事:PIT in plusとは?タイヤ交換もできる?

レクサスRXの価格表

レクサスRXにおけるグレードごとの価格は以下の通りです。

関連記事:レクサスの車種一覧を紹介!グレード順に特徴を解説

RX350 “version L”666万円〜
RX350 “F SPORT”707万円〜
RX350h “version L”758万円〜
RX450h+ “version L”872万円〜
RX500h “F SPORT Performance”901万円〜

レクサスRXの概要

レクサスRX

はじめに、レクサスRXにはどのような特徴があるのかについて解説します。

走行性能

レクサスRX

レクサスRXには、高級セダンが誇る乗り心地の良さや静粛性などの快適さに加え、高い操縦性能が備わっており、さまざまな走行シーンで滑らかな減速・加速を体感できるため、車内では心地の良い時間を過ごせます。

また、新型レクサスRXにはエンジンタイプにプラグインハイブリッドが追加されています。
燃費の良いハイブリッド車は力強い走りに加え、高速域での余裕のある走りを心ゆくまで楽しめます。

関連記事:「このクルマ、なかなかすごいぞ」新型レクサスRX試乗記〜3グレードは走りにも“個性”があった〜

安全性能

レクサスRXに備わっていた具体的な安全機能には以下のようなものがあります。

  • レーダーが前方の車両や歩行者を検知し、警告やブレーキなどで衝突を回避する。
  • 車線の逸脱を防ぎ、逸脱しそうになっても警告ブザーで運転をサポートする。
  • 夜間の視認性が高い、照射範囲の広いハイビームで前方を明るく照らし、歩行者や標識を認識しやすくなる。
  • レーダークルーズ機能により、前方車両との車間距離をある程度維持したまま走行できる。
  • 道路標識をディスプレイに表示させ、安全な走行ができるようサポートする。

このような安全機能により、ドライバーは十分に事故の予防をすることができ、運転が苦手な人でも安心して運転することができていました。

さらに新型レクサスRXは、上に挙げた機能に追加して

  • ドライバーモニター
  • ITS Connect
  • レーンチェンジアシスト
  • ドライバー異常時対応システム

などが追加され、安全性能がさらに上がりました。

関連記事:Toyota Safety Senseの機能一覧!トヨタの安全技術を紹介!

外観のデザインと内装

レクサスRXインパネ

新型レクサスRXの外観は、先代と引き続き一目で高級車と分かる上質なデザインです。

アグレッシブとエレガンスを融合させた高級SUVのコンセプトによって、見る人を魅了するデザインになっています。

また、高級感あふれる内装も、落ち着いた車内空間を実現しています。

レクサスRXの内装は上質さに加え、機能性や利便性にも優れており、運転手が操作に負担を感じにくい工夫が施されています。

最上級の空間を演出する座り心地の良いシートで、快適なドライブを楽しめるでしょう。

レクサスRXのスペック表

レクサスRXには3つのグレードが用意されています。
それぞれのスペックは異なるため、レクサスを購入する際は3つのグレードの特徴を把握して、比較検討する必要があります。

ここでは、レクサスRXにおけるグレードごとのスペックについて解説していきます。

レクサスRX350

レクサスRX350

RX300はガソリンを燃料として走行するモデルであり、2列シートで5人乗りとなります。RX300の主なスペックは以下の通りです。

ボディタイプセダン、SUV
ドア数5
乗車定員5
全長×全幅×全高(mm)4,890×1,920×1,705
車両重量(kg)FF:1,870
AWD:1,950
総排気量(L)2,393
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)67
駆動方式FF
AWD
トランスミッションDirect Shift-8AT
(電子制御8速オートマチック)
※参考元:LEXUS ‐ RX|主要諸元表

レクサス RX450h+

レクサスRX450h+

RX450hはプラグインハイブリッド仕様のグレードであり、2列シートで5人乗りの車です。

ボディタイプセダン、SUV
ドア数5
乗車定員5
全長×全幅×全高(mm)4,890×1,920×1,700
車両重量(kg)2,160
総排気量(L)2,487
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)55
駆動方式E-Four(電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機
※参考元:LEXUS ‐ RX|主要諸元表

レクサス RX500h

レクサスRX500
ボディタイプセダン、SUV
ドア数5
乗車定員5
全長×全幅×全高(mm)4,890×1,920×1,700
車両重量(kg)2,100
総排気量(L)2,393
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)65
駆動方式AWD
トランスミッションDirect Shift-6AT
※参考元:LEXUS ‐ RX|主要諸元表

まとめ

レクサスRXは高い走行性能を備えており、操縦性も抜群の車です。
また、上質な車内空間が演出されている車でもあるため、乗る人すべてが心地良い気分で快適に過ごすことができます。

また、力強い走りや加速を実現する走行性能により、負担を感じることなくオフロードなどの過酷な道路での運転も楽しめます。

レクサスRXのような高級SUVに興味・関心がある人は、フルモデルチェンジを機にぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

画像出典元:LEXUS

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。