車を値引きしたくなる客の特徴とは?交渉のポイントも併せて解説!

新車や中古車の購入時に少しでも値引きしてもらいたいと思う人は多いでしょう。
車の値引きにはコツやポイントがあります。

また、車の販売店やディーラーの営業も人間のため、値引きしたいと思う客や値引きしたいと思えない客などもいるでしょう。

この記事では、車を値引きしたくなる客の特徴を詳しく解説します。

車が値引きされやすい時期や値引き交渉を成功させるためのポイントについても説明しているため、車を安価に購入したい人は参考にしてください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

関連記事:ディーラーで値引きできる限界はどこまで?交渉のコツや値引きしやすい時期を紹介

関連記事:ディーラーで販売されている中古車は値引き可能?値引き交渉のポイントを解説

車の値引き交渉とは?

契約イメージ

車の値引き交渉をおこなった場合、どのくらい安価にしてもらえるのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、車の値引き交渉の基礎知識や値引き相場について解説します。

車の購入価格を抑えることができる

車を購入するときに値引き交渉をおこなうと、車の購入費用が安価になる可能性があります。
車を値下げしてもらうためには、値引き交渉が必須です。

値引き交渉しない客は販売店から好かれやすいですが、値引き可能な車の場合は損をしてしまうことになります。

車の購入は金額の大きい買い物です。
値引きしたくないと営業担当者に思われないように、上手に立ち回りながら値引き交渉を進めることが大切でしょう。

車によって値引き率が変わる

新車の値引き率は車種や店舗によって変動しますが、車の本体価格の10~15%が相場です。

車の本体価格が高いほど利益率も高いため、多く値下げしてもらえる可能性が高くなります。
高い車を購入する場合は、積極的に値引き交渉にチャレンジしてみましょう。

値引きが可能なのは新車だけではありません。中古車も交渉によっては値引きしてもらえる可能性があります。

ただし、店舗によっては値引き不可の場合もあり、中古車の値引き相場は車の本体価格の5%程度です。
新車ほど値引きはしてもらえないと認識しておきましょう。

関連記事:中古車購入の交渉成功は準備で決まる!交渉の要点を総まとめ

車を値引きしたくなる客の特徴

営業担当者も人間であるため、印象が悪い客には値引きしたくないと感じるのが本音でしょう。

ここでは、営業担当者が思わず値引きをしたくなるような客の特徴を見ていきます。

値引きの目標が明確

値引きの目標金額を明確に伝えることができる人は、要望がはっきりしているため営業担当者も値引きがしやすいです。

なぜその金額まで値引きしたいのかも説明できると、営業担当者を納得させることができます。

また、「ここまで値引きすれば買ってもらえる」という前向きな印象を、営業担当者に与えることもできます。
店舗に行く前にあらかじめ値引きの目標を明確にしておき、その理由を説明できるようにしておきましょう。

低姿勢でしつこさがない

値引きをお願いするときに謙虚な振る舞いができる人は好印象です。

客かどうかに関わらず、自分の要求ばかり訴える人やしつこく横柄な態度をとる人は、誰に対してもよい印象を持ってもらえないでしょう。

値引き交渉をする際は、あくまで値引きをお願いする立場だということを理解して、できるだけ柔らかい物言いを心がけることが大切です。

強引な交渉を繰り返すと車の購入そのものを拒否される可能性もあります。
営業担当者が値引きしたいと思えるような友好的な関係を築きましょう。

車への思い入れが強い

車のことを大切に思っている様子が見えると、営業担当者も思わず応援したくなるでしょう。

車の営業担当者は常に車に関わる仕事をしており、中には店舗で販売する車に思い入れがある人もいる可能性もあります。

また、車の営業担当者と同じ知識量を持っている状態で話せると、話もスムーズに進みやすくなるでしょう。

欲しいと思っている車でなければダメな理由を明確に説明できる人であれば、営業担当者に味方になってもらえる可能性があります。

次の車も購入してくれる

2台目の車も同じ店舗で購入を検討している場合は、値引き交渉に応じてくれる可能性が高いです。

店舗との長い付き合いが続きそうな親しい間柄であれば、お得意様として扱われるでしょう。

また、来店回数が多ければ多いほどスタッフからの認知度が上がります。
お金を使ってくれる常連客を嫌う人はいません。普段から売上に貢献してくれる客であれば、車購入時の値引きも期待できるでしょう。

関連記事:ディーラーで新車を購入する際に値引きはできる?お得に購入するためのポイントを解説

車が値引きされやすい時期

車には値引きされやすい時期が存在します。

ここでは、車を安価に買うことができるタイミングについて解説します。

セールの期間中

販売店で期間限定のセールを開催しているタイミングを狙うと、車を安価に購入できる可能性があります。
ディーラーでは年に2回程度セールを開催しているケースが多いため、セール期間を狙いましょう。

セールが実施される時期はディーラーによって異なります。
セールの時期を逃さないために、チラシやSNSの情報を常にチェックしておきましょう。

決算期にあたる2月や3月

ディーラーの決算期であることが多い2~3月は、売上目標を達成したいという気持ちが強まるため、値引き交渉しやすい時期といえます。

年間で比較的安価に車を購入できる可能性が高い時期であるため、このタイミングを見逃さないように動きましょう。

しかし、人気車だと納車まで時間がかかる場合があります。

決算期の売上にできない場合は大幅な値下げはしてもらえない可能性もあるため、2~3月頃の納車に間に合うように購入の計画を立てるとよいでしょう。

ボーナスが支給される7月や8月

車は、金額が大きい買い物をする人が多くなりやすいボーナス期に安価になる傾向があります。
この時期は新車の販売台数が上昇するため、各ディーラーによる値引き競争がスタートしやすいです。

ただし冬のボーナス期にあたる12月に新車を購入した場合は、1月に年式が1年上がってしまいます。
将来的に売却する予定がある場合は、年式が古くなるデメリットがあることも頭に入れておきましょう。

中間決算にあたる9月

車は販売店やディーラーの中間決算期にも安価になりやすいです。
決算期と同様に売上目標を達成するために、値引きで契約数を増やそうとする営業担当者が増えます。

決算期である2~3月の方が安価になりやすいですが、タイミングが合わない人は中間決算も狙い目です。

関連記事:初心者でも大丈夫!損をしない中古車の買い方とは

車の値引き交渉を成功させるポイント

最後に車の値引き交渉を成功させるためのポイントについて解説します。
値引き交渉のポイントを理解して、車を安価に手に入れましょう。

オプションを追加する

ディーラーオプションを追加購入すると、オプション購入代金を含めた金額から値引きしてもらえるケースがあります。

本体価格からの値引き金額には限界値が定められているため、オプション代金の値引きを狙うのも一つの手です。

ディーラーオプションは利益率が高いため、値引きの幅も大きくすることができます。
ディーラー側は本体価格で利益が確定しているため、オプションの値引きには柔軟に対応してくれるでしょう。

値下げしやすい車を選ぶ

車によっては大幅な値下げが期待できる車があります。値下げしやすい車の特徴は、次のとおりです。

フルモデルチェンジを予定している
ライバル車の人気が高い

今後フルモデルチェンジを予定している車や不人気車と呼ばれる車は、売れない車のため値引きして売ってくれる可能性があります。

車にこだわりがない場合は、安価に購入できそうな車を選びましょう。

ディーラーローンを組む

車の購入代金を支払う方法として、ローンや現金一括、クレジットカードなどがあります。
ローンの種類として挙げられるのが、銀行ローンやディーラーローンです。

ディーラーローンを組むと利息が発生し、販売店に利益が入ります。

ディーラーローンを組んだ場合は値引きしてもらえる可能性が高まるため、ローンでの購入を検討している人はディーラーに確認してみるとよいでしょう。

任意保険に加入する

ディーラーでは任意保険を用意している場合があります。

ディーラー経由で契約することで手数料などの利益を得ることができるため、値引きに応じてもらえる可能性が高まるでしょう。

また、任意保険に加入するとオプションや修理無料などがついてくる場合もあります。
購入代金の値引きに加えて特典が貰える可能性もあるため、さらにお得に購入できるでしょう。

関連記事:中古車は値引きできるのか?交渉のコツや値引きしやすい時期を紹介

まとめ

商談イメージ

車の購入費用は交渉次第で値引きが可能です。
値引き率は販売店や車の購入時期、車種によって変動します。

販売店のスタッフに値引き交渉をする場合は、値引きしたいと思える客になることを心がけましょう。

今回紹介した車が安価に買える時期や値引き交渉のポイントを参考に、自分の欲しい車の値引き交渉をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。