ムーヴキャンバスの燃費はどのくらい?概要や特徴も解説!

ダイハツが販売しているムーヴキャンバスは、2016年に登場した人気の軽自動車です。

サイズ感が同じムーヴの派生モデルという位置付けで、ダイハツが東京モーターショーで出品していたコンパクトカーである「HINATA」をベースに開発されました。

今回は、ムーヴキャンパスの概要や特徴、燃費性能について解説します。

車の購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

関連記事:人気の軽自動車をおすすめランキングで紹介!車選びのポイントも解説
関連記事:女性に人気のダイハツ ムーヴキャンバスの内装の魅力!かわいいインテリアも紹介

ムーヴキャンパスの概要

ダイハツが販売しているムーヴキャンバスは、丸みを帯びている外観で、特に女性に人気がある車高が高い軽トールワゴンです。

発売時は、軽自動車初となる両側スライドを採用していたため、多くの人の注目を集めました。

ムーヴキャンパスの初代モデルが登場したのは2016年であり、2022年7月には6年ぶりにフルモデルチェンジが行われています。
新型モデルは、デザインとコンセプトがそれぞれ異なる2つのグレードを発売中です。

さらに、エンジンパワーが高いターボモデルが選択できるようになりました。

また、従来モデルのように、レトロな色調のかわいいデザインだけではなく、シックなカラーを採用することで、年齢層の拡大を図っています。

関連記事:【インスタ】かわいいおしゃれな軽自動車!おすすめを5台紹介【プチプラ】
関連記事:ムーヴキャンバスのスペックを徹底調査!人気の秘密を探る

カタログ燃費

新型のムーヴキャンパスは、従来のモデルよりも50kgの車体軽量化やエンジン制御の改良によって燃費性能を向上させています。

また、エンジンのパワーが高いターボエンジンが採用されたことで、高速道路などでも余裕を持った走行も可能です。

ダイハツで販売されているタフトに装備されているターボエンジンの改良したものとダイハツ独自の技術で開発された動力装置であるD-CVTを組み合わせることで、低燃費で爽快感のある走行を可能にしています。

各グレードの燃費性能は、以下の通りです。

2WD

Gターボ
G
X
WLTCモード(km/L)22.4
22.9
22.9
市街地(km/L)19.9
20.5
20.5
郊外(km/L)23.7
24.2
24.2
高速道路(km/L)22.8
23.3
23.3

4WD

Gターボ
G
X
WLTCモード(km/L)24.5
24.7
24.7
市街地(km/L)20.9
21.6
21.6
郊外(km/L)22.1
22,8
22.8
高速道路(km/L)21.3
21.9
21.9

※参考元:ムーヴキャンパス 諸元表

関連記事:ムーヴの燃費を調査!カタログ燃費と実燃費の違いを比較表で紹介

カタログ燃費に記載されている「WLTCモード燃費」は、実際の車の使用環境により近い方法で計測されていますが、運転の仕方や走行環境によって差が出ることがあります。

ムーヴキャンバスのカタログ燃費と実燃費を見ていきましょう。

ライバル比較

ムーヴキャンバスのライバル車として、「ワゴンRスマイル」が挙げられます。

気になる人は、比較・検討してください。

スズキ「ワゴンR スマイル」

ワゴンRスマイルは、日本のワゴン市場を牽引してきた人気の車種で、「軽トールワゴン」の一種として分類されるワゴンRの派生モデルです。

ワゴンRスマイル G 2WD
WLTCモード(km/L)23.9
市街地(km/L)19.5
郊外(km/L)25.4
高速道路(km/L)25.4
※参考元:ワゴンRスマイル 主要装備・主要諸元

関連記事:スズキ ワゴンRのスペックや特徴、性能について徹底解説します!
関連記事:スズキ「ワゴンR」はどのような車?カタログ燃費と実燃費を調査

燃費の上では、市街地ではムーヴキャンバスの方が有利なようです。

関連記事:広い軽自動車の人気車種7選!購入時の選び方や魅力も併せて解説
関連記事:軽自動車の維持費は普通車よりも安い?維持費の内訳を解説!

燃費だけではない!ムーヴキャンパスの魅力

燃費性能以外にもムーヴキャンパスの魅力は多く存在します。

特に、今回のフルモデルチェンジによりさまざまな機能が装備されました。
以下では、ムーヴキャンバスの魅力についてご紹介します。

快適な運転と乗り心地をサポートする機能

広い視界をとって快適な走行を可能にするマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。
視認性が向上するため、視線移動も少なく快適な運転ができるでしょう。

また、Gターボのグレードには、燃費や外気温などをカラー表示するTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイとタコメーターが装備されているため、走行中でも視認しやすくなっています。

ダイハツならではの予防安全機能が搭載

ダイハツが誇る予防安全機能、スマートアシストが搭載されています。

衝突回避サポート機能には7つの機能が装備されており、衝突警報機能やブレーキを自動で踏んでくれる衝突回避支援ブレーキ機能、ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前後)などが搭載されています。

2022年9月、オプションとしてプラスサポート(急アクセル時加速抑制システム)も発売。

また、車線からはみ出した場合にアラートを出してくれる機能も備わっているため、安全性に優れた車だといえるでしょう。

そのほか、運転中の先行車を認識する機能や運転負荷を軽減する機能などの運転のサポートを行う機能が豊富に装備されています。

まとめ

新しく生まれ変わったムーヴキャンバスは、丸みを帯びたかわいらしい外観だけでなく、幅広い層に愛用されるための仕様に進化しました。

低燃費で安全性に優れているため、今後も益々人気が高まるでしょう。

今回ご紹介した車の燃費は、車を選ぶ際に重要な項目の1つといえます。
気になっている車があれば、燃費を比較材料にして検討するようにしましょう。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。