シエンタの運転は疲れるのか?走行性能や車内の快適さについて解説

シエンタはトヨタが販売する人気の高いコンパクトミニバンであり、ファミリー層から人気を博しています。

しかし、口コミなどでは「シエンタの運転が疲れる」といわれることもあり、購入を検討している人にとっては気になる点となります。

この記事では、シエンタの概要やシエンタの運転が疲れるといわれる理由、乗り心地などについて解説します。

関連記事:【おすすめ】人気のミニバンランキング!ミニバンがおすすめの理由も紹介

シエンタの概要について

Sientaシエンタ

シエンタはトヨタが製造・販売するコンパクトミニバンです。

コンパクトな見た目でありながら、5人乗りだけでなく3列シートで7人乗りのモデルもラインアップされています。
見た目は全体的に丸い印象を与え、ユニークなデザインとなっています。

シエンタのグレードは、「Z」「G」「X」の3種類となっており、それぞれにガソリン車とハイブリッド車が用意されています。

また、ハイブリッド車においては駆動方式を2WD(FF)か4WD(E-Four)を用途に応じて選ぶことができます。

また、シエンタはコンパクトな車体でありながら、広々とした車内空間やスライドドアの装備や多彩なシートアレンジなどによって快適性、利便性ともに優れた人気のコンパクトミニバンです。

関連記事:コンパクトミニバンのおすすめランキングを紹介!

車の運転は疲れる?シエンタのサポート機能について

運転疲れ

ここでは、自動車の運転が疲れる原因とシエンタのサポート機能について解説していきます。

目の疲れ

運転中はとくに目を酷使します。
前後左右の安全確認だけでなく、スピードメーターや信号、標識などの確認も行うため、長時間運転するほど疲労を伴います。

シエンタには、信号や標識を見逃さないようにサポートする機能や歩行者を検知し運転をサポートする機能がついているため、安心して運転できるでしょう。

運転の集中による疲れ

自動車の運転は目視による安全確認だけでなく、事故の危険を想定しながら運転するため集中力を必要とします。

そのため、長時間の運転ではかなりの精神的疲労を伴います。適度な休憩を取ることも大事ですが、シエンタには「Toyota Safety Sense」という安全運転支援システムが搭載されており、さまざまな機能によってドライバーのサポートをしてくれます。

肉体的な疲れ

自動車を運転するときはハンドル操作やアクセル操作、長時間の同じ姿勢によって、肩こりや腰痛、手足の疲労を伴います。

シエンタには、高速走行時の全車速追従機能やハンドル操作のアシスト機能などがついているため、肉体的疲労も緩和できるようになっています。

シエンタはさまざまな運転サポート機能により、疲れにくい運転を実現していますが、長時間運転する場合には、適度に休息を取るよう心掛けましょう。

関連記事:コンパクトミニバンの乗り心地はいい?乗りやすい車も紹介!

シエンタの乗り心地について

運転疲れ2

シエンタは乗り心地も快適になるように設計されています。

シートにはファブリック素材を使用しており、柔らかい座り心地となっています。沈み込む柔らかいシートは運転姿勢を保ちやすく設計されています。

また、上質な乗り心地はシエンタのボディ構造にも秘密があります。

シエンタは高剛性ボディを使用し、車体の主要骨格に使用されている接着剤を高減衰タイプにすることで、操縦安定性を高め、細かな振動を軽減しています。

さらに、トヨタの新プラットフォームである「TNGA」の採用により車の安定性や揺れを抑え、快適な乗り心地を実現しています。

関連記事:シエンタの乗り心地は悪いのか?購入の際にチェックしておきたいポイントを紹介

シエンタの安全性や走行性はどうか?

疑問イメージ

ここではシエンタの安全性や走行性について解説していきます。

シエンタは安全性に優れている

シエンタには先進の安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」が搭載されており、安全性も十分に優れています。

「Toyota Safety Sense」では、以下の9つの機能が搭載しています。

  • プリクラッシュセーフティ:衝突事故を回避するサポート
  • レーントレーシングアシスト:高速道路でのステアリングをサポート
  • レーンディパーチャーアラート:車線はみ出しをしないようサポート
  • レーダークルーズコントロール:全車速追従機能
  • アダプティブハイビームシステム:自動でハイビームの切り替え
  • ロードサインアシスト:標識の見逃しをサポート
  • ドライバー異常時対応システム:運転の継続が困難になった場合、車を自動で停車させるシステム
  • プロアクティブドライビングアシスト:歩行者の飛び出しリスクなどを検知し安全運転をサポート
  • 発信遅れ告知機能:信号待ちからの発信遅れをサポート

これらの機能を搭載することで運転の苦手な人や高齢者まで幅広い人が安心して乗れる車となっています。

関連記事:知っておきたい自動運転の知識!レベル分けや国内メーカーの最新技術を紹介

シエンタの車内空間は快適性に優れている

シエンタは、車内で快適に過ごせるよう設計された車です。

ボディ構造や効果的に配置された吸遮音材により走行中の車内の静粛性を高め、広さにゆとりある車内空間と掛け合わせることで快適な空間を実現しています。

また、空気を循環させる天井サーキュレーターをオプションで装着することで、車内に満遍なく循環させ空気の偏りをなくせるようになっています。

さらに、後席用サンシェードやUV・IRカット機能付きのガラスを装備することで紫外線や赤外線対策もできます。

シエンタはこのような人におすすめ

ここではシエンタがどのような人におすすめできる車なのかを解説していきます。

ファミリーカーを探している人

シエンタは利便性に優れ、小さなお子様に優しい設計となっています。

広い車内空間は多くの荷物を載せられるため、荷物の増えやすい子育て世代の人に適しています。

また、車内高も1,300mmと高く設計されているため、小さなお子様であれば立ったまま着替えも可能です。
さらに低床・フラットフロアを採用しており、乗り込み口の高さが330mmと低く、乗り降りがしやすい点も魅力です。

関連記事:シエンタとフリードを子育て目線で比較!どちらが子育てに向いている?

アウトドアが趣味の人

シエンタは車内空間が広く、多くの荷物を積み込めます。

また、長距離運転でも疲れにくいシート設計となっており、後席は多彩なシートアレンジによって自転車やキャンプ用品などを積み込めるため、アウトドアが趣味の人におすすめの車です。

関連記事:シエンタでキャンプを楽しむポイントは?事前に準備しておきたいことを紹介

コンパクトなミニバンを探している人

「アルファードなど一般的なミニバンは大きすぎる」と感じる人にはシエンタをおすすめできます。

シエンタは、ミニバンの長所を残しつつコンパクトな車体であるため、狭い駐車場での運転などの運転が苦手な人にも豊富なサポート機能で優れた操作性を発揮します。

関連記事:コンパクトミニバンとは?おすすめの新型コンパクトミニバンについて紹介!

まとめ

この記事では、シエンタの概要や運転が疲れると言われる理由、機能面からみた乗り心地のよさなどについて解説しました。

シエンタは2003年の登場以来、人気を集めているコンパクトミニバンです。

シエンタの運転が疲れる原因は「目の疲れ」「集中力による疲れ」「肉体的な疲れ」などが挙げられます。

しかしシエンタは、これらの原因をさまざまな運転サポート機能によって軽減してくれるでしょう。

また、乗り心地や車内の快適性・利便性も高いため、特にファミリー世代とアウトドアが趣味の人におすすめできる車です。

シエンタの購入を考えている人は、今回紹介した内容を参考にじっくりご検討ください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。