スイフトスポーツはどのような車なのか?走行性能など特徴を解説

スイフト スポーツはスズキが製造・販売しているコンパクトカーであるスイフトの走行性能を追求したスポーツモデルです。

コストパフォーマンスが高く走行性も充実し、加速性も優れている車で、通称「スイスポ」と呼ばれ、多くのオーナーから高い支持を得ています。

この記事ではスイフトスポーツの魅力や走行性能、安全性について解説します。

関連記事:人気コンパクトカーをおすすめ順にランキング!選び方のポイントも紹介

関連記事:スイフトの車内空間は狭い?乗り心地や広く使うコツについて紹介します!

ポチモバナー青
ポチモバナー青

スイフトスポーツの概要について

スイフトスポーツは2005年に発売され、本格的なスポーツタイプのモデルにもかかわらず価格帯が抑えめであることから、スポーツカーの入門車として世界中で高い人気を誇ります。

2017年にはボディサイズが拡大され、3ナンバーのサイズとなりました。

走る楽しさを追求し、基本性能の向上を重視して開発されているため、専用エンジンやサスペンション、放熱効果に優れたブレーキなどの機能性が高い評価を得ています。

また、エクステリアやデザイン面の人気もあります。さらに、快適性を高めるための装備も豊富に備わっています。

スイフト スポーツのラインアップと価格帯は以下の通りです。(税込)

  • ベースグレード(2WD・6MT):2,028,400円
  • ベースグレード(2WD・6AT):2,099,900円
  • 全方位モニター用カメラパッケージ装着車(2WD・6MT): 2,081,200円
  • 全方位モニター用カメラパッケージ装着車(2WD・6AT): 2,152,700円
  • スズキ セーフティ サポート非装着車(受注生産)(2WD・6MT): 1,885,400円
  • スズキ セーフティ サポート非装着車(受注生産)(2WD・6AT): 1,956,900円

関連記事:スズキ スイフトをカーリースで乗るメリットとは?

スイフトスポーツのスペックについて

ここでは、スイフトスポーツのスペックを紹介していきます。

スイフトスポーツのスペック

メーカースズキ
車名スイフトスポーツ
ボディタイプハッチバック
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)3,890×1,735×1,500
車両重量(kg)970
総排気量(cc)1,371
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)37
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッション6MT/6AT
カラー(全9種)・フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・バーニングレッドパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
・チャンピオンイエロー4
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・プレミアムシルバーメタリック
参考元:スズキ株式会社|諸元表

スイフトスポーツの燃費

また、スイフトスポーツの実燃費はどうでしょうか。

燃費性能は、走り方や車の状態によって変化します。
ここでは、実際に車を所有している人により燃費情報が共有されているWebサイト「e燃費」の情報とカタログ燃費を比較しました。

スイフトスポーツはATとMTから選択でき、それぞれ燃費が異なります。

駆動方式2WD・6MT2WD・6AT
カタログ燃費
WLTCモード
(km/L)
17.616.6
実燃費
(km/L)
15.313.9
参考元:e燃費|スイフトスポーツ
スイフト バナー

走行性能と安全性能について

ここでは、スイフトスポーツの人気の理由である走行性能と安全性能について解説します。

走行性能について

スイフトスポーツは、基本性能を高めると同時に強靭なボディーを追求。

しかもエンジンやサスペンション、内装部品やシートなどの細部まで徹底したことにより、軽量化(車両重量970kg)と強固なボディの両立を実現しています。

また、コンピューターシミュレーションによる解析と実験を重ね、空気抵抗が大幅に軽減され、走行安定性が向上しています。

さらに、燃費を向上させた軽量・小型エンジンにターボチャージャーを搭載し、走り出した瞬間からパワーを発揮。

コントロール性に優れたハンドリングと、路面を確実に捉えるロードホールディング性能により思い通りのコーナリングが可能です。

そしてタイヤの軽量化により走りの快適さとブレーキ性能の向上を実現しています。

乗り心地がよく直進安定性が高いロングホイールベースでありながらも、フロントタイヤの切れ角を大きくすることで、狭い路地や駐車場でも小回りが効き快適に運転ができます。

安全性能について

安全性能については、特徴として以下の4点が挙げられます。

  • 視界をしっかり確保できるように最適化されたピラーやドアミラーの位置。
  • さまざまな体格の人が快適に運転できるよう配慮されたシート、操作性を考慮したステアリングホイール、ペダル、シフトレバーで運転しやすく、疲れにくい。
  • メーターやディスプレイが見やすく、スイッチ類に手が届きやすいため、安心して運転に集中できる。
  • スズキ セーフティ サポートによって事故を未然に防ぎ、万が一の際の安全を確保できる。

スイフトスポーツの魅力とは

スイフトスポーツの主な魅力は、「手頃な価格帯である」「高い走行性能」の2点が挙げられます。
ここでは、スイフト スポーツの魅力について解説します。

手頃な価格帯である

スイフトスポーツは設定された価格帯が200万円程度と手頃であり、手軽に楽しめるスポーツモデルの車です。

デザインも洗練されており、メカニズムやパーツにも納得感があるため、安価なコンパクトカーに乗っている印象は感じられません。

関連記事:コンパクトカーの価格はどのくらい?ボディ別の特徴や価格について解説

高い走行性能

1.4L直噴ターボエンジンを採用しており、走行性能が高い上に軽量・コンパクトで、走る楽しさを感じることができるモデルとして多くの人に愛されています。

スイフト バナー

スイフトスポーツはこんな人におすすめ

引用元:スズキ株式会社

スイフトスポーツは、「初めてスポーツタイプの車の購入を検討している人」や「運転が好きな女性」におすすめできる車です。
ここでは、スイフトスポーツをおすすめできる人について解説していきます。

初めてスポーツタイプの車の購入を検討している人

スイフトスポーツは走行性能が高く、ダウンサイジングターボ(エンジンの排気量や気筒数を減らし燃料消費を抑えながらターボで過給することでパワー不足を補う)の搭載で燃費が良く、軽量化されていて自動車税が抑えられるため、維持費が他のスポーツカーよりも低く抑えられます

また、オプションによる差額はありますが、200万円程で新車が購入できるためリーズナブルです。

そのため、初めて車を買う若い人やリーズナブルにスポーツタイプの車に乗ってみたいと考えている人の1台として、またはセカンドカーの購入を検討している人にもおすすめできる車です。

関連記事:車の維持費を抑えるコツとは?「維持費って馬鹿らしい!」と感じる方へ

運転が好きな女性

スポーツカーは、男性が乗るものと考えられがちですが、スイフトスポーツであればパワフル過ぎず、MT車とAT車を選ぶことができるため、運転が好きでAT限定免許の女性にもおすすめです。

また、5ドアで後部座席も使うことができ、収納スペースも十分あるため、お買い物などにも活躍します。

窓は全面UVカット機能付きで、フロントとフロントドアには熱吸収グリーンガラス、リアドアとバックドアにはグリーンガラスが使用され、紫外線やプライバシーにも配慮されており、日常的な使い勝手も非常に良い車です。

関連記事:女性に大人気のおしゃれでかわいいコンパクトカーを紹介

まとめ

この記事では、スイフトスポーツの人気の理由や走行性能、安全性についてまとめました。

スイフトスポーツは、維持費や車体価格がリーズナブルな上に、走行性能が良く安全性が高いため、身近なスポーツカーの代表格として世界中の幅広い層に人気を博しています。

これからスイフトスポーツの購入を考えている人は、今回紹介した内容を参考にじっくりご検討ください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。