ジェミニの「街の遊撃手」とはどういう意味?車界の遊撃手が絶滅?

先日のWBCでは日本が優勝し、野球界が大変な盛り上がりを見せました。

MVPには大谷翔平選手が表彰されるなど胸躍った方も多いでしょう。

しかし、野球ではショート(遊撃手)というとても大切なポジションがあります。

自動車業界でも遊撃手と呼ばれたジェミニという車が存在します。

今回は「街の遊撃手」について解説しますのでぜひ最後まで読んでください。

ポチモバナー青
ポチモバナー青

街の遊撃手とは?

「街の遊撃手」とは、以前いすゞから販売されていた、「ジェミニ」という車のキャッチコピーです。

2代目ジェミニの頃に放映されていたCMでのカーアクションが話題となりました。

現在のようにCGや合成などを使うこともできない環境でのカーアクションは当時の視聴者に衝撃を与え、本当にそのような挙動ができたと思った視聴者もいたそうです。

日本国内だけでない放映を想定しているため、左ハンドルの車を使用しています。

そして実際に、東南アジアや、中南米で放映されました。

関連記事:【5月19日ファイヤーブースト公開記念】「ワイルドスピード」で使用された車を紹介!

メイキング

ジェミニとは?

ジェミニはいすゞから1974年に販売開始された、4ドアセダンと2ドアクーペの2モデルで展開された車種です。

アメリカではシボレー・シェベット、韓国ではセハン・ジェミニなどの名称で販売され、海外からの反応もよかった車です。

1985年、2代目ジェミニが販売されました。

先述の通り、「街の遊撃手」というキャッチコピーがド派手なカーアクションで話題となりました。

3代目ジェミニは1990年に販売開始、日本国内でも予想を上回る売れ行きで、アメリカでは月間1万台を超えるなど、逆に商品不足となりました。

しかし、1991年には、バブルの終焉とともに苦しい商戦と化しました。

1993年、4代目ジェミニが登場しますが、いすゞ自体は乗用車の生産から撤退しており、ホンダのドマーニからのOEM供給での販売となりました。

ただ、奇しくもホンダのシビックフェリオの人気に押され、販売台数はそこそこといった所でした。

1997年、ドマーニとともにフルモデルチェンジを行い5代目ジェミニが誕生しましたが、2000年に生産終了、ホンダのドマーニも2001年6月に販売終了しました。

なお、ジェミニは全日本ラリー選手権に5回優勝しています。

関連記事:GWは鈴鹿サーキットへ!イベント受付は4月2日から!全施設を紹介!

絶滅寸前?

現在、ジェミニの流通台数は激減しており、絶滅寸前と言われています。

特に1980年代のモデルは激減しすぎて、中には200万円を超える価格で販売されてるモデルもあります。

デロリアンのようにファンが多いため、街の遊撃手は価値が高いのです。

関連記事:【BTTF】デロリアンの維持費とタイムマシンの作り方を数式なしで解説!

まとめ

今回は、「街の遊撃手」について紹介しました。

ジェミニだけでなく、過去の車は価格が高騰します。

最近生産終了したモデルも、今後のために大切に乗って歴史をつないでいきたいものです。

関連記事:エンジンの歴史はいつから始まったのか?年代別ごとに見る発展を解説

ポチモバナー青
ポチモバナー青

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。