マイカーローンの金利相場とは?メリット・デメリットを紹介

車の購入には多くの資金が必要なため、中にはまとまった出費に抵抗を感じる人や、そもそも全額を支払える経済的余裕も無い人もいるでしょう。

そんな時によく活用されるのがマイカーローンです。

ただ、マイカーローンで購入する場合、気になる点は「マイカーローンの金利はどのくらいか?」ということではないでしょうか?

そこでこの記事では、マイカーローンの金利相場や特徴のほか、メリット・デメリットも併せて解説していきます。

関連記事:マイカーローンの計算方法とは?金利や注意点を含めて解説!

マイカーローン金利の種類

マイカーローンは大きく分けると、以下の3種類です。

・銀行系マイカーローン
・ディーラーローン
・自社ローン

ここではそれぞれの種類について解説していきます。

銀行系マイカーローン

「銀行系マイカーローン」とはその名の通り、銀行や信用金庫、JAバンクなど金融機関から借り入れするサービスです。

上記マイカーローンの中でも金利が低く経済的負担を抑えやすい上、頭金も必要としないことから少額からでも申し込めます。

一方、審査基準が最も厳しく、時間もかかるなど選考基準のハードルが高いというネックもあります。

ディーラーローン

「ディーラーローン」とは文字通りディーラーから貸付けしてもらうサービスのことで、具体的にはディーラーが提携する信販会社から貸付してもらいます。

この際、車の購入と同じタイミングでローン手続きも進めてもらうため、車をスムーズに手に入れやすく、車をなるべく早めに入手したい人や、急ぎで必要とする人に向いています。

さらに、審査基準も銀行系マイカーローンより緩いため、主婦やアルバイトなど、収入が不安定な人でも審査を通りやすいという特徴もあります。

しかし一方で、金利は上記ローンの中では最も高額であり、リスクに気付かずに申し込むと後で思わぬ出費に陥る恐れもあるため、注意が必要です。

ほかにも、ディーラーローンにはローンの完済が済むまでカスタマイズに制限がかけられたり、売却できなかったりなど、さまざまな制約もかけられます。

自社ローン

「自社ローン」は中古車販売店が独自に提供するローンサービスを指します。

最大の特徴は審査をディーラーや信販会社ではなく、販売店が独自に実施していることであり、上記の中では最も審査に通りやすい傾向があります。

また、車の購入費用は販売店側が立て替えてくれるため、金利もかからず、総支払額が分かりやすいという特徴もあります。

ただ、金利がかからないとはいえ、車両本体価格は手数料や保証料が上乗せされており、決してお得になるというわけではありません

また、販売店によっては多額の頭金を必要とするところもあるため、「欲しい車があるのに購入できない」といった事態も想定されます。

なお、ディーラーローンと自社ローンの中には「残価設定ローン」というサービスもあります。

これはどのようなサービスかというと、購入予定の車は2、3年後に売却するという前提の元、購入するという仕組みであり、車は売却時期の下取り価格を差し引いた価格で購入できる点が特徴です。

関連記事:残クレ(残価設定ローン)のデメリットとは?メリットと合わせて紹介

関連記事:apollostation card(アポロステーションカード)の年会費はいくら?出光カードからどう変わった?

マイカーローンの金利相場

マイカーローンの金利相場は、利用機関によって大きく異なります。

上記3種類のマイカーローン金利を比較すると、相場は以下の通りです。

銀行系マイカーローン:年2~4%
ディーラーローン:年4%~8%
自社ローン:年0%

たとえば250万円の車をローンで購入した場合、銀行系マイカーローンとディーラーローンを比較すると以下の通りになります。

利用機関先月々の返済額年間返済額総支払額
銀行系マイカーローン(金利2%)43,819円525,832円2,629,160円
銀行系マイカーローン(金利4%)46,041円552,495円2,762,475円
ディーラーローン(金利8%)50,690円608,291円3,041,455円
※返済期間は5年と仮定

上記のように銀行系マイカーローンは金利4%でディーラーローンより月々の支払額が4,000円お得になるほか、年間では約5万円、総支払額は約28万円もお得になります。
さらに金利2%では年間約8万円、総支払額は約42万円もの差が付きます。

関連記事:400万の車をローンで購入する場合に発生する月々の返済額はいくら?

マイカーローンの特徴

マイカーローンの特徴を比較すると、以下のようになります。

金利審査基準審査期間返済期間
銀行系マイカーローン
2~4%厳しい数日~1週間7年~10年
ディーラーローン4~8%低い即日5年~8年
自社ローン0%低い即日~数日間12~36回払い

上記がマイカーローンの主な特徴ですが、ほかにも金利には「固定金利」と「変動金利」の2つがあり、ローンを組む際にはどちらかを選ぶ必要があります。

「固定金利」とは金利が常に一定の仕組みのことで、毎月同じ金額を支払えば良いという分かりやすさが特徴です。しかし変動金利よりも金利が高めに設定されており、金利の低い景気が続くと、出費がかさんでしまうというリスクもあります。

一方「変動金利」は景気によって金利が変化する仕組みであり、ほとんどの銀行系マイカーローンも変動金利を主流として扱っています。

金利は最低1%前後〜最大5%前後と低く抑えられている点が魅力ですが、景気に左右されやすく、家計管理が難しくなったり、金利が上昇すれば家計を圧迫してしまったりなどのリスクもあります。

どちらが向いているかは一概にはいえませんが、マイカーローンは返済期間が伸びれば支払額もそれだけ増加する上、金利も半年ごとに見多しが実施されており、返済期間が長期になるほど、金利の見通しも難しくなるでしょう。

従って安定した支払いを求める人であれば固定金利型が向いており、一方返済期間が短めであれば変動金利型を選んでおくと、出費を抑えられる可能性が高いです。

マイカーローンのメリット

マイカーローンのメリットとは何より、資金が少なくても車が購入できることです。

車を現金で一括購入するには200万円〜500万円と高額な費用が必要な上、費用を抑えるため中古車を検討しようにも、少なくとも100万円は最低になるでしょう。

仮に資金のない状態からコツコツとお金を貯めて購入するにも、車の購入までには多大な時間と労力を要します。

また、資金の少ない人が購入すると、移動面では多大な恩恵を受けるでしょうが、経済面ではガソリン代や税金代など維持費のほか、家賃や食費など、生活していく上で必要なさまざまな費用もかかるため、家計には大きな負担を強いられます。

マイカーローンは一度に多くの費用を支払う必要もないため、資金の少ない人でも購入できるほか、毎月決まった額の支払いなので、家計の負担を減らすことにもつながります。

特に購入後に大きな事故や怪我など、予期せぬ出費が必要なケースでもマイカーローンなら対処可能など、不慮の事態にも対応しやすいことも魅力の1つです。

そのほか、マイカーローンの種類によっては以下のメリットもあります。

銀行系マイカーローンのメリット

・金利が低い
・名義が自分のものになるため、ローンの乗り換えもしやすい
・車の購入前にも申し込みが可能
・車検や修理費にもローンが適用できる

ディーラーローンのメリット

・審査が簡単で、手続きも早い
・ディーラーローンを利用すると適用される割引制度や、オプション装備もある

自社ローンのメリット

・金利がかからない
・審査も通りやすい上、手間もかからず申し込みから即日で納車される

マイカーローンのデメリット

最大のデメリットとしては金利分が上乗せされている分、総支払額は現金一括購入より割高になってしまう点です。

たとえば250万円の車を現金一括購入する場合、総支払額は250万円で済みますが、金利4%で返済期間が3年だと総支払額は265万円以上、5年間では276万円以上にも達します。

さらに、ディーラーローンのように金利8%といった、高金利のサービスであれば総支払額は280万円以上と、現金一括購入より30万円分も多く支払わねばなりません。

このようにマイカーローンは返済期間が伸びるほど総支払額も増えていく仕組みのため、返済期間を長期間にすると、それだけ負担も大きくなるということを覚えておきましょう。

また、毎月ローンの返済額を支払うことで、家計管理に苦労する点もデメリットとして挙げられます。

万が一支払いが遅れたり、滞納したりすれば車を差し押さえられてしまうほか、最悪信用情報に傷が付いたり、裁判を起こされ財産を没収されてしまうリスクもあるため、マイカーローンの利用は慎重かつ計画的に行うのが肝心です。

そのほか、マイカーローンの種類ごとによるデメリットも見ていきましょう。

銀行系マイカーローンのデメリット

・マイカーローンの中では審査が最も厳しく、手続きも複雑で時間がかかりやすい
・場所によっては保証料や手数料も発生する
・ローン完済しない限り、車を手放しても支払っていく必要がある

ディーラーローンのデメリット

・金利が高い
・返済期間も短めに設定されている
・車の所有権はディーラーにあるため、途中で売却や買い換えができない

自社ローンもデメリット

・販売店によっては保証料や手数料がローン返済額を上回るケースがある
・返済期間が短いため、月々の出費が高額になりがち

まとめ

マイカーローンの金利相場は利用機関によって大きく異なります。

利用機関としては銀行や信用金庫などの銀行系マイカーローン、ディーラーローン、販売店が提供する自社ローンの3つであり、銀行系マイカーローンの金利は2〜4%、ディーラーローンは4〜8%、自社ローンは金利0%となっています。

一見銀行系マイカーローンや自社ローンがお得に感じますが、これらのローンは審査基準の厳しさや手数料の高さがネックであり、一方ディーラーローンは金利が高い一方、どのような人でも審査を通りやすいなど一長一短であり、一概に金利の高い、低いだけで優劣を付けることはできません。

そのため、金利だけでなく、それぞれのサービスの良さや欠点も比較した上で選択することが、上手にマイカーローンを活用する秘訣です。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。