女性が乗っているとかっこいい車は?おすすめの車を紹介

女性が乗る車といえばコンパクトで可愛らしいデザインを連想させますが、むしろかっこいい車に乗りたいと考える女性も多いでしょう。

そこで今回は、女性が乗っているとかっこいい車の条件について解説します。

併せて、車種別でおすすめの車も紹介するので、かっこいい車を探している人はぜひ参考にしてください。

関連記事:【冬服コーデ】2022年はパーソナルカラーで車込みコーデが主流に!?

女性が乗っているとかっこいい車の条件は?

ここでは、女性が乗っているとかっこいいと言われる車の条件について紹介していきます。

高級感や存在感がある

ジープ車種名不明

女性が乗っているとかっこいい車の条件として、やはり高級感や存在感があることが挙げられます。

例えば、芸能人の中川翔子さんはメルセデス・ベンツのCクラス新山千春さんはジープのラングラーなど、存在感があり高級感が漂う車はかっこいいです。

自動車の発明者であるベンツの作ったブランドは、量産車の中では世界トップレベルの高級ブランドになります。

またジープは軍用車が源流で、ラングラーは時代の流行に乗らず今でも自動車が発明された当初のようなアウトフェンダー(タイヤがボディ内に収まらず外に出ており、タイヤの上にカバーがかかっている仕様)をフロントに採用し、特異な存在感を放っています。

どちらも完成度を突き詰めた車で、女性が乗っているとよりかっこいい印象を受けるでしょう。

デザイン性が高い

ベンツ クラス

女性が乗っているとかっこいい車の条件として、デザイン性の高さが挙げられます。
大衆向けのデザインと比べてデザイン性の高い車に女性が乗っていると、ひと際注目を集めるでしょう。

そのほか、インパクトのあるボディカラーの車もこだわりがあってかっこいい印象を与えます。

内装にこだわっている

ベンツインテリア

内装にこだわりも、女性が乗っているとかっこいい車の条件です。
内装にこだわれば、運転のしやすさだけでなく乗り心地や安全性も高められます。

内装にこだわっている女性は車の本質を突き詰めており、かっこいい印象を与えるでしょう。

燃費や安全性に長けている

天使、救い、恵み

現代の車には、地球環境保全や交通事故による死亡ゼロを目指すため、高い環境性能と安全性が求められています。

電気自動車など環境に配慮した車や運転支援装置を搭載した車に女性が乗っていると、未来への思考が高い人としてかっこいい印象を受けるでしょう。

【車種別】女性が乗っているとかっこいい車を紹介

続いては、女性が乗っているとかっこいい車として、車種別でおすすめの車を紹介します。

SUV「ジープ ラングラー」

女性が乗っているとかっこいいSUVの代表は、ジープが販売するラングラーです。
ジープ伝統のデザインを採用した大柄なボディに、2.0Lターボエンジンを搭載しています。

内装はスパルタンなデザインながら、シートに本革を採用し高級感があります。

運転支援装置は、オートレベリングやオートハイビーム機能付きLEDライト、パークアシストシステム、アダブティブ・クルーズ・コントロールなどさまざまです。

主なスペックは以下の通りです。

メーカージープ
車名ラングラー
ボディタイプSUV
ドア数4
全長×全幅×全高(mm)4,870×1,895×1,855
車両重量(kg)2,030
総排気量(cc)1,995
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)81
駆動方式後2輪/4輪駆動/オンデマンド方式4輪駆動
(選択式)
トランスミッション電子制御式8速オートマチック
カラー(全4種)・ブラック
・ブライトホワイト
・ファイヤークラッカーレッド
・スティンググレー
※参考元:ジープ|ラングラー 主要諸元表
※紹介グレードは「Unlimited Rubicon」

コンパクトカー「トヨタ GRヤリス」

※GRではありません。

女性が乗っているとかっこいいコンパクトカーは、GRヤリスのRSグレードです。

GRヤリスはトヨタの世界ラリー選手権参加車両で、通常のヤリスとは異なりワイドボディかつ3ドアで独特の存在感があります。

RSグレードはGRヤリスのエントリーモデルで、メカニズムは通常のヤリスと変わらず燃費も良好です。
ボディが拡幅しているため、トレッド(左右輪の間の距離)が通常のヤリスより広く安定した運転が楽しめます。

運転支援装備の「トヨタ・セーフティー・センス」はオプションですが装着可能です。

主なスペックは以下の通りです。

メーカートヨタ
車名GRヤリス
ボディタイプコンパクトカー
ドア数3
全長×全幅×全高(mm)3,995×1,805×1,455
車両重量(kg)1,130
総排気量(cc)1,490
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク(L)50
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッションDirect Shift-CVT
(ギヤ機構付自動無段変速機)
カラー(全4種)・スーパーホワイトⅡ
・プラチナホワイトパールマイカ
・プレシャスブラックパール
・エモーショナルレッドⅡ
※参考元:トヨタ|GRヤリス 主要諸元表
※紹介グレードは「RS」

ハッチバック「マツダ MAZDA3」

女性が乗っているとかっこいいハッチバックは、マツダが販売するMAZDA3です。

デザインは魂動デザインを採用し、他車にはない独特の存在感があります。造形は塊感が強く、面の抑揚で構成される造形も魂動デザインならではです。

さらにこだわりたいのがボディカラーで、面の抑揚を生かすマツダの独自色がレッド系とグレー系で用意されています。

内装はシート表皮に本革を採用し、グレードによりレッド、チャコール、ブラックから選択可能です。

主なスペックは以下の通りです。

メーカーマツダ
車名MAZDA3
ボディタイプハッチバック
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,460×1,795×1,440
車両重量(kg)1,400
総排気量(cc)1,756
使用燃料軽油
燃料タンク(L)51
駆動方式2WD
トランスミッション3要素1段2相形
(ロックアップ機構付)
カラー(全8種)・ソウルレッドクリスタルメタリック
・スノーフレイクホワイトパールマイカ
・マシーングレープレミアムメタリック
・ポリメタルグレーメタリック
・ディープクリスタルブルーマイカ
・ジェットブラックマイカ
・ソニックシルバーメタリック
・プラチナクォーツメタリック
※参考元:マツダ|MAZDA3 主要諸元表
※紹介グレードは「XD Proactive」

セダン「アルファロメオ ジュリア」

女性が乗っているとかっこいいセダンは、アルファ ロメオが販売するジュリアです。
ジュリアの魅力の1つは独特のデザインで、唯一無二の存在感を誇ります。

エンジンは2.0Lターボを搭載し、グレードにより出力が異なります。
標準仕様とハイパワー仕様で大きく燃費は変わりません。

内装はイタリアらしく華があるデザインながら、スポーツサルーンに求められる機能を盛り込んでいます。

主なスペックは以下の通りです。

メーカーアルファ ロメオ
車名ジュリア
ボディタイプセダン
ドア数4
全長×全幅×全高(mm)4,645×1,845×1,435
車両重量(kg)1,590
総排気量(cc)1,995
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)58
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電子制御式8速オートマチック
カラー(全5種)・アルファ ホワイト
・アルファ レッド
・ヴェズヴィオ グレー
・ブルカノ ブラック
・アノダイズド ブルー
※参考元:アルファ ロメオ|ジュリア 主要諸元表
※紹介グレードは「TI」

ワゴン「ボルボ V60」

volvo

女性が乗っているとかっこいいワゴンは、ボルボが販売するV60です。

現在のボルボは全車で電動化が達成され、安全性能とともに環境性能にもこだわるメーカーです。

ボルボのミドルクラスのステーションワゴンであるV60には、48Vマイルドハイブリッドとプラグインハイブリッドが用意されます。

市街地走行ではプラグインハイブリッドの燃費がよいですが、全体的には48Vマイルドハイブリッドが燃費に優れ、車両本体価格との兼ね合いを考えると48Vマイルドハイブリッドがおすすめです。

V60の外観は大人しめですが、ヘッドライトのデザインが独特でトールハンマーと呼ばれます。
また、内装はウッドパネルやクリスタルのシフトノブにより、高級感が漂う仕上がりです。

主なスペックは以下の通りです。

メーカーボルボ
車名V60
ボディタイプワゴン
ドア数5
全長×全幅×全高(mm)4,780×1,850×1,435
車両重量(kg)1,710
総排気量(cc)1,968
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク(L)1,968
駆動方式60
トランスミッション電子制御前進7速A/T (7G-DCT)ギアトロニック
カラー(全6種)・クリスタルホワイト
・デニムブルー
・フュージョンレッド
・シルバードーン
・オニキスブラック
・ブライトダスク
※参考元:ボルボ|V60 主要諸元表
※紹介グレードは「Ultimate B4」

まとめ

この記事では、女性が乗っているとかっこいい車の条件やおすすめ車を紹介しました。

かっこいい車は高級感や存在感があり、高いデザイン性やこだわりの内装、燃費や安全性に長けているという条件があります。

かっこいい車を探している人は、今回紹介した条件以外にも自分なりの推しポイントを決めて、自分に合う1台を選んでみてください。

この記事を書いた人

自動車ニュースのWEBマガジン

カーナレッジ編集部

カーナレッジはクルマの知識をわかりやすく提供する自動車ニュースメディアです。新車・中古車の最新情報やメーカー・ボディタイプ・メンテナンスなどの基本知識まで。自動車のことがすべて分かるWebマガジンです。

関連する記事

カテゴリーから記事を探す

error: このページの内容は保護されています。